近親相姦★初体験★告白


11/18/2018 09:02 AM
くっー俺が、障害者の妹のマンコにペニスをぶち込んで、ヒーヒー言わせているハメ撮り動画が、大好評だぜ(近親相姦のハメ撮りを見る方法については、前回の投稿に書いてます)障害者だからってなんだ~セックスしたっていいに決まってる障害者である、妹は、俺が、ペニスを入れてあげないと、他にセックスしてくれる相手が居ないんだぜ障害者に、限って、最高に気持ちいい名器マンコなんだぜ

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/18/2018 07:30 AM
俺には、10代の頃から、ずっと障害者施設で、暮らしている妹が居るんですが、セックスしまくっていますなぜなら、うつ病を患っているからなんですうつ病と言う事は、重度のストレスが、原因であり、それを解消するために、ギンギンに、勃起したペニスを妹のマンコに、出し入れしていますつまり、治療セックスをする為に、仕方なく、近親相姦しているんです俺がしている事は、人権侵害の変態行為ですか?それとも、障害者の救世主ですか?それを、読者の方々に、判断して欲しいので、妹を相手に、セックスしているハメ撮り動画をお見せ致します中国的ラインで、あるWeChatにて、妹とのハメ撮り動画を公開していますローマ字書きで、台風1368(たいふう1368)で、繋がります繋がったら、セックス治療の審査希望と、ご連絡下さいすぐに、妹とのハメ撮り動画を、送信します

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/17/2018 09:04 AM
膣って、こんなに熱く、こんな感触なんだ。ドクドクしながら、数回射精した。母さんはゆっくりと腰を上げた…、立ち上がった母のポッカリ開いた膣から精液が滴り落ちた。その日、自宅に戻ると、母さんはお風呂を使っていた。「よし君、お帰りなさい。ちょっと背中を流してくれない?」「えー、なんでー」「母さん、働きすぎて、四十肩というのかしら、肩が少し痛くて、うまく後ろに回らないいのよ。だからお願いしているの。嫌なの?」仕方なく俺はパンツ姿になり浴室に入った。母さんは、イスに腰掛け、浴室の鏡の前で背中を浴室の入り口に向けていた。鏡は浴室の入り口の方を向いていたので、母さんの肩越しに、オッパイやヘアーが映っているのが見えた。俺は母さんの背後に立つと、タオルにソープをつけて渡してよこした。背中を洗い始める…、「強すぎる」とか「もう少し優しく」とか色々と注文をつける母さん。「いちいちうるさいな」とか言いながらも、それはそれで楽しかった。何しろ、ちらちらと鏡の中の母さんのオッパイやヘアーを見ながら、体に素手で背触れることができたのだから。「いやらしい目つきで見ないで、真面目に洗いなさいよ」言葉と裏腹に、私の視線を感じると、これ見よがしに股を開いて見せたりする。「終わりだよ」そう言って私は洗面器に湯を汲んで、無造作に背中のそーpの泡を流した。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/17/2018 03:50 AM
友達と飲んで いつものスナックママと昼までラブホテルに居て、家に帰ると 酒屋の軽トラが家の前に停まってました。家に入ると 酒屋の爺と母が 真っ裸で ソファーに座る母にソファーに立ち 爺が母にチンポをフェラさせてました。爺は地区の自治会長で六十半ば?、その様子をスマホで撮りました。フェラさせるも なかなか勃起しませんでした。スレンダーな母より 爺の婆(奥さん)の方が還暦と言えど 豊熟て良いと思うんだが 10歳ほど若い母が 隣の芝生が青く見える で 良いのかな?と 思ってると やっと勃起した爺。母に入れようとした時、「何やってんだよ 爺!」後ろから玉に蹴りを入れてやりました。