近親相姦★初体験★告白


06/20/2019 11:40 AM
■この投稿は移動致しました。
移動先は下記リンクよりご確認下さい。
禁断の木の実

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/18/2019 01:56 AM
母が事故で入院たいた怪我もなかったが指の骨を折り2週間ほど居なくなった。私は女性で言えばいわゆるデブス、当然女に縁がないしかし性欲は強く母の下着でオナニーしてた。何時も洗濯機から見つけた下着、でも今は居ない、私は両親の寝室に行き母の箪笥を開いた。ブラジャー、パンスト、パンティそれらを拡げ手に取りオナニーしてたが我慢できずブラジャーを着けてみた、ゾクゾクした、パンストを穿きパンティを穿くと母に包まれた気がして自分でブラジャーの上から胸を触ると母の胸を触ってる気持ちになった。そして引き出しを探ってるとDVDがありつけてみると父と母のSEXが。エロDVDは良く見てたがモザイク無し、親だという事も忘れ視てると69の時母の指が父のアラルを触ってる、その時の父の顔喘ぎながらヨガッテル、そしてSEX父の精液が母の胸や顔に懸ると2人とも喘ぎ声をだしながら父のチンポを母が咥えた。そんな毎日だったがある日母が予定日より早く帰ってきた。突然ドアーが開き母の下着を着け両親のDVDを視ながらオナニーしてるとこを視られた。母は驚いたのか何も言わず出て行った。私もすぐ部屋に戻った。その夜お互い無言のまま食事を済ませたが(見つかったどうしよう)という事より見られたことに興奮しまたオナニーをしていたが今頃は母はどうしてるんだろうと気になりコッソリ覗きに行くと思わず声が出そうになった。父の写真の前で母が裸になってオナニーをしてる、何か呟いてるが聞こえない。私も覗きながら生で見る女性のオナニーそれも母親の、堪らず覗きながらパンツを降ろしチンポを触り逝った、また母の下着の感触が欲しくなり留守の日に部屋に入り下着をだし自分の部屋で身に着け終わった後下着を戻しその夜も何も会話は無く一人部屋でダビングした両親のDVDを裸で視ながら千摺りをしてると突然母が入って来た。驚き声も出せない私ににこっと笑いながらパジャマを脱ぎ下着姿で「黙ってて、目を瞑って」「タッ君あなたが一人でしてる事は前から知ってたわ、でもあの日の姿私の下着を着てするなんて」そしてその夜を境に深みに嵌りこみました。あれから3年今でも母の下着姿で母とのSEXに二人で快楽の世界に浸ってます。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/16/2019 12:03 AM
昔を思い出しながら書いてみる。僕が初めて母を犯したのは8歳の時。母は26歳で飲み屋に勤めてた。毎日深夜~明け方に酒臭くなって帰宅して、そのまま風呂にも入らずに居間かベッドで寝てしまう毎日でした。寂しくて寂しくて、眠気と戦いながら母が帰宅するのを待つ日々でした。ある日、もっと母に甘えたいって思いが爆発して襲いました。1回寝たら数時間は絶対に起きないと分かってたので、寝ちゃう前に介抱するふりして服を脱がせました。母は「優しいねぇ…」って、酒臭い息で呟いてました。パンツとブラジャーだけになってすぐに、電池が切れたみたいに倒れて寝ちゃいました。10分くらい放置してから、「ママ~?風邪ひいちゃうよ~?」とわざとらしく声を掛けました。何の反応も無く、完全に熟睡したのを確認。苦労してブラジャーとパンツを剥ぎ取り、僕もパジャマとパンツを脱ぎ捨てました。「ママが悪いんだからね?僕に構ってくれないから…」母の顔に跨りチンコを顔中に擦り付けました。「今からママにチンコ入れちゃうからね?それでいっぱい精子出しちゃうんだから!」母の鼻を摘んで暫くすると口が半開きになりました。その隙間に無理矢理チンコを捻じ込んで咥えさせます。「この日の為に痛いの我慢して剥いたんだよ?嬉しいでしょ?」歯に当たって痛いのでゆっくり小さく腰を振ります。時々舌が動いてチンコを刺激されます。「最初は顔とお口に出すからね!」口から一旦チンコを引き抜き顔射します。上手い事鼻の横を通って口から額まで一直線に精子が飛びました。すぐにまた口にチンコを突っ込み、残りの精子を注ぎ込みます。「ごふっ…ん…んん~」口がモゴモゴ動いて精子を飲み込んでました。まだ硬いままのチンコを引き抜き、さっき顔射した精子をチンコで顔中に塗り広げます。「次はオマンコかな?あ…その前にオッパイ吸っとこう」両手でオッパイを両脇から中心に向かって寄せて谷間に顔を埋めます。「ママのオッパイ柔らか~い…んちゅ…ちゅぱっ…ちゅっ…レロレロ…」胸全体を舐めてキスして乳首に吸い付きました。「乳首硬くなってきた…ママも気持ち良いんだね?」硬くなった乳首にチンコを擦り付けます。コリコリとした感触が亀頭を刺激して気持ち良い。そして谷間にチンコを挟んで腰を振りました。「パイズリって言うんだよね?気持ち良いよママ!」一頻りオッパイを堪能して、いよいよママのオマンコを触ります。「オマンコがオシッコ臭いよママ…僕が奇麗に舐めてあげるからね」陰毛は薄く奇麗に整えられてたので隅々までハッキリ見れます。それにとっても舐めやすい。「ヌルヌルしたのがいっぱい出て来た…マン汁だっけ?いっぱい気持ち良くなってね?ママ」次第に母の呼吸が荒くなっていき、腰もクネクネと動き出しました。「舐めても舐めても追いつかないや…お尻の穴の方までヌルヌルになっちゃった…」マン汁を辿ってアナルに指を這わせます。「ん…」一瞬母の口から声が漏れたけど、起きた様子はありません。アナルの方もかなりマン汁でヌルヌルだったので、試しに指をグッと押し込んでみたらスルッと入っていきました。母がビクッと腰を跳ね上げてすぐに床に下ろしましたが、下ろした拍子に更に深く指がアナルに入ってしまいました。僕はアナルに指を出し入れしながらマンコにも指を入れました。「凄い凄い!お尻の穴とオマンコ両方に指が入ってるよ!エロ過ぎだよママ!」両方の穴からクチュクチュと音がします。少しするとウンチの臭いがし始めました。よく見たらアナルに入れてる指が少し茶色くなっていました。「ママのウンチが指に付いちゃった…」アナルから指を抜き臭いを嗅ぎます。「クサっ…これがママのウンチの臭いか…何だろう…?臭いのに嫌じゃ無いや」暫く指の臭いを嗅ぎつつマンコをいじります。「ちょっとだけ…」僕は勇気を出して指をしゃぶりました。「えへっ、ママのウンチ舐めちゃった」マン汁の塩気とウンチの苦みが良い感じにマッチして、普通に美味しかったです。それから何度かアナルに指を入れては抜き、その指を舐めるというのを繰り返します。「はっ!?舐めてばっかりじゃなくてチンコ入れなきゃ!忘れててゴメンねママ」マンコからも指を抜き、しっかりとチンコを握ってマンコの入り口に狙いを定めます。んぬぷっ…にゅぷぷぷ…「はぁぁぁ…気持ち良過ぎて出ちゃいそうだよママ!」酔い潰れてる所為もあるんだろうけど、信じられないくらい中が熱くなっていました。狭くて柔らかいマン穴がチンコを包み込んで吸い付き、止めどなく溢れ出すマン汁が滑りを良くして快感を倍増させます。数回腰を振っただけで射精してしまいました。「こんなに気持ち良いなんて反則だよ…でも、まだまだチンコも硬いから続けちゃうもんね!」母にしがみ付いてオッパイを吸いつつ腰を振り、マンコの中へと何度も連続で射精します。「ママ…ママぁ…大好きだよママ…」射精し過ぎて何も出なくなってもチンコは萎えず、腰を振るのを止められません。ふと…体を起こして結合部を見ました。大量の精子とマン汁が混ざり合い、泡立ってる上に糸を引いています。マンコに深く挿さったままのチンコを見て、アナルの存在を思い出します。一旦チンコを抜くと、マンコから精子が溢れ出して床に精子溜まりを作ります。母の横に回って身体を転がそうと力を入れます。何度か挑戦してると、母が寝返りを打ってくれました。更に押して母をうつ伏せにさせます。床の精子溜まりを指で掬い、お尻の割れ目に垂らしてアナルに塗り込みます。そして割れ目を開き、アナルにチンコを押し付けます。んぬ…にゅぶ…ぬぬぬ…入り口がかなりきつくて苦労したけど無事に挿入出来ました。「入ったぁ~!ママのお尻の穴にチンコ入ったよ!これでママの全部は僕の物だ!」きついのは入り口だけで中はユルユルだったけど、アナルにチンコを入れてるってだけで興奮して問題無く射精できた。そこからは、マンコ・アナル・マンコ・アナル…と交互に射精を繰り返していった。何も出なくなってるんですけどね…。時間を忘れて母を犯し続け、半分意識が飛びながらも腰を振っていました。「ん…ふあぁぁ…あん…ん?え!?なに!?」「あ、ママ起きたの?おはよう」「おはよう…って、違う!何してるの!?」「いつも僕一人で夜留守番して寂しかったから、昨日ママが寝てからずっとセックスしてたよ?」「せっく…止めなさい!あん…ダメよ!抜いて!」「やめないよ?だって、ママのオマンコもお尻の穴も口もオッパイも、全部僕の物にしたんだもん!」「まさか…」「うん!中にいっぱい精子出したよ!」「いやっ!それはダメなのよ!」「今更だよ?ママだって寝ながら精子飲んでくれたし」「それでもダメなのぉ!」「うっ!はぁ…はぁ…またイッちゃった…出し過ぎて何も出ないのにね?」「そんな…どれだけ出し続けたのよ…」ママが身体を起こして床と結合部を見ます。「は…ははっ…こんな…あは…あははは」「ママ笑ってる?嬉しいんだね!」チンコを抜き母の顔の前に突き出す。「喜んでくれて僕も嬉しいよ!ほら!大好きな僕のチンコだよ!しゃぶって良いよ!」母の顔を両手で掴んで口にチンコを押し込む。「あはは…むごっ…むぐぅ!」そして乱暴に腰を振った。「美味しい?美味しいよね?でもごめんね?もう精子出ないんだ…代わりにオシッコ出すからそれで我慢してね?」「むぅぅ!むぐぅ!」振り解こうとする母を押さえつけてオシッコをした。「んぶぅ!ごぼっ…ごほっ!がぶっ…おごごぉ…」「ちゃんと飲んでくれないとダメだよぉ?まだ出るから頑張ってね!」大量に口からオシッコを零してたけど、それでも少しは飲ませる事が出来たみたい。「酷いわ…どうしてこんな事するの?」「ママが悪いんだ…僕寂しかったんだよ!もっとママと一緒に居たかったんだ!」「だからってこんな…」「ママに僕の匂いを付けたかったんだ!ママは僕のだ!」それで母は黙り込んだ。しばらく沈黙が続き、先に口を開いたのは母だった。「今まで寂しがらせてごめんね…」「うん…僕の方こそごめんなさい…」「もう良いの…でも、もうこんな風に無理矢理しちゃダメよ?」「うん…」「それじゃあ、これはママからのお詫び…」そう言って母が舌を絡めてきて、そのまま押し倒されてしまった。「これだけ出してまだ硬いままなんだから凄いわね…」呆れながらも騎乗位で自分から挿入して腰を振ってくれた。「気持ち良い?」「一番気持ち良いよママ!」「それは無理やりじゃなく、お互いに求めあってるからよ?」「ママは僕のチンコどう?気持ち良い?」「ええ、とっても気持ち良いわ」「もっとしていたいけどイッちゃいそうだよ!ママぁ!」「我慢しないで?そのままイっちゃいなさい」そう言うとママはマンコをギュウっと締め付けてきた。「あぁ!出る!」何も出なくなってたはずなのに、何故かここでまた射精する事が出来た。「あら?また出るようになったの?」「はぁぁ…わかんない…でも、またママの中に出せて嬉しいよ」「さぁ…射精が止まったみたいだし、一緒にお風呂に入りましょ?」ママが抱っこしてくれてお風呂まで連れて行ってくれた。これが切っ掛けで、ママは僕が望めばいつでもセックスさせてくれるようになった。おかげで今は子供が3人居る。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/15/2019 09:03 AM
朝の通学で電車を待っている時、周りにたくさんの人がいます。だけど誰か私が父と肉体関係にあることに気づくでしょうか?人には言えない秘密を秘めて大勢の人の渦中にいるのはなぜか笑いがこみ上げてきそうです。堪えるのが大変!だって。。。ついさっき。早朝だけど。。。 父とまたSEXしたとこ。私の大事な部分は父のアレの感触がまだ残ってる。大事な部分は父のアレの体温だってまだ覚えていますよ。母から父を奪った、女どうしにある、私が勝ち組みみたいな。。。そんな悦びもあります。SEXには自信があります。きっと母より私は上手だと思います。前にも書きましけど。。。母の兄であるダンディな伯父と高1の時からSEXしました。伯父とSEXした後は必ず帰る途中ミスドかマクドでやったSEXを事細かにノートに書いて研究したから。気持ちよかった体位はその後も何回もリプレイしてさらに進化して上手なSEXに仕上げました。それをまたノートに書き込むの。父は上品な紳士です。そのおかげでSEXのとき、父は別人になり私の身体に夢中になります。言っておきますが。。。一番最初のSEXで父は夢中のあまり私の身体を乱暴に扱いました。でも終わった途端、ビックリして固まっていた私を気遣い、ゴメン、痛くなかった?って聞いてくれました。病気の我が子を気遣うように。。。それから私を、お人形みたいに、優しく髪を直してくれます。汚した私の身体をティシュで優しく綺麗に拭きとってくれました。そのような父の優しい気遣いと扱いが大好きです。だからまたSEXしたくなるの。ちょっとくらい乱暴でもね。伯父の方がもっと激しく大変、でも親子じゃないから別に。。。でした。だけど、自分から父の慰めものになってる、って書き込みありました。「慰めもの」という言葉にビックリして悲しくなりました。母が私より年下の教え子と浮気してることに父が怒りで身体を壊しそうっだったの。だから忘れさせようとしました。私の身体で。確かに、私は父の慰めもの、ですよね。。。泣きたくなります。。。私の身体で忘れさせようなんてなんて愚かしら?成長した娘の身体を親に見てもらいたかった。。。でも私のとんでもない性欲が。。。自分の性欲のはけ口を父に求めたの。父は悪くないです。私がどう言おうと、男の人から見れば、慰めものですよね。確かに、私は父の慰めもの、です。。。父とのSEXを忘れないとダメですね。皆さんから、やっと気付いたんだね、って言われそう。。。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/14/2019 06:22 AM
俺の場合は最初は無理矢理だった。よくある展開だけど酔って帰ってきて寝てるとこを、ってやつ。元々熟女が好きで母子相姦モノは嫌でも目に入った。そんなAVを観ながら自分も母親と、って想像しながらオナニーしたこともある。母子家庭でずっと働いてる母は美容に気を遣っている。だから女として見れるくらい十分若くて綺麗。でも無理やり襲うなんて気持ちは少しもなかった。ただ、あの日の俺は自分を抑えることができなかった。酔って寝ている母の薄手のスカートが少し捲れて細い足が見えてた。普段はその姿を見ても何も感じないのにその日はなぜか目が離せなかった。起きるかどうか確認の為に肩を揺すって声をかける。それで起きればもちろん何もできない。でも母は起きなかった。ドキドキしながらスカートをゆっくり捲り上げてみた。白くて綺麗な太ももの先に黒いレースの小さめの下着が見えた。横向きで少し足を折り曲げ下着丸見えの母。そんな姿を目の前にしたら俺にとって母はただの無防備な女にすぎなかった。ゆっくりあお向けにして白いシャツのボタンを慎重に外した。パンツと揃いの黒いレースのブラが現れる。ブラのおかげか仰向けなのに張りのある大きめの胸。カップが浅いブラだったから少し浮かせるだけで乳首が見えた。しばらくその乳首を観察してたけどすぐ物足りなくなった。シャツを少し脱がせてブラの肩紐を外すと母の胸は全てが露になった。大きめの乳輪と小指の先くらいの乳首。人生で最大の緊張の中、舐めた母の乳首は汗の味がした。吸うのは刺激が強すぎるかもしれないと思って何度もゆっくり乳首を舐め上げた。最初は無反応だった。でも何度目かの俺の舌先の刺激で母のあごがあがった。そのまま小さく息を吸い込む音がした。「ぁ…はぁ…」小さな喘ぎ声のような吐息だった。俺はこの時点では最後までするつもりは本当になかった。さすがに実の母親だし普通の親子より多分仲は良い方だ。母を傷つけたくはなかった。酔った母があまりにも無防備でエロくて少し体を見てみたいと思っただけ。乳首を舐めたのは自分を制御できなかったからだけど。ただ、あの母の吐息は俺に覚悟させるのに十分な威力があった。母の女の部分が見えてしまったから。母の足を開いてその間に入った。母のマンコとお尻を隠す小さなパンツ。覚悟を決め、震える指で少しだけ横にずらした。その時俺の指が母の肌に触れた。母のマンコは少しだけ濡れていた。俺に乳首を舐められたからなのか、それとも元からなのかは分からない。でも間違いなく濡れている。ずらした下着の横に半分だけ見えている母のマンコ。そのマンコの中身は少しだけ外にはみ出ていた。一瞬、躊躇した。でも我慢が出来なかった。俺は顔を近づけて恐る恐る母のマンコに舌を這わせた。舌先だけでゆっくりなぞる様に。その瞬間、母の腰がピクっと動いた。口からは「ぅっ…」という小さな声。感じている。母は俺にマンコを舐められて感じている。もう俺にとっては母は完全に抱くべき女だった。起こさないように時間をかけ細心の注意を払って下着を脱がせた。何も身に着けていない、足を開いた母の無防備な下半身。その真ん中にある少しだけ中身のはみ出した割れ目。俺の限界まで勃起したものを誘っているみたいだった。すぐにでも挿れたい、そう思って興奮でおかしくなりそうだった。でも俺にはなぜか冷静な部分があった。このままでは入らないかもしれない。濡れ方が足りてないんじゃないか。そんな俺の冷静な部分が俺に母のマンコを舐めさせた。喉はカラカラだったけど唾液を出して擦り付けるようにゆっくり舐めた。しょっぱさと少しの生臭さとおしっこの匂いの混ざる実の母のマンコ。息子が足の間で興奮しながら自分のマンコを舐めていると知ったら母はどう思うのだろう。そんな事を考えながら何度も舐めた。舐めるたびに母の腰はピクピクと動く。母は何度も小さく鋭い吐息を繰り返した。起きてしまうのかと心配になりながらも止められなかった。そのうち、唾液にもっとぬめぬめした液体が混ざり始めた。母の体が俺を受け入れる準備をしてくれた、そう思った。