七転八倒する爺!脱ぎ捨てた物を拾い 素っ裸のまま逃げ出て行き 軽トラが急発進するのが聞こえました。爺との姿を撮ってたので すっかり勃起してて、「あんな爺の小せいヘナチンより こっちのが良いだろ(笑)」ジャージを下げ 継母の圭子の顔の前に突き出し 犯してやりました。最初は拒んでましたが 拒む力が弱まり 吐息から喘ぎ声に変わり 遂には圭子の方から腰を振り逝ってました。大量の中出し射精と思いきや、ママに4発射精したから 圭子の中で ビクッ ビクッ 射精しましたが 滲み出る程度しか出ませんでした。「嫌がってたけど 善かったろう(笑) 又 やってやるからな(笑)」ママや継母の圭子に射精してる内 地区の夏祭りが遣って来ました。地区婦人会の会長ん遣ってる婆!夏祭りの片付けも終わり 残り物を集め 実行委での打ち上げ。男性陣は街に飲みに行くってましたが 俺は婦人会の片付けを手伝い 婆と二人に成れる頃合いを待ってました。最後 皆が帰り 婆が公民館のカギを閉める時、「奥さん ちょっと‥」「あら 司君!最後まで手伝って貰って 悪かったわね(笑) で 何か?」「ちょっと こっち来て‥」和室に呼び込みました。「実はね‥奥さんの旦那さん うちの母に こんな事してたんだんだよね!」スマホを見せました。「ぇ えぇ~ 何これ!‥ごめんなさい どうしましょ‥」「この時は 俺が帰ったから此処までで済んだけど 前々から無理やりされたって 母が泣いてね‥」無理やり風のを見せ、「奥さん 旦那さんの相手して無いんじゃ?」「その気が無くなったって もう何年も無かったのに‥」「奥さんにも責任有りだね!」

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/14/2018 05:08 PM
私の母は、56歳です。2年前から、身体の関係が続いてます。ちなみに、私は26歳の会社員です。普段は着飾って、セレブ気取りな母親ですが、SEXには貪欲で今では、なんの恥じらいもなく、息子である私のペニスを受け入れ、イキまくってます。はっきり言って、どMの変態な母親です。今回画像を撮影したので、人妻・熟女画像を、もし良かった覗いてください。母親を、顔出しで晒してしまいます。ど変態なので、きっと喜ぶことでしょう・・・苦笑

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/13/2018 07:42 PM
2018・11・13結婚して10年になる私達夫婦には子供がいません。私に問題があり医師からも妊娠は困難だと告げられていました。お互い再婚同士の二人なので子供の事は気にしないで性生活も楽しんでいました。しかしその相談を受けた時に私は迷わずOKしました。東北の震災の影響で嫁のお兄さんの子供を暫く預かってほしいとの依頼でした。嫁にとっては血のつながった姪っ子ですが、私は一度しか会ったことが無い、それも保育園に行くか行かないかの頃でした。義理の兄は奥さんを亡くし幼い真紀を独りで育てていましたが、原発関連の仕事をしていたので、職を失い避難所での生活は困難だと思い私たちに助けを求めてきたのです。駅に迎えに行き久しぶりに会った真紀は六年生にしてはちょっと大人びた長身で細身の子でした。その日から私達夫婦と一緒に生活するようになったのですが 相談を受けてから3日語でしたので準備が大変でしたが、とりあえず”2DKのアパートなので襖一枚隔てて真紀の部屋。夫婦の部屋としました。真紀は慣れない土地での生活に不安そうでしたが私たちは新鮮な生活に喜んでいました。しかし1週間もすると、問題発生 二人とも今までのようにやりたいときにセックスが出来ないことにストレスを感じ始めていました。その夜はどちらともなく我慢できなくなり、隣の真紀が寝静まったころから始めてしまいました暫くして私だけが気が付いたのですが襖が少し開いて隣の部屋の窓の外の街灯が目に入ってきました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/13/2018 08:49 AM