もう後戻りはできない。これからの母との関係もどうなるか分からない。でも止まれなかった。限界まで勃起した俺のチンポは母の胎内に挿れないと破裂する。そんな変な言い訳を自分にしながらゆっくりとぬめぬめした母のマンコに先っぽを擦り付けた。母のマンコに俺のチンポが触れている。そう思っただけで一瞬出そうになった。気合を最大限に振り絞って我慢。俺の精液は全て母の胎内にぶちまけるって決めたから。ゆっくりと先っぽが母のマンコに埋まっていく。ぬめぬめした感触を感じながら出し入れを繰り返して押し込んでいった。俺はもう我慢するのに必死で何も考えられなくなってた。俺のチンポが先っぽから少しずつ温かい母の胎内に入っていく。そして俺のチンポは根元まで母の中に入り込んだ。柔らかくてフワフワとしているようで適度にキュッーと締め付けてくる。断続的に中がウネウネと動いて奥の方に吸い込んでくるような感触だった。母とセックスをしている、そう思った瞬間、我慢の限界がきた。俺は腰を母の体に強く押し付けた。間違いなく人生で最大の快感。精子が自分でもドクドクと流れるのが分かるくらい吐き出された。母の体の一番奥に実の息子である俺の精子が注ぎ込まれる。背徳感とそれ以上のとてつもない快感で死ぬかと思った。全てを吐き出すまでの長い時間、俺は目を瞑って動けなかった。そして出し終わるまで母が起きてるかどうかなんて考えもしなかった。いつから起きてたのかは分からない。挿れる前なのか、それとも挿れた後なのか。母は泣いていた。腕で顔を隠すようにして声を我慢して泣いていた。俺は全てを母の中に吐き出すまで全く気付かなかった。そして物凄い罪悪感が訪れた。ただ、母は何も言わなかった。顔を隠して泣いてるだけだった。そんな状況なのに母のマンコの中は動いていた。俺のチンポを締め付けるような押し出すような、そんな動きだった。その刺激に出し切ったと思っていた俺のチンポはまた限界まで大きくなる。俺は動き始めた。我慢なんてできない。母が起きているのならもう遠慮はいらない。母のその大きな胸を両手で揉みしだき、驚くような声を一瞬上げた母の体をチンポでグッと押し上げた。そのまま、快楽のまま、母のマンコを何度も何度も突き上げ続けた。そして一度も抜くことなく、何度も母のマンコの一番奥に精液を吐き出し続けた。その間、母は苦しむような喘ぐような声を抑え込むようにしてずっと出していた。でも俺に一言も声をかけることもなく、顔を隠した腕も下ろさなかった。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/11/2019 04:23 AM
一緒にお風呂に入りながら息子の成長を感じていました。だんだん大きくなっていくおちんちん。長くなっていく私の体への愛撫。息子の大きく膨らんだおちんちんを見るのが私は好き。早く手ほどきしてあげたかったのですが、やはりそこは我慢しました。自分を納得させるためにも、息子が求めてきたからという形にしたかったのです。けっこう時間かかっちゃいました。分かっていてもついつい手や口でかまってあげるのがいけなかったのかも。甘えん坊でおっぱいが大好き。ネット動画でおっぱいにおちんちんを挟んでするのを見てからは、しょっちゅうして欲しがります。でも最後は出るとこ見ててと離れて出すのがいつものパターンでした。でも今日は違いました。いつものようにいちゃいちゃしながらお風呂に入っていました。洗い場で息子をシャンプーしてあげ、体も洗いっこして私がシャンプーしていました。息子は立っている私の下を触っていました。お湯がかかってしまわないように前にかがんで洗うようにしていました。そうしたら後ろから大きくしたおちんちんをお尻の割れ目にこすりつけてきたんです。あ、したくなってきたんだなと思っていたのですが、ニュルっと入って来たんです。え、しちゃってるとびっくり。急いで髪を洗い流しました。息子はゆっくりぐりぐりと押し付ける感じでしたので、壁に手をついてしやすいようにお尻を突き出してあげました。息子はうれしそうに、気持ち良い気持ち良いと抱き付きながら出してくれました。時間はわずかでしたけど、息子とのセックスは待った甲斐がある素晴らしいものでした。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/18/2019 04:17 PM
母がこともあろうか私よりまだ年下の大学生と浮気してます。父も私も知ってしまいました。上品で穏やかな紳士の父はじっと怒りを心の内に封印しています。だけど、ちょっとのことで怒りが爆発しそうになりますが、またじっと耐える父がいつかは壊れると確信しました。父が心配になった私。。。浮気する母を忘れさせないと父が本当に壊れます。よほどのことしないと。。。若い身体で父を慰める?友達に頼む?思い当たる子はいました。。。パパ活が好きな子が。。。でもプライドの有る父には無理です。大好きな父がそんなことするのは私も傍観なんてできません。そしたら、私。。。?大好きな父のためならと思い、私は実行しました。最初のSEXは訳がわからないまま終わりました。父が若い身体に無我夢中になってしまったから。。。親子でなかった。。。終りの頃は激しくて。。。でも言っておきますけどSEXが終わった時は父はしまったっという後悔が滲みでてました。、私も、SEXはとても気持ちはよかったけど、父の激しいSEXには親子のかけらもなく、気持ちよくて動けないよりそんなSEXにビックリして身体が動かなかった。そんな父はグッタリ横たわる私を、病気の幼い子供の顔をみるように、心配そうに見つめています。どこか痛くない?っと父が尋ねます。私は微笑みながら頭を振ります。父は、お人形を扱うように、優しく私の上体を起してティシュで身体の汚れを拭いてくれました。SEXが終わってからの父に態度に自分の娘への愛情を感じて私はとても満ち足りた幸福感を感じました。それからのSEXは、一緒にお風呂に入り買ってきた水鉄砲で無邪気にはしゃいでその後はSEXしたり。。。まるで私が子供の頃、父が一緒に遊んでくれたような感覚です。でもその後はSEX、これは子供の時なかったです。私には父との無邪気な遊びもSEXも区別はなかったです。父の怒りはどこかに去ったみたいです。。。でも私とのSEXは止められなくなった。私もアフターピルは飲んでるから受け入れてます。。。本当に子供の頃のように無邪気に遊んでもらえるから。ただただ、子供の頃のように無邪気に遊んでくれてうれしいです。でも最近父が狂ってきました。いつもの無邪気な遊びのはずが。。。二人で裸でトランプのダウトをしていて負ける度にくすぐり合いました。私の身体の奥はもう興奮状態で洪水です。私が全て負けました。父が罰ゲームだって。。。父はテーブルに私を裸で仰向けに寝かせました。冷たいカトラリーを私の身体に当てながら厭らしく攻めます。ディナーのお芝居しながら。ところが最後にティースプーンを私の下腹部に入れて洪水のお汁をすくいました。それを口に。。。私が悪いんです!以前父の前で裸でカトラリーを使ってオナニーして見せたから。私も、父の前で、スプーンを下腹部に入れて、自分のお汁をすくって味見して見せたから。父はそれを真似した。とてもショックでした。もうどうしたらいいかわからないから遊びは断りました。SEXもしていません。大好きな父といい親子にどうやって戻ったらいいかわからないです。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/09/2019 08:41 AM
姉貴(30)そして俺(26)姉貴は結婚前提の彼氏と同棲して3年になる。 そして俺は姉貴の同棲先とは少し離れた場所で一人暮らしをしています。その日、翌日休みの土曜日。(日付けが変わって日曜日)深夜0時30分頃、俺のケータイ電話が鳴ったかと思いきや、その相手は姉貴からだった。電話に出てみると、「ちょっと泊めてw 近くまで来て飲んでたんだけど終電逃したwww」と騒がしい背景音の中、陽気な声で厚かましくも、俺の部屋を宿替わりにしようとしてきたのである。迎えにこい。と、指定された場所は車で20分の距離だった。俺は(めんどくせぇ・・・)と心底、そう思いながらも軽自動車にエンジンをかけ、姉貴に言われた駅のロータリーまで迎えに行く事になったのだ。駅のロータリーに到着すると、姉貴が同年代っぽい女4,5名とワイワイとおしゃべりをしており、どうやら同級生の結婚式であったそうである。俺の軽自動車を発見した姉貴は、すぐに友達に別れを告げ、大きな(2次会のビンゴゲームで当たったという)紙袋と、結婚式の引き出物を車内に放り込み、自分は助手席へと座って「Go~~~!」等と言ってくるのであった。完全に酔っぱらっている姿だった。ただ、ここだけは大げさと思われてもいいくらい、強く主張したいのだが、その酔い方というのは普通ではなかった。車の中から家につくまで、マシンガンのように馴れ馴れしく俺にしゃべり続け、今日きているドレスがどう、友達の〇〇が超ウケたw という当たり障りのない話題から、突然、訳の分からぬ暴露話「(前略)実はその時、私と〇〇付き合っててさw んでね、今日、その〇〇も来てたんだけど、絶対私を持ち帰ろうとしてたんだろうなw 久しぶりにお前とHしたいアピールが凄くてさwww 結婚前提の彼氏おるっちゅーねんww」等と、弟に対して自分の過去の男性経験を特定されるような、そんな下ネタまで繰り出してきているのには驚きを隠せなかった。それもそのはず。姉貴はこんな感じの、ハッチャけたキャラの持ち主ではないと思う。弟からしても、それなりの流行を追いかけ、それなりの人生(男性)経験もあるだろうが、内面に関しては一般的な30歳なんじゃないかって思っている。そんなイメージを持っている俺ではあったが、この時の「度の過ぎた酔い方」っていうものには俺にとっても初めて見る姉貴の姿でもあるし、この時が最初で最後であると思う。そんなドのつく酔っ払いを連れて帰った俺は、とりあえず姉貴を寝かせる場所である場所を作る事にした。(酔っ払いはさっさと寝てくれたほうが楽)俺がいつも寝ているベッドの下に俺が普段つかっている掛布団を敷いて布団変わりに広げ、後は適当にクッションを枕かわりに頭元に置き、季節的にも暑くもなく、寒くもない季節だったので、かけ布団は無しで適当にゴロ寝しましょう。というスタイルを作った。すると姉貴は「ビールか何かないの?」と、勝手に冷蔵庫を漁りだし、俺の秘蔵のプレ〇アムモ〇ツを勝手に開封し、缶のままグビグビと飲みだすのであった。姉「ふー疲れたw」と一息ついたのか、まとめていた髪の毛をほどきだし、つけていたアクセサリー類を外し、この先の行動は意外であったが、俺の目の前で着ていたピンクゴールドのドレス(結婚式の参加者用の)を脱ぎ始めたのである。俺も一瞬「おいおい、、ここで脱ぐのかよ・・・」と喉まで声が出たが、よくよく考えてみればドレスのまま寝るワケはないわな。。と思った。かといって姉貴用のパジャマなんて用意してないし、どうせ酔っ払いのする事だし、本人が恥ずかしくないならそれでいいや。「どうせ俺はジロジロ見ないし」というつもりでこの際、放置しておいた。すると姉貴は、上はキャミソール。下は光沢のある真っ赤なパンツとベージュのストッキングの姿になり、そしてストッキングも最終的には脱ぎ捨てた。きっと自分の家ではこんな格好で居るんだろう。そんな感じだった。そして俺の事など、まるで空気のように「鏡ない?」と俺が手渡した鏡をみながらメイク落としをしテレビをみて「はははww」と笑っているのである。姉貴が同棲を初めて、ほぼ同時期に俺一人暮らしをはじめ、姉貴と一つ屋根の下で生活をしなくなって早、3年になるが、姉貴が変わってしまったのか、それとも一時的に酔っているだけなのか、この時だけの瞬間では判断が出来なかった。ただ、ここまでの中でまだ触れておらず、ここだけはしっかりと書いておきたいのは、姉貴の顔はともかく(普通)として、スタイルだけはめちゃめちゃいい女である事は、この先の展開を追体験するのに重要ではあると思う。これは本来、血の通った兄弟姉妹に性的感心を抱かないようにプログラムされている「弟」の立場である俺も、姉貴のスタイルだけは高得点を与えたいと思っている。何と表現したらいいのか分からないが、威圧感。のようなものがあるのが姉貴の雰囲気であると思う。その理由としては、普通の平均的な日本人女性の、1.3倍くらい全てのステータスが高い。というのも、全てにおいて、平均より身長もやや高い。胸の大きさもやや大きい。腕の長さ、足の長さ、あらゆる部分が平均より1.3倍くらいあるのである。つまり、外国人のような、そんなガッシリといえば失礼かもしれないが、しっかりした女性!っていう体躯なのであった。(オヤジの遺伝を受け継いだのだと思う。オヤジも背が高く、ガタイがいい)叩けば折れるような、か細い女の子が多い日本で、スタイルだけは、弟である俺からしてもなかなか目の保養になるものを持っていることから、そんな姉貴がキャミソール、パンツ姿でいてくれる事には、性的な意味を省いたとしても、決して悪い気はしなかった。それがこの時の正直な気持ちだった。話を戻そう。メイク落としが終わり、ビールも飲み干し、見ていた深夜番組が終了し、やっと寝るモードになってくれたかと、俺は姉貴の背中が見える位置でベッドの上でスマホを触っていたが、すると姉貴はクルン!と体の向きを俺に変え、「冷蔵庫の中に日本酒はいってたでしょ。小さいビンのやつw のんでいい?wwww」と俺に聞いてくるのである。「いいよ。飲んでも」と呆れながらいうと、「やったーw」といい冷蔵庫のドアをあけ、また俺の秘蔵の酒に手をかける姉貴であったのだ。だんだんと俺も、(今日はもう普通に寝れないな)と諦めの心境になり、俺もギンギンに冷えた日本酒を飲みたくなって、それにお呼ばれ(というか俺のものだけど)する事になったのだ。だが、この時の姉貴は、再三ではあるが、やはりどこかおかしかった。冷酒を飲みながら話をする間、ずっと「オトコの話」しかしてこないのである。そのオトコの話といっても、リアルな感じで「オトコって相手に彼氏がいるとか、旦那がいるとか、あんま関係ないんだろうね。友達の結婚式だっていうのに、2次会になった瞬間、何人かにこの後二人で飲まない?3次会行かずにさw とか誘ってこられたよ。絶対、酔わせて持ち帰ろうとしてるよね」等というのである。「そんなもんなんかね?というかすぐヤらしてくれそうに見えたんじゃね?」と、適当な返事をしていると、姉貴は驚きの暴露をしてきたのだった。「あ、ちゃうちゃうww 私が原因かw 実はさその中に元彼もいて、3次回のカラオケの時にこっそり抜け出して気持ちい事してあげてさwww だからこそ、今日はコイツを持って帰れるぜw って思われたのかなwww」(おいおい。さっきまでは完全に拒否してたみたいな言い方だったが、話が変わってきたぞ)と思った。俺「え?w 気持ちい事ってなに? 結婚式に元カレがいて、その元カレになにかやったってこと?」姉「うんw 3次会でトイレに出た時にばったり、トイレから帰ってくる元彼と廊下で会ったんだよねー。すると「近況どう?」とか聞いてきてさ、それでカラオケ店の非常階段で話す事になってさw そしたら「久しぶりにあったら昔を思い出してムラムラしてきた」とか言うんよw というかさ、これ不思議だわーw 実は私もその時ね、何か同じ気分だったのよねw で、相手が頼んでくるから、じゃ久しぶりに口でやってあげましょか?みたいな感じになってさw ははは~ww」俺「で、その場でしたと」姉「うんww 責任もって最後の出るまでww」この時点でありえない内容を話していたと思う。俺は姉貴の一方的なマシンガントークに聞きに徹するしかなかったが、こういった生々しい話を今に至るまで、俺は姉貴とかわしたことが一度もなかった。俺「でも、今の結婚するっていってる彼氏の事とか頭よぎんなかったの?」姉「それがさ、その彼氏がいるのにー!っていう気持ちが、なんか余計に悪事に手を染めさせるというかw たぶん、酔っぱらってるだけなんやと思うけどなーw いや、でも相手も悪いよ。奥さんいるって言ってたしw」俺「ほー」姉「だからめっちゃ今、ムラムラしてるわーw」俺「は?」姉「だって向こうはスッキリしたかもしれないけど、コッチはなにも気持ちい事されてないんだよ。当然じゃない?」俺「いや、もうわかったから。寝てw 俺、風呂入るわ。」そういって俺は、これ以上は付き合ってられん。と思い、風呂にはいって汗を流して寝ようと思った。あるいは、俺が風呂に入っている間に、姉貴は疲れて寝てくれるだろう。くらいに思っていた。だが・・・再三どころか、再四くらい言わせてほしい。この日の姉貴は尋常ではなかった。俺が風呂場へと入り、小さな風呂用椅子に腰かけて頭をシャンプーしていると、背後からガラッという音と同時に、冷たい風が同時に入ってきたのである。俺「何?!」すぐさま振り返ると、そこにはハダカの姉貴が立っていたのだった。姉「私もお風呂はいるー」もう信じれなかった。さっきまでのエロトークでも散々、異常っぷりを見せつけられたが、この場に及んでハダカで風呂に入ってくるとは。そして同時に思うのは、もしこの時に「何入ってんだよ!!!出ていけよ!!!」と無理やり姉貴を風呂場から追い出せば、この後の展開は無かったといっても間違いないと思う。その時の俺の判断は、ただでさえ深夜の1時に、ただでさえ声が響く風呂場で、女の声を持つ姉貴とギャーギャー会話を重ねたくないという気持ちと、(ここまで酔ってたら対処の方法がない)という諦め感。そして俺が姉貴を追い出す為に椅子から立って身体の向きをかえたら、姉貴にフルチンを見られてしまうという事があって、「寒いからドアしめろって」と無視して俺は引き続き髪の毛を洗う事に集中したのだった。すると姉貴は、「背中ながしたるわーw」と言いながら、俺の背後に陣取り、足元に転がっていた背中流しようのタオル(ジャリジャリしてるやつ)にボディーソープをつけて、ゴシゴシと俺の背中を洗ってくるのであった。(なにやってんだ・・・・)と頭の中は?マークでいっぱいだった。姉貴からの1本の電話が鳴る前までは、平凡な毎日の時間を過ごしていたのに、アレからこの今の現状はどういうことだ。?マークしかなかった。そして俺は髪の毛を洗い流すと、予め張っていた湯(姉貴からの電話がなければ、もっと早くに入っていた)に姉貴側をむいてフルチンが見えないように入り、というか湯舟に隠れ、そして俺はその中で姉貴が出るまで湯につかっておこう。