私は小学3年生くらいから性に興味を持ち始めて、当時叔母(小4)と叔父(小6)と私(小3)と妹(小2)と母で暮らしていました。家の間取り的には3LDKで母の部屋私の部屋妹の部屋があってそこに叔母と叔父が泊まっていたんですが、私の部屋の居心地が良かったのか叔母はよく私の部屋で一緒に寝る事があり、叔母を気に入っている妹も付いてきてベッドに私と叔母。床布団に妹が定位置でした。ある日なんとなく夜寝る前に叔母の胸にぎゅーっと顔を押し付けてみたら頭を撫でられて服の中に頭を突っ込んだりし始めたのが始めの頃の内緒の遊びでした。でも段々歳を取るにつれ知識が増えていき叔母のお尻にちんこを擦り付けたり素股をセックスだと思い込んでイけないのにやり続けたりと毎日して私が小学校高学年になってから偶々素股してたら叔母に挿入してしまい滅茶苦茶気持ちよかったのに叔母がその日はさせてくれず、日をかけて挑戦してついにセックスを始めました。それからは妹がすぐそばで寝ていようが気にもせず布団の中でクンニして下手糞な手マンをちょっとしてすぐ挿入するを繰り返し、毎回中出し。ゴムなんて物知りませんでした。。笑当然叔母は中3になって妊娠が発覚し私は降ろした後で事実を知りましたが相手の男性は皆知らない叔母が言わなかったと言っていて私は怖くなり叔母とは疎遠になりました。その後は中高から今に至るまでセフレばかり増やし複数プレイもアブノーマルなセックスにも手を出し始めて今に至ると言った感じです。笑あ、初投稿ですよろしく

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/13/2018 10:25 AM
今年の夏休み、伯母の体に溺れた。受験対策の予備校通いで東京の伯母が住むマンションにしばらく下宿する事になった。いとこはもう就職して1人暮らし、伯父は週の半分は仕事で関東各所に出向。たくさんある伯母と俺との2人きりの時間。母親の姉だけど…40代後半だけど…人生で最高の夏休みの始まりだった。伯母は美容には金も時間も結構使ってるらしく、実際の年よりはかなり若く見える。お尻と胸は平均より大きめだけど太ってるって訳じゃない。身長も170の俺とほとんど同じくらいでなんか色々大きい人。何よりも切れ長の目がエロい感じの結構な美人。うちの母が言うには若い頃から今に至るまでモテ続けの人生らしい。伯母自身も、去年まで働いてた職場で若い男に何度もデートに誘われたって自慢してた。仕事を辞めて時間が余った伯母には俺は暇つぶしに丁度良い存在だったらしい。下宿を始めた頃は受験勉強に集中できるように色々気を使ってくれた。俺も普段と違う環境の中でも勉強に集中できたのは伯母のおかげだと思ってる。変わったのは俺の模試の判定を見てから。結果がかなり良かったので伯父も伯母もとても喜び、褒めてくれた。学力的に結構余裕があると分かってからは息抜きにデートに行こうと誘われはじめた。苦手科目を強化する為の予備校だったから毎日朝から夜まで、って訳じゃない。自分への言い訳だけど、なんとなく息抜きしながらの方が捗る気もした。成績を落とさないようにしながらも伯母の案内で色々連れて行ってもらった。部活漬けで女の子とまともにデートした事なんてない俺にとって伯母との時間はとても楽しかった。そんな中、何度目かのデートでなんとなく自然に手を繋ぎ、腕を組む感じになっていった。地元じゃない、誰も自分を知らないっていう開放感から伯母にされるがままの俺。柔らかくて大きな胸の感触が俺の腕に…キスすらした事のない俺にはその刺激はとても強かった。温かさと柔らかさと良い匂いに頭がクラクラした。後から聞いた話だと、伯母はからかい半分、残り半分は女に全く慣れてない俺に免疫をつけてあげようという優しさだったらしい。偶然を装って恐る恐る肘でおっぱいを押してたのもバレバレだった…。その日から俺は伯母の事が頭から離れなくなってしまった。家では駄目だと分かっているのに薄着の伯母をこっそり目で追い続けてしまう。胸元が開いたシャツから見える谷間やスカートに浮き出る下着の線が気になって仕方ない。薄手のワンピースを着た伯母は裸でいるのかと思うくらいに体のラインが出ていてつい凝視してしまったり。欲望に負けて食事時のテーブルの下、膝丈のスカートを履いた伯母のパンツを盗撮してしまったり。リビングのソファで転寝してる伯母のスカートの肌蹴た足や胸を動画で撮ってオナニーしてしまうほどに。横向きに寝ている伯母の腕に潰された大きな胸、それを包むブラの端から見えた伯母の乳輪は薄い茶色で大きめだった。毎日シャワーを出た瞬間の伯母と洗面所で鉢合わせようと落ちる水音を聞きながらウロウロした。何度もドアノブに手を掛けたけど結局、洗面所の扉を開けるほどの勇気は無かった…。シャワーは伯母の後に入るようにしていた。日課のように洗濯機の奥に入れてある下着を取り出して匂ってしまうほどに俺は伯母の体に狂っていた。それも全てバレバレだったみたいだけど。必然と偶然の積み重ねの結果、伯母は俺を受け入れてくれた。長くなるのでここは省略。いつか書く気になった時にでも。夏休みも後半に入った頃、俺は伯母のマンコの中に溜まりに溜まった精液を吐出しまくっていた。朝から晩まで何度も何度も。朝起きて伯父を仕事に見送った直後、無理やりキスをしながら伯母をベットに引きずり込んで服を剥ぎ取る。伯母はいつも少しだけ抵抗した。いつも笑顔だったけど。嫌がってないのは顔に書いてあったし、何より伯母のマンコはいつも濡れていた。脱がせた下着の中にある割れ目を指で少し開くだけでヌルヌルとした液体は溢れてきた。俺のチンポは軽く擦り付けただけで吸い込まれるように入っていく。ゆっくりと一番深くまで差し込んだ瞬間の満足感と幸福感は、何度しても飽きる事は無いと思えるくらいの快感だった。伯母のお気に入りは正常位。一番深くまで入ってくるのが感じられるからっていう理由らしい。俺の下に穏やかな笑顔でいる裸の伯母の両足を俺の両腕で抱え上げ、いつも盗み見ていた大きな胸を思いっきり揉みまくる。ひたすら柔らかく大きな胸を揉み、小ぶりな乳首を指先でこね回した。柔らかくて滑らかな伯母の体の色んな場所を撫で回していく。俺が伯母の体で触ってないところは無い。俺のチンポが伯母のマンコの一番奥に届くようにと腰を振り、頭が真っ白になる快感を堪え続けた。技術的には伯母にとって俺とのセックスは物足りないんだと思う。でも俺と伯母の体の相性が凄く良いのは間違いないと思う。初めての相手だから良し悪しなんて分かるはずないのに、不思議とそれは分かった。伯母にとってもそれは同じらしく、必死に伯母の体に腰を打ち付けるだけのような俺とのセックスでも楽しんでくれていた。そしていつも俺の我慢の限界を感じ取った時、上から覆いかぶさった俺の背中に腕を廻して両手で抱きしめてくれた。その綺麗な長い足も俺のお尻に廻し、伯母のマンコの一番奥に俺の精液を出させようとするかのように強く抱き寄せてくれた。全て吐出し終わるまで、そして出し終えた後の少しの時間、俺は伯母の体に埋もれ溺れ続けた。伯母は何でも許してくれた。初めてのキスも、初めてのフェラも、初めてのセックスも全部伯母だった。唾液まみれになりながらひたすらキスし映画を一本観終わった事もある。1時間以上、俺が出さないようにチンポを舐められ、しゃぶられ続けた事もある。この時は舐められ続けて気が狂いそうになっていた限界間近の俺の上にいきなり跨ってきた。爆発しそうになっている俺のチンポにヌルヌルのマンコを押し当てると一気に腰を下ろした。一番奥まで入った瞬間の信じられないくらいの快感の中、俺のチンポからものすごい量の精液が吐き出された。