と思った。すると姉貴は気持ちよさそうに立ったまま、シャワーで髪の毛を洗い流し、そして顔を洗顔であらい、ボディーソープで身体を洗い流すのである。不思議と、俺はその姉貴の裸体をじーー。と見ている俺がいた。(というか、無機質な風呂の壁をじーっと見てても何もないので)するとだんだん、慣れてきたっていうか、これも不思議な感覚なんだけど、そこまでゴチャゴチャ言わなくてもいいか。みたいな気持ちになっていた。(どうせ、翌日なったら記憶ないとか言い出すだろうし)という後押しが俺のゆとりを生んでいたのである。そして全て身体を洗い流した姉貴は、そのまま風呂場から出ていくのかと思いきや、俺が入っている湯舟の中に自分も一緒に入ってきて、すると一気に風呂場の水があふれて出ていくのであった。俺「ちょ、、ww ほんま俺の邪魔ばかりしてwww」姉「なにが邪魔ー?w」そして俺は風呂場から先に出たのである。もうフルチンを見られるとか、そういうのは気にせず。そして俺は姉貴の事を空気だと思い、そこには幽霊がいると考え、いつもどおり衣服を着て、いつもどおり髪の毛を乾かし始めた。すると姉貴も風呂から出てきたはいいが、着る者がないのでさっきまでつけてたキャミソールをノーブラで着用し、そして赤パンツをはいた状態で脱衣所から出てきたのである。姉「これ飲んだら寝よっと」と言いながら、まだ余っていた冷酒を飲み干し、そして俺はベッドで寝るつもりで横になっていた。そして俺は「電気けすよ」とリモコンで天井照明を消し、、、この奇怪な一日がやっと終わる。。。と俺はつかのまの休息に入っていったのである。確かその土曜日というのは俺は通常通り、仕事に行っていたと思う。そしてそろそろ風呂はいって寝ようかとしている時に姉貴から招集され、普段飲まない日本酒なんて飲まされたものだから、泥のように眠っていたのであった。だが体内時計は狂ってはいなかった。電気を消して1時間も経っていないかったと思う。俺は薄い眠りの中、「ありえない感覚」でもって、目を覚ましてしまうのである。俺がそのありえない感覚を感じたのは、下半身になにか、モゾモゾする感触を覚えた事が始まりだった。最初の数秒~10秒くらいは何が起きてるのか分からなかった。だが、明らかに俺の陰部が、、、、俺の陰部が、、、、フェラされているのである。何だ・・? と思い、俺が目を開けてみると、そこには電化製品のディスプレイが照らす、ほぼ真っ暗といっていい空間の中、俺の下半身に人間の頭らしきものが乗っかっており、その頭らしきもののは、その口の中に、俺の陰部をくわえこんでいるのであった。ここでも俺はまた失敗を重ねた。いや、すでに運命は決まっていたのかもしれない。もしここで俺が、「おい!!!!!」と怒号をあげて起き上がり、無理やりにでも姉貴に服を着せて実家か、同棲先に送り返せば(飲酒運転にはなるが)この先の展開にはならなかったと思う。俺は既に書いたが、最初の数秒から10秒くらいは、訳がわからなかった。寝ぼけていたともいえる。そんな何とも言いがたい少しの混乱の中でも、はっきりと俺は自分の下半身が(姉とはいえど)女の口の中に入れられて、モゴモゴと動かされているという、肉体的な意味での物理的快感も同時に覚えてしまったのである。そして俺が目を覚ましてからは、しぼんんでいたはずの!!!陰部はムクムクと起き上がってしまい、、逆に俺が目を覚ましている事を姉貴に察知される事のほうが、恥ずかしいんじゃないか。っていう気になったのだった。これはもう、一瞬の判断の事なので、俺には制御のしようがなかった。(なにやってんだよ・・・・)と俺は、寝たふりを決め込んだ。そのうち、飽きてやめてくれるだろうという、そんな期待を残しつつ。だが姉貴はやめようとしなかった。無言で、ムグ・・・モゴ・・・ンパッ・・・と小さな音を立てながら、俺の陰部をトランクスの裾から取り出して、ずっとしゃぶっているのである。寝たふりをしている俺。だが下半身はギンギンに起きている俺。すると姉貴は、もう俺が起きてると思ったのか、それは分からない。あるいは、俺が寝ていたとしても、起きても構わないと思ったのかもしれない。普通に、ジュル!!ンパ!!!ジュプ!と音を立てながら激しいペースとなっていき、俺はこの姉貴のフェラテクに射精だけはしまい!!という決意が決壊しそうなのを感じ始めた。そして、俺の中で何かが切れた。 (もういいや。相手がそう望むんなら)と。そして俺は姉貴にフェラをされながら、さっきまではイクまい。と陰部に力をいれて精神を統一していたが、途中あきらめてからは、もうケツの力をぬいて、むしろ、姉貴の口で射精しようという形でリラックスし始めた。すると姉貴のフェラテクが相当だったというものあるが、すぐにドクドク感が昇ってきて、、俺は姉貴の口に一発目の精液を発射してからは、2発目、3発目、4発目と容赦なく突入させてしまったのである。姉貴は俺の精子が出た瞬間「うっ・・」と少し声をだしたが、そのあとはすぐに冷静に最後まで口の中で搾り取り、あとは落ち着いてテーブルに置いてあったテッシュに丸めてゴミ箱に破棄したようだった。そしてコレでもう終わったのか・・・。と思いきや、姉貴は俺の目がさめているのを気が付いていたのだろうか。小さい声で「いれるー」つぶやいた後、俺にはその黒い影が暗がりになれた目ではっきりとみえた。姉貴はパンツを脱ぎ、俺の寝るベッドの上に上がってきたのである。(このままでいいのかよ・・・・・)と思ったが、俺はもう思考停止していた。姉貴は俺の上を騎上位の形でまたいできて、そして射精後の70%くらいの勃起力の陰部を手に取って、自分の中へと受け入れた。そして腰を落として、、、、とうとう、、、、俺は姉貴と結合してしまったのである。姉貴は暗闇の中、無言で腰だけを振っていた。もちろん喘ぎ声が出そうなところではあったと思うが、このシーンとした深夜の壁の薄いマンションで、アンアン!と大声をあげるの事には配慮していたのかもしれない。結果、俺はずっと姉貴に騎上位の形で腰を振られる事になり、いれてからの射精の合図は、俺が姉貴の腰をパンパン!と柔道の「まいった!!」みたいな感じで無言で伝える事になった。姉貴は俺に叩かれてからはすぐに俺から脱出し、そして俺の陰部を手コキした。するともともと射精しようとしていた俺の陰部は、姉貴の手コキによって放置射精ではなく手コキ射精によって、わりと気持ちよく出すものを出せたと思う。(下っ腹が汚れたが)全てが終わると、また俺は無言でシャワーをあび、下半身のみ洗った。そして俺はシャワーから上がって寝た。俺が風呂から上がると、姉貴もシャワーを浴びたようだった。そして姉貴もシャワーを浴びて寝てしまったようだった。翌日、案の定姉貴は「あれ、、なんでここで寝てんの? 家かえったはずだけど・・・」と嘘か本当かしらないが、そんな反応を見せていた。俺は「昨日、酔っぱらて迎えにこいっていって、迎えに行ってそのまま俺んとこで寝てるよ」と言っておいた。それ以来、あの夜の事実を、俺と姉貴の間で振り返る事も、話題にすら上がる事もない。ほんと、一瞬の出来事。電光石火の出来事だった。なにも脳内で整理したり、正しい判断が出来ないまま、あっという間にやってしまったという印象しかない。とりあえず今に至るまで、これで姉貴との距離感が変わったとか、そういうものは一切ない。ただお互い、封印している。墓場まで持っていき、二度とぶりかえす事はない歴史にする算段なのだろうと思う。以上。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/05/2019 08:29 AM
今から20年以上前の話です。僕が17歳の時、僕は母と男女の関係になりました。家族構成は、父、母、兄(大学生で一人暮らし中)、僕、少し年の離れた弟の5人家族です。父は結構ガッチリした体格で性格も兄貴分肌、若いころはよくモテてた、というのを母に内緒で自慢されたこともあります。兄と弟は父親似で共に運動会などではヒーローになる様な存在で女の子にはモテて彼女もいるそうです(弟は小学生なのに・・・)。僕だけが違ってました。勉強は人並みでしたが、体格はヒョロッとして運動は全くダメ、性格も内向的で友達も少なく、彼女どころか女とは全く無縁の存在でした。親戚などからは僕は母によく似ている、と言われてました。顔立ちもそうでしたし、兄や弟とは違い、おとなしい性格も若い時の母そっくりだそうです。もちろん悪気があって言ったのではないことはわかっています。ただ思春期で兄と弟へのコンプレックスが大きかった当時はすごくショックだったのを覚えています。小さいころは母にベッタリだった僕ですが、中学生くらいから母が大嫌いになりました。恨んでいました。なぜ僕は父に似なかったのか、なぜ僕だけ・・・。特にいじめられた事もないですし、家族は3人兄弟平等に接してくれてましたが、僕はどんどん自分の殻に閉じこもるようになりました。母は僕に優しかったですが、その優しさがとてもうっとおしく感じていました。ある年のバレンタインの日、僕は母と大喧嘩をしました。と言っても僕が一方的に母を罵っただけなのですが。その日、弟は大量のチョコを持って帰ってきました。兄は部活のためまだ帰ってきてませんでしたが、毎年の事なので弟と同じなのはわかっていました。弟は遊びに出かけ、母と二人きりの時でした。「りょうくん、どうぞ。」母は僕にチョコをくれました。「手作りだよ。一番大きいの、りょうくんにあげるね。お父さんと○○(兄)、□□(弟)には内緒だよ。」母ができる精一杯の優しさだったと思います。ですが僕は今までの悩み、不満を全てぶちまけるようにキレてしまいました。「いらねえよ、こんなの!」僕はそのチョコを床に投げつけ、母の優しさを哀れな僕への同情ととらえ、母を罵倒しました。自分がモテないのは母のせいだ、自分なんかをなんで生んだんだ、思いつく限りの言葉で母に怒鳴り散らしました。母は泣いていました。何度も「ごめんなさい。」を繰り返しました。どんなに罵ろうと母は言い返してきたりはしませんでした。母は土下座をして頭を床にこすり付けて僕に謝るだけでした。僕はそんな母を無視し、自分の部屋に閉じこもりました。いろんな事を考えました。後悔、だけど自分は間違ったことは言っていない、母に申し訳ない、という気持ち。自分でも訳が分からなくなりました。それから数年経ちました。僕は母にはそのことを謝ってはいません。あんなことがあっても母は変わらず僕に優しく接してくれました。僕は反抗的な態度こそとらなかったものの、母に対し、ますますそっけなくなっていました。必要以上の会話はせず、何か聞かれても相槌程度、母と目を合わせることはほとんどなくなりました。そんな僕と母の関係を修復してくれたのは、改めて気づいた母への愛情・・・ではなく、母への贖罪の気持ち・・・でもなく、母に対するゆがんだ性欲でした。ここまで書いて今さらですが、前置きが長くなって申し訳ありません。できるだけリアルな自分の気持ちを伝えたかったので。続きはレスに書きますが、せっかちな方(失礼(^_^;))は読み飛ばしてください。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/04/2019 01:35 PM
大学生となった今でも伯父との関係が続いてます。伯父の妹である母が浮気をしています。母の恋人は大学生のアメフト選手。それも母は元教師にかかわらずその恋人は私よりひとつ年下の教え子なんです。母は細身の色白美人。鼻筋が通った上品な顔。今は美魔女の教育評論家講師で引っ張りだこ。外泊も多いです。その日は母は外泊。明らかに浮気なのは私は感じいます。父もそのことを知ってます。。。父は上品な顔立ちの紳士です。決して怒りなど顔には出しません。でも。。。父の内に秘めた怒りを思うと私は胸が張り裂けそうです。学生の頃は絵を描くのが趣味で物静かで繊細で緻密な筆遣い。表現しようとする思いは爆発的です。。。心に秘めた情熱を感じる尊敬する父です。その父が暗い部屋で怒りを感じた時によく聴くリベルタンゴという激しいタンゴの曲を大音量で聴いてます。ブランディが傍らにあります。屈辱に身悶えするところを押さえているのでしょう。。。私は早く母の浮気が終わって欲しいと思いました。そうでないと。。。父が壊れそうです。そんな父を見て酷く動揺する私。一瞬でも母のことを忘れさせて上げないと。それからはよく覚えてません。こんなに成長した娘を見てどう思う?ここまで育ててくれてありがとう、お父さん、とは言いました。父の前で全裸の私。父に抱かれたいと思ったわけでありません。大人になった私を見せたかっただけです。。。父は、若い時のお母さんの身体にそっくりに育ったね、って言うけど。。。その言葉厭らしいわけじゃないけど、母と身体が比較されるのが気持ち悪かった。もうあとのことは言いたくありません。母への怒りが私の心に火をつけました。私から父を誘いました。私が癒さないと父が壊れると思ったから。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/14/2019 12:33 PM
それは私が運転して、弟とドライブしている時の事。既に何度かエッチをしていたけど、ちょっとマンネリだったので、弟をドライブに誘った。カーセックスや野外セックスを想像しながら、景色の良い駐車場を探していた。興奮していたので、喉が渇いてコーヒーをたくさん飲んでいた。山間に入ると、私の膀胱が膨らみだした。周囲は店も駐車場も無い。「お姉ちゃん、トイレしたいんだけど、」と、助手席の弟に言うと、「この辺には無いね」と返してきた。「我慢できない?」と訊かれ、頷くと、「オシッコ?ウンチ?」と訊かれ、「オシッコしたい」と答えた。弟に、こんな事を言うのが恥ずかしかったけど、何度もセックスをして忘れていた羞恥心が甦った。少し道幅の広い場所にクルマを停めて、急いで車外に出た。焦りながら周囲を見回すと、獣道みたいな場所を見つけたので、弟を呼んで茂みの中に分け入った。動物に襲われないよう、あまり深入り出来ないので、クルマが見える位置でスカートを捲った。「ちゃんと見張っててよ?」私が命令口調で言うと、弟は周囲を見回し始めた。私はその間に、パンツを下ろして、その場で身を屈めた。近くを流れる川のせせらぎと、鳥の鳴き声が聞こえた。シュー!勢いよく噴き出したオシッコが、茂みの草を揺らした。オシッコの音に驚いた弟は、私の方に顔を向けた。死にたくなるほど恥ずかしい状況。止めたくても止まらないほど、オシッコを溜めていた膀胱は、いつも以上の量を噴き出し続けた。「大丈夫?」「誰も見てない?」羞恥に動揺している事を悟られないよう、私は気丈に指示した。「多分、大丈夫、」と言って、弟は周囲を見回した。「だったら、クルマからティッシュを持って来て」と指示した。弟は急いでクルマに戻ると、車内にあったボックスティッシュを持って来た。弟が戻った頃には、大量のオシッコで水溜まりが出来ていて、周囲にはアンモニア臭が漂っていた。「ねぇ、本当に誰も見てない?」と、私が訊ねると、「大丈夫、誰もいないよ」と弟は言った。「ちゃんと見てよ」と言うと、弟は面倒臭そうに周囲を見回した。私は弟に向かって強く「ちゃんと見て!」と言うと、弟は面倒臭そうに振り返った。私は弟の前で開脚して、オシッコの出ているアソコを見せつけた。アンモニア臭に酔ったせいか、放尿した快感からか、私は屋外で弟にアソコを晒していた。「見て!お姉ちゃんのアソコ」「どう?エッチ?」と言うと弟は、ティッシュを持ったまま近づいて来た。「臭い?」と聞いたら、「臭くないよ」と答えてくれた。弟は私のアソコに顔を近づけて来た。恥ずかしい。「よく見えるよ」「それに、お姉ちゃんのオシッコの匂いもする」と言って、鼻をアソコに近づけてきた。「あん、いや、」「そんなに見ないで!」「そんなに嗅がないで!」気持ちとは裏腹な言葉が口をつく。「汚いからダメ」と言っても、弟の吐息がアソコを刺激する。「お願い、オシッコを拭いて」と言うと、弟はティッシュでアソコを擦るように拭き始めた。股間に延びる弟の腕を掴み、キスをした。木々の合間から差し込む木漏れ日が幻想的だった。大量のオシッコのせいか、濃厚なキスのせいか、向きを変えた私は草むらの上に仰向けになり、パンツを脱いで開脚した。弟は周囲を見回すと、私を見下ろしながら、ズボンとパンツを下ろして、オチンチンを私のアソコに擦り付けた。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/01/2019 05:34 PM
父42歳 私20歳 母私が15歳の時に他界。キッカケはお風呂上がりの父の裸を見てしまってから。驚くほどの高揚感と鼓動が止まらず、滅多にしなかったオナニーを毎日するように。恥ずかしいほどの濡れで、バレないかな?とヒヤヒヤものでした。私は元々卵管癒着で、妊娠しにくい身体でした。そんな私を受け入れてくれた彼氏。でも、何かしっくりこない感覚を持ち続ける日々。父の事が頭から離れずに、彼氏以上に父の事しか思わなくなり、お別れしました。紆余曲折あり、父は私を受け入れてくれてます。ものすごい充実感で、セックスは今までとは違う絶頂を何度も味わい、休みの日はラブホで、半日も身体を重ねてます。彼とのセックスが普通と思ってました。でも、父の濃厚で激しく、そして優しく愛のあるセックスを知った今では、薄っぺらいモノでしか無いとも思います。誰も知らない土地に引っ越し、年の差夫婦として過ごし、お互いに愛し尽くす日々がたまらなく幸せなんです。キッチンで洗い物中にスカートを捲られ、父好みのショーツの上から顔を埋められると、反射的に濡れてしまいます。何度も後から犯されるように突かれます。膣内に、顔に、口に、父の精子が私の心と身体を染めるように汚されても、喜びを感じてます。飲むんだ!そう言われなくても飲むようになりました。毎日「愛してる」と囁かれ、溶けてしまいそうな気持ちです。おかしい二人ですよね。禁断、変態、キチガイ、まぁその類なんですよね。子供は、おそらく無理なのでこのまま二人で暮らします。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




06/10/2019 04:51 PM
私は43歳でシングルマザーです。息子は昨年春から大学生ですが、関西の方の大学なので家からは出ています。それまでは2人暮らしでした。私は若い時に出産、結婚を経験しましたが、当時の夫の裏切りにより30歳のときに離婚し、それからは仕事と息子への愛情を支えに一生懸命生きてきました。男性と知り合う機会も多かったのですが、離婚前のつらい記憶や男性への嫌悪感からお付き合いすることは一切ありませんでした。子連れということもあり、男性たちからもそれほど強く口説かれたこともありませんでした。でも女ですから男性を愛すること、愛されることを潜在意識として心の奥にしまってあったのでしょう。身近にいる息子に、母として精一杯の愛情を注ぐ一方で、成長し大人になっていく息子に女としての愛情も育んでいたのです。どうやら息子もその私の愛情を感じ、私を女として愛してくれていたようなのです。息子が大学に通うため家から出た時の喪失感により、自分が息子をどれだけどのように愛していたのか自覚しました。毎日、息子がいない部屋で過ごす夜が寂しくて、いい歳して、泣いてしまうこともありました。息子が夏休みで帰宅したときには、嬉しくて、毎日ウキウキしていました。そんな夏のある夜、私は仕事仲間とのお酒を飲んで帰宅しました。息子も少しあとにアルバイトから帰ってきました。私は酔いもあって、息子に甘えるようにボディタッチして、「一緒にワイン飲も」とリビングで少し飲みました。外は雨と風が強く、なんとなく不安な気持ちになって、息子にピッタリ寄り添っていました。そして、雷鳴が突然なり響いたとき、私は息子にしがみついてしまいました。しばらくそんな体勢でいたとき、息子と目が合い見つめ合ってしまいました。息子が唇を寄せてきたとき、ごく自然に私はそれを受けとめ、唇を重ね舌も絡めました。いろいろな衝動により、なんの躊躇いもなく、男と女になりました。息子が「愛してる」といいながら私の服を脱がせ、露になった肌に愛撫を施してきたとき私は相手が息子ではなく、最愛の男性だと思ってそれに応えました。息子が荒々しく、欲望のままに男性器で私の女を貫いたとき、歓喜の声をあげ、息子の頭を抱きしめました。その夜、朝まで愛し合い、翌日もまたその翌日も、恥ずかしいくらいに愛し合いました。もちろん、大学をやめるわけではないので、あれからも一時帰宅している日々はおそらく夫婦よりも激しく、何度も何度も愛し合っています。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/21/2019 02:49 PM
中2の息子のオチンチンを弄るのが止められません。 今でも一緒にお風呂に入ってます。勃起させ、恥ずかしそうに手で隠す息子の慌てた息子…笑。さわってしまい、射精させてしまいました。ものすごく興奮してしまいました。 バツイチなので久しぶりに見た射精です。あんなに凄い勢いで、理性が無くなりそうで恐いです。 昨日は手を離すとお腹に張りついて天井を向いてしまうオチンチンを握って自分の方に向け、胸に射精させました。 凄い勢いで当たった精液は大変熱く、ものすごい興奮を味わいました。 いまのところ、これ以上すすむかどうかわかりません。息子の精液を体に浴びるという行為だけでも興奮しちゃった。でもあの凄い勢いの精液を、体の中で感じてみたい欲求はあります。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/20/2019 01:52 PM
中学1年になる、息子が一緒にお風呂に入ろうと言ってきました。私は嫌と拒否したんですがしつこく食い下がってくる息子に犯されたら困るから一緒には入らないと言ってお風呂に入りました。すると、息子は前を隠すこともなくお風呂場に入ってきて私は目のやり場に困りましたが仕方なく一緒に湯舟につかり沈黙の時が流れました。息子の方も、一緒に湯舟に浸かったはいいものの私の胸や体をチラ見してくるものの目のやり場に困っていました。しばらくして、息子は私に立ち上がるように頼んできたので立ち上がり息子と向かい合わせになりましたすると息子は私に抱き付き胸を揉みながらキスをして来ました。私はびっくりし一度は息子を引き離したんですが2回目抱き合った時にはされるがままでした。息子と、抱き合っている最中息子の勃起したちんちんがは私の股間に当たってきてたんで私は息子とのエッチだけは避けなくてはと思ってたんですが体は息子を求めてしまい、とうとう息子の、ちんちんを受け入れてしまいました当然息子に外に精子を出すという考えがあるわけもなく、気持ちよさそうに私の中に射精していきました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/19/2019 08:31 AM
僕は、小6の時にお母さんと肉体関係を持ちました。その半年くらい前まで、一緒にお風呂に入っていたので母の裸を見ても興奮しないと思ってたんですが、久しぶりに母の全裸を目の前にして舞い上がってしまいました。始め、お母さんのおまんこに僕のおちんちんを入れようとした時にまだ勃起して、なくそれに気が付いた母が、エッチを止めさせる為におちんちんを触ってきました。それが、刺激になりおちんちんが勃起しお母さんとセックスをしました。エッチが終わり、お互い裸のままで休憩していると母がエッチのやり方を誰に聞いたの学校では教えてくれないでしょと聞いてきました。そして僕は、ヤンキーの友達から聞いたと答えると母は深いため息をつきしばらく何も言いませんでした。それから、母は自分のおまんこから流れ落ちる精液を手に取りこれがあんたのちんぽから出た、赤ちゃんのもとになるものなのこれがお母さんのおなかの中で卵子と結びつくと赤ちゃんが出切るのといった授業をしてくれました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/25/2019 02:09 AM
僕は今日まで母とお風呂に入っていた。5年生になるがそれが普通だった。今までは母は母であり女ではなかった。だけど今日自然にしてたのだけどお母ちゃんの股に目がとまった。腿は開いていて腿の真ん中は割れてるように見えた。赤い色だった。なんかぎゅにょっとした所のように見えた。 風呂に入るとそれからは女としか見れなくなっていた僕だった。恥ずかしさはあったが見たいと思ってしまう。眠いので・・・・

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/26/2019 08:37 AM
高校生2年の夏休み私は陸上部の短距離午前、部活があって帰ってきた家には父母、小5の弟誰もいなかったよくある事なので気にせずお風呂に入って部屋着に着替えるノーブラにTシャツ短パンお父さんの電動マッサージで足をマッサージしてゴロゴロしてた近所に住む従兄弟小6のAとBが家に来たA「弟くんは?」私「いないよ~」B「お姉ちゃん何してんの?」私「疲れたから休憩、邪魔しないで」A「マッサージ僕にもしてぇ」私「あんたらには必要無い」というやりとりをしていたワーワーうるさいので少ししてあげて早く帰すことにした電マを背中や足に当ててあげるとA「わははははは」大笑いをしていたA「くすぐったい」B「僕も、僕も、、わははははは」私「ほら、あんたらにはまだ早いんよ」A「もっとやって、もっと」私「もう~、これでもくらえ」股間に当ててやった案の定大笑いして転げまわった私「はいはい、終わりね」A「くそ~やり返してやる」AとBが電マを持ち私の背中や足に当てる私「あー気持ちいいー」B「あれ?くすぐったくないの?」私「もうちょい右、、そう、そこ」全然笑わない私に2人は不満の様子座って肩に当ててもらってたらBに背後から羽交締めにされたA「くそ~こうなったら」私の足の間にAが座り電マを当ててくる私「ちょっとやめなさい」B「だって笑わないんだもん」小6とはいえ結構な力動けるけど自由は封じられたノーブラなので直接おっぱいに当たる私は陥没乳首です。当てられて少しすると乳首がぷっくり勃ってしまった2人は気にもせずに続けるA「おい、少しくすぐったそうだぜ」B「もっと続けようぜ」Aは私の股間に電マを当てた私「はぅっっっっ」A「おっ我慢してる」B「よし、笑わせようぜ」Bがわき腹をくすぐってくる私「あははは、、やめなさい」A「やっと笑った」私「お願い、、はぁはぁ、、やめて、、」股間の電マが丁度の所に当たるくすぐったいのか?気持ちいいのか?まだエッチしたことないので気持ちいいのかどうかも分からず変な気持ちになっていた私「やめて、、おねがい、あん」乳首はビンビンに勃ってシャツと擦れるだけで気持ちいい声も我慢してたけどついに何かが我慢出来なくなって私「あぁぁぁぁぁ、、、、ダメ、、変になる」A「!?おい」B「んっ?どうした?」A「お姉ちゃん、、オシッコ漏らしちゃった」私「はぁ、、はぁ、、はぁ、、」その時は分からないけど私は逝っていたんだと思うAとBが慌ててタオルを取りにいってオシッコを拭いてくれたA「お姉ちゃんごめんね」私「お姉ちゃんこそごめんね」その日から関係が始まりました

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/11/2019 01:25 PM