この時が初めて伯母のマンコに中出しした瞬間だった。伯父に抱かれた後に俺の部屋に来てフェラしてくれた事もある。シャワーを浴びながらの後ろからのセックスで、嫌がってはいたけどお尻の穴に指を入れさせてくれた事もある。何をしても俺が一番好きだと言ってくれた。俺にとって人生で一番幸せだと思える日々だった。夏休みの終わり、俺は田舎に帰った。失恋後のような半端無い喪失感と虚脱感だった。立ち直るのに時間がかかった。それからは伯母とそれに母とも色々あったがそれはまた書く機会があれば。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/06/2018 02:17 AM
日曜に大学の公開講座に行くと二つ年上の姉瑤子がいた。姉とはここ十数年気まずい関係が続いていた。父が亡くなった後、母と同居する家を建て替えた際に、姉が異を唱えたことで、ぎくしゃくし最近は会ってもあまり話もしていなかった。車で来ていたので姉を乗せて帰る事になった。良い機会だと思い車の中で姉に改めて詫びを入れようとすると姉から話し始めた。「なんとなく帰る家が無くなっしまう様で、寂しかったの。もう気にしないで。昔みたいに話そうよ」一時間弱のドライブ中に二人っきりで話すと、お互い誤解もあったことが分かりすっかり昔の姉弟に戻っていった。私が結婚するまでは姉とは仲が良かった。次の週から姉を車で迎えに行き、講座が終わると一緒に昼食を食べ姉を送っていった。 45歳と47歳のおじさん・おばさんが大学のキャンパスを歩き、昔のヒット曲を流しながらドライブすると二人とも学生時代に戻った気がした。姉と世間話から家族の話までするうちにお互いの夫婦関係にも話が及び姉夫婦がセックスレスなのは察せられた。若いころと殆ど変わらない細い体型と派手さはないが母方の血筋の整った顔は、年相応の品があり魅力的だった。週を追うごとに、姉に女性として魅力を感じている自分に戸惑った。八回の講座の最終日に帰路につくと姉がボソッと言い出した。「楽しかった 龍一とのドライブも今日で終わりなのね。」姉も同じ気持ちかと思うと、思うぬことを口にしていた。「来週もう一回二人でどこか行こうか”特別講義”ということで」「”特別講義”いいわね。」次の週姉を同じ時間に迎えに行った。先週までブラウスにジーンズだった姉はロングスカートにニットのアンサンブルで華やいで見えた。「姉ちゃん義兄さんに何て言って出てきたの?」「”特別講義”」「龍一は?」「そりゃあ”特別講義”」秘密を共有する者同士で顔を見合わせ笑うと今までになく姉との距離が縮まった気がした。紅葉を見に山の中へ車を走らせた。展望台へ続く長い石段を登っているときに姉に手を差し出すとギュッと握ってきた。他に人がいないことを確かめて、真下に広がる田園風景を眺めている姉の後ろから腰に手をまわした。「瑤子を一人の女性として好きになった。」「ありがとう。…私はずーっと前から龍一が好きだよ」姉の言葉に戸惑っていると、姉は振り返り私の背中に手をまわし体を密着させた。「龍一が結婚してから春香さんの言いなりになってるようで悔しかったの。昔から有り得ないことだけど龍一と一つになりたいと思ってた。こんなオバさんになったけど…オバさんだから言っちゃう…今日だけでいいから抱いて欲しいと思って今日は来たの。」微笑んだ姉の眼にうっすらと光るものがあった。唇が重なると貪るように舌を絡め合った。レースの真っ白なブラとショーツの姉は、私の上に跨ると私の全身を口と手で愛撫していった。姉との初めてのセックスは受け身で姉の愛をひたすら感じ取った。私が歓喜の声を漏らす度、姉は笑みを浮かべ更に愛撫を加えていった。姉は腰を降ろし私と一つになると前に倒れ込み体を重ねた、心が解け合うような姉との一体感に包まれた。二人の動きが自然にシンクロして強烈な快感を共有する禁断の関係が始まった。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/13/2018 10:30 AM