進学で上京している大学生です。このたびの年末・年始はバイトの都合で帰省でませんでした。少し気分が落ち込んでいたところ、大晦日に叔母(母の実妹・四十代)がおせち料理を届けにアパートを訪ねて来てくれました。玄関先で目にした叔母の妖艶な容姿が故郷のクラスメイトの母親との関係を思い起こさせて・・・強引に部屋に引きずり込み関係を迫りました。はじめは激しく抵抗していたものの、一度目の射精のあと叔母は抵抗をあきらめたようです。昼過ぎから夕方まで5、6回は中に射精したと思います。帰り際に叔母は、『覚えてらっしゃい・・・タダじゃ済まないわよ』と、捨て台詞を残して部屋を去ったのですが・・・僕にはどうにも腑に堕ちませんでした。というのは、一度目・二度目ぐらいまで叔母が抵抗していたのは認めます。ですが、途中から叔母も積極的になってきて、僕のペニスを喉奥まで咥え込み、睾丸を二ついっぺんに頬張るという恥技まで演じ、さらには僕の上に跨って激しく尻を振っていたからです。たとえ僕がキッカケを作ったとしても、一方的に非難されるべきものでしょうか?数日後、叔母が突然部屋を訪ねて来ました。先日のことについて私に謝罪を求めに来たというのです。さらにあの日の秘密を絶対に漏らさないことを約束させられました。『分かったよ。謝るし、あの日のことは誰にも話したりしないよ。そのかわり・・・叔母さんもソノ気で来たんでしょ? だって、そんな話なら電話で済むと思うんだけど?』『ソノ気で来たって・・・そんなワケないでしょ! ただ、私はハッキリさせたかっただけ』『ハッキリって・・一体なにを?』『それは、つまり・・・この先どうなるのか心配で・・・あの日のことを誰かに話されたら、わたしは妻としても母親としても生きていけなくなるから』『それは叔母さん次第だよ。叔母さんがあれで終わりにしたいって言うのなら、俺はいつか誰かに話してしまうかも。でも・・・オレの気持ちは分かっているよね?』『それは、私と関係を続けたいと?』『あたり前でしょ? あの日、叔母さんは狂ったように喜んでくれたんだから』『そんな・・・恥ずかしいわ』『オレのチン〇を思い出したら、我慢できませんでしたって・・・ハッキリ言えよ』『・・・・・・』『どうやら図星のようだね。たぶん叔父さんのよりオレのほうがデカイだろうし』『そうよ、その通りよ。あの日から今日まで夫や子供たちと居るときでもアナタのおチ〇チ〇を思い出してアソコを濡らしていたわ。でも、私たちの関係は・・・』『その通りだよ。社会的に許されない関係だってことは知ってる。はっきり言って近親相姦だから』『そうよ。私たちは血がつながっているし、しかも・・・すごく近い。なんだか後ろめたくて』『たしかに、オレと叔母さんは一度過ちを犯したよ。でもね、それって二人が関係を終わらせたからって帳消しになる問題じゃない。一度交わろうが何万遍交わろうが近親相姦した事実は消えないから。だったら開き直って二人で楽しむって道もあるんじゃないの?妊娠さえしなけりゃ何の問題もないと思うけど?ピルでも飲んだら?』『・・・終わらせようと続けようと、どちらにしても後ろめたい。だったら・・・』『どうやら、話が付いたようだね。幸い、お互いの体の相性も抜群みたいだし。さっそく、二人で流れに身を任せようよ。もう、楽しむっきゃないでしょ?』『わかったわ。でも、その前に一つ聞いておきたいことがあるの。すごく女性の扱いに慣れているみたいだけど、いったい私で何人目なのかしら?』『正直に言うと、叔母さんで5人目。地元の高校生時代に3人。みんな部活仲間やクラスメイトの母親たちだよ。そして、いま付き合ってるのがバイト先のパートの奥さん』『まあ。その人たちと今は?』『地元のおばさん達とは夏休みとか帰省したときに・・・今はパートの奥さんと週に2,3回は会ってる』『だったら、どうして私を?』『それは、叔母さんが寂しそうだったからだよ。たぶん叔父さんとは何年もレスなんでしょ?』『そ、それは、その通りだけど・・・』『だから、叔母さんの心の隙間を俺の○ンポで埋めてやろうと思ってさ』『優しいのね。おチンチンは禍々(まがまが)しいのに・・・フフフ』その後のことは推して知るべし、ということにします。おわり

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




05/11/2019 06:11 AM
俺は中一の時に、二つ下の妹とやったガキん時から一緒にゲームとかやってたんで、この頃もまだその延長で俺の膝に寝転んできたりしてたから、妹には男女の意識は無かったんだろうでも俺はセックスとか女の身体に興味を持ち始めた時期だったし、妹はブラはしてなかったけど胸がうっすらと膨らみ始めてたなのでふざけた振りして妹をくすぐったりして、それで女の身体の感触をこっそり楽しんでいたでもそれがある時エスカレートしちゃったんだ服の中に手を入れたくらいまでは、妹もはしゃいでいたでも生乳(ぺったんこだったけど)に手を伸ばしたり、パンツの上から股間を弄ったら黙り込んだんだところが抵抗は一切無し肩越しに様子を覗いたら、頬を真っ赤にしてハッハッて息を荒くしてるんだよで、「え、もしかしてOK?感じてんの?」って思っちゃって、最後までやっちまった初めてだったんで、入れた瞬間に射精しちゃったけどねでも「やった~!俺もセックスやったんだ~!」って感動してたら、妹が泣き出したんだ「なんでこんな事すんの!?」ってね抵抗が無かったのは、俺が怖くて「イヤだ」なんて言えなかったって俺は慌てて謝ったよとにかく親に言われたら不味いと思ったからその謝ってる時、俺が妹の事を前から好きだったんだって言ったら、妹が「え?」って反応したんだそこで俺は「ここだ!」と思って必死になって言葉を並べて、最後に「俺の事を好きになってくれなくても良いけど、俺がお前を好きだって事は忘れないでくれ」みたいな事を言ったんだそしたら妹は神妙な顔して「うん」って言って、しかも俺がキスしても黙ってたんだ俺に犯された事より、告白された事の方にビックリしてたみたいだけどねで、なんとかその場は許してもらった、と言うより有耶無耶になった感じだったでも初体験の相手が目の前にいたら、いつまでも我慢できるわけがない次の日には妹に迫ってたよ妹は今度はマジで抵抗したけど、力で捻じ伏せて犯したそこからは暇さえあれば、妹を犯しまくった妹の抵抗も4回目くらいでなくなったしねその内に妹も感じるようになってきて、しばらくしたらイクようにもなった声を必死に抑えて分かられないようにしてたけど、実際にはバレバレだったのが面白かったなこの頃だけど、妹が避妊してくれって頼んできた妹はまだ生理が来てなかったから、ずっと中出しだったし、避妊の必要もないと思ったんだけど「このままだったら、初めて生理が来る時に妊娠しちゃうでしょ!」って泣き出したんだよまあ言ってる事は正しかったし、避妊すればやって良いんだなって妹に了承させたんで、俺も分かったって言ってやったでも、実際にはしょっちゅう中に出してたけどねこの時期の妹は嫌々抱かれているって態度で、当然妹の方から求めてくる事なんてなかったその態度が変わったのが、妹が学校の野外活動で何日か家を空けた後当然その間は俺も禁欲生活だったから、帰ってきた途端に妹を抱いたんだそしたら前戯もしてないのにまんこは濡れ濡れで、身体は面白いように反応して、初めて声を出してイキまくるんだよ中に出されると、それだけでビクビク震えてたくらい妹に「気持ちいい!」って言わせたのも、この時が最初だったそれからは妹の方から「やりたい」って来るようになったし、フェラとか野外姦とか、耳に入ってきた事は次々やりまくった妹の身体もどんどん色っぽくなって、中学に入る頃には一丁前の女の身体になってたよ元々可愛い顔立ちしてたんで、中学入学の時は男共が結構騒いでたくらい「紹介しろ」とかは、何回も言われたよ全部断ったけど、内心「ザマアミロ」って感じだったね「お前らが騒いでいるあの女は、俺のちんぽでヨガリ狂ってるんだぞ」ってねこの頃は本当に避妊もいい加減だった危険日にはさすがに基本外出ししてたけど、気分次第では中に出す事もあったそれまでもヤバ目の日に中に出した事があったんだけど、妊娠しなかったから「ま、大丈夫だろ」って思ってたんだ妹も大して言ってくる事なかったから、もう諦めてたんだと思う俺が中三の時は、時間があれば一日に何回でもやりまくってた一応受験生だったんで、俺自身はそんなに受験勉強とかやってた訳じゃないんだけど、あまり遊び回る事もできなくて欲求不満を、ぜんぶ妹の身体にぶつけてたTV見てる間ずっとフェラさせてて、番組が終わったら口内射精するとか妹の身体で遊んでいた感じお陰で志望校にも合格できたけどねでも夏前に、親バレした妹は叔母の家に預けられて、俺は最初は施設に入れられたあと、また家に戻されたそれからは、妹とは親戚の葬式で会うくらいだった

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる











こちらの告白は近親相姦・禁断の世界よりのRSSを取得表示しています
過去の告白・投稿などは上記リンクよりお進みください


Copyright C 2008 エロの宝庫!アダルトス ALLRIGHT RESERVED .