私は今64歳で孫が二人いる男性です。8歳下の弟がいますが、一昨年この弟の末娘(姪)22歳と関係を持ちました。スレンダーで身長は高め、顔立ちは彫が深く、ま、美人(?)の方・・・・と言うより私好みの顔立ち。就活中だったのですが、弟から相談に乗ったのがきっかけです。 中々内定が貰えず焦っていたようで、私(営業部長職)の会社(上場企業)に何とかならないか・・・と弟から言って来ました。 我が社は女子社員は割と縁故採用が多い会社で、第1に身元がしっかりした娘を採用する傾向にあります。部長職同志のある槌み会で、人事部長に姪の就職の話をしたところ「◎◎部長の話じゃ断れませよ、1度会ってみましょう」となって、トントン拍子に話が進み内定を貰うことができました。内定を貰ったその夜に、伯父さんにお礼を言うように弟に言われたと言って電話をしてきました。「良かったナ、就職決定のお祝いをしよう」。次の金曜日に逢う約束をして逢うことになりました。都内の某ホテルで待ち合わせ、最上階のレストランで食事をしてワインで 乾杯をして、飲みながら仕事の厳しさを教え、姪の私生活状況の話になり二人共酔ったせいもあり下ネタになり、「伯父さんは女の人はいるの?」「お前はどうなんだ?」「私は今フリーだよ」とのこと。酔いにまかせて会話は姪の男遍歴へとなりましたが、これが職場だったら完全にセクハラの内容、伯父、姪だから聞ける。「私、初体験は遅かったんだよ・・・初体験は大学2年生の時1年先輩と、前カレはバイト先の人・・・・」。「なに?二人も経験しているのか?」「ま、どっちも短期間なんだけどね」。たとえ姪でも二人も経験してたこと姪の口から聞くと生々しく感じ、ちょっと「・・・・・」状態、弟も知らないことだろう。「男の勉強だったんだナ」「男も色々だね」生意気な口をきいている。私の乗り継ぎの終電が終わっていたこともあり、ホテルへ泊ることにして家内に携帯でいつも接待等で遅くなる時の常套手段で泊ることを連絡。「伯父さんは泊るけどお前はどうする?まだ終電があるだろ」と聞くと、「もっと話したいから一緒に泊っていい?」「××(弟の名)になんて言うんだ」「遅くなったから友達の所へ泊るって言うよ」だと。 弟も甘く育てたみたいだな。「帰らないって連絡した」とのこと。フロントへ行き、ツイン部屋を確保して下のコンビニで缶ビ-ル、缶チュ-ハイ、つまみを購入してΑ階の部屋へ行きました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/04/2018 07:26 PM
お母さんや熟女は興味の対象外でしたが結論から言えば やってしまいました。自分は かなり炉系です。さすがに 実行するのは不味いのでかなり高額でしたが炉のラブドールを買いました。値段が値段なのでリアルだけど感動するより買ったことに いつまでも後悔に近いような永遠の悩みの中に居るような気分です。ラブドールは 虚しいとか聞きますがあまりにもリアルなため 行為中は夢中になれます。ボタンの場合 ドハマりしてる感じですが高額すぎて それに対して虚しいかも。1人暮らしで そこそこ稼いでるので 少し無理した買い物でしたが お母さんにバレました。見えないよう押し入れに片付けても体型もリアルだし不自然な箱の大きさに 気になったお母さんがわざわざ押し入れの奥から出したみたいで。運悪く布団を干すために ついでに見つけたようで。ラブドールは 正直メチャメチャ気持ちいいです。ついでに リアルだし非現実的な行いを現実的に出来る錯覚に落ちます。そんなラブドールを見つかってしまってました。夕方 帰って初めてラブドールがないことに気付きまさかと思うけど 無くなってることと見つかったのかと思うことでパニックになり頭の中は真っ白。見つかった可能性は強大だけど 高額すぎる高額商品が無くなってること自体 信じられない衝撃のあとに親に性癖からラブドールの存在までバレてしまいあげく 今頃はラブドールで なにをしてるのかまで詮索されてるのかと考えただけで 消えたくなる気分でした。メモ書き程度に 本物の女の子が居ると思い驚いた。どうするべきか 考える余裕はないので 持ち帰ることにした・・みたいな内容だけ書いてあり 電話するにも なんて言えばいいかも わからず 呆然。なぜか 次の日 お母さんが来て 返してくれました。なにを聞かれても 結局は性癖に対する言い訳を言わせたい以外ないような質問のような攻撃。はっきり言って 炉のラブドールが実際 目の前にあり なにをしてるのかも 聞かなくても わかるようなことばかり言われて これは なにかの間違いですと言ってほしいのか わかりやすいくらいに これが性癖なんですと 早く認めろと言いたいのか わからないような質問ばかりで 結局 炉が好きで性癖ですと認めました。なぜか ヒステリックに怒り出され これ どうするの!と言われましたが 買ったモノは僕のだし どうするつもりもないと伝えましたが 次に変態!と言われ 人形と言えども小さい子がモデルになったようなラブドールで 性欲を満たすなんて 犯罪と同じ!みたいな内容で 罵られ 挙げ句 捨てる!となり僕は お母さん 好きな事言ってる!って怒りに。こんな奴まともじゃない!って言われてからプチって切れて どうせ そう思ってるなら思い知らせてやる!つもりで 平手打ちして押し倒し まだ その時は お母さんの怒りもピークで反撃してたけど 何回も平手打ちしてるうちにお母さんの反撃がなくなり 言葉的には謝ってきたけど ラブドールが見つかり それを わざわざ表に さらけ出し 性癖を認めさせてからの罵声に許せなくなり 謝ろうが暴れようが 今まで その事で迷惑かけてこなかったのにって思いが強いから仕返し以外ない。こんな人形で どんな性癖で なに考えてるわけ?って言われた以上の辱しめを与える以外 自分が救われない気がした。下半身だけ脱がせてローションだけでラブドールの方が絞まりがいいと思うくらい簡単に入る。上着を首の辺りで裏返しにして顔を包み込むようにして縛り 手も布テープで縛りお前が代わりになれ!ってなりグッタリなるまで暴れさせて ジックリ時間かけて[犯す]って言葉を頭に浮かべながら やった。なにこれ?ラブドール以下じゃん?偉そうに言いやがって!って思える。結構 大人しくなってるし 上着を取って顔を見てみたら 謝るばっかり。こっちは 必要なく晒されたわけだし射精するまで やめるつもりない!って。熟年のは めくれあがって 気持ち悪い。クリトリス舐めただけで 反応しやがって。腰をクネクネしながら ゆっくりゆっくり奥の奥まで腰を押し付けるように入れていくと嫌がってたくせに反応してる。乳首も痛いくらい摘まんでから優しく舐めただけで痛みから快感に変わるのか?お前だって変態じゃんかよ?クリトリスを擦るよう意識した正上位で息が止まってアワアワしたくせに。自分の息子で感じてるくせに。お母さんからすれば 信じられないくらいの長い時間セックスしたと思う。ラブドールに比べれば なにも感じないセックス。長持ちすると わかるくらい絞まりがない。奥の奥とクリトリスで感じてる? 見ていて笑う。多分 2分くらいだろけど 全力で激しく出し入れ。イヤイヤって なにがイヤなんだ?後ろからする時 自分でもクリトリスを刺激してたクセに。中で出すかも!って言っても ダメと言わなかったのは 生理がないからだけじゃないはず。射精した後 絞るように膣をピクピク動かして。ラブドールで 楽しんでる方がマシだろ。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/08/2018 05:09 AM
愛しても一緒にいられない。世の中を呪いました。私は在る男性を愛しました彼も私を愛してくれました。ですが、世間は赦してくれませんでした。今も2人して苦しんでいます現在、私は社会人としてアパレル業界で頑張っています。彼は現役大学生(2歳下)出会いは、私がまだ学生時代に元彼の浮気で言い訳する元彼に別れを告げたのですが、何度も復縁を持ち出して来ました。私自身は完全に冷めていて無理でした。友人達も気晴らしにと、強引にクラブに連れ出されました。顔馴染みの男性やそれ以外からも、話し掛けられ私達のテーブルに様々なカクテルやボトルが並んでいました。元彼の行動等でストレスがありかなり飲んでいました。気付けば、自分のリミットを超えていたようで、フワフワした状態。友人達に、先に帰ると告げ店を出ようとすると数人の男性から誘われましたが、邪魔でしか在りません。店を出ても、絡んでくる男性が居て振り切りましたが腕を槌んで来ました。その時、彼が助けてくれました「彼女 嫌がっているでしょ」幾つかのやりとりで、バカ男は離れて行きました。私は、御礼を言ってタクシーに乗りました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/23/2018 08:53 PM
はじめまして。僕の場合 お酒の力を借りることになりました。普通にするより お酒を飲むと 結構落ち着く気もします。熟女さんと付き合ってますが それが 母親に知れてしまい お酒を飲みながらの口論になりました。ムカつくから 話し半分で寝ることに。以前から 母親と近い年代の彼女の存在が気に入らないらしく 帰る度に口ゲンカになりました。母親も飲む方なんでリビングで寝たりします。夜中 フラフラしながら押さえ込みました。寝ぼけてるフリや酔って ワケわかんないフリは正直無理だと思いながらも 誰でもいいって感じだけ意識的に思うようにして 押さえ込みました。僕は すでに真っ裸になり 母親のトレーナーをめくり上げて スエットも ずり下げて僕の裸の体温を感じさせるつもりで夢中で舐めまくりました。母親は 酔いつぶれるくらい飲んでたと思う。さすがに 気づいたけど 聞こえないフリしてテーブルにあった サランラップで手を後ろ手に巻き上げて 胸を張らすように クッションを挟んで。垂れたオッパイが左右に割れてるのが興奮します。69の姿勢になり わざと顔にチンチンを当てるだけでメチャメチャ興奮しました。母親的には酔ってるから こんなことになってると思いたいらしく 必死に起こそうとしてるけどうつ伏せにして 母親の背中に乗り クリを刺激しながらの 指攻めは感じてたはず。悲鳴が刺激する度に大きな声になったり。必死に抵抗してる母親には 超スローに責めてみました。挿入しても しばらく動かず。膣がヒクヒクするまで 十分 ゆっくり。すごく気持ちいい。セコセコガサガサ動くと 抵抗されて疲れます。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/29/2018 10:01 AM
一人暮らしを始めた。何かとやってくるお袋は、掃除やら飯やら家事をしては帰る。マザコンではないと思っていた。毎日、自慰をしていた俺にとってお袋が来るのは面倒でもあった。泊っていくが何もできないし。ある夜に、いつものように家事にきて、晩飯も終わると酒を飲んだ。ほろ酔い加減がおかしくさせたのか?スカートから伸びる足が気になった。お袋は何も気づいていない。そのまま寝ることにして、隣の布団で寝るお袋が聞いてきた。「彼女いないの?」「いねーよ」「そっか…そのうち出来るわよ」お袋は俺の横にある水を飲もうと、寝転ぶ俺の上を通過してコップを取って飲んだ。その時こぼれた水が顔にかかった。「あっ、ごめん!」溜まった欲望のスイッチが入り、そりままお袋を抱き寄せた。「えっ?どーしたの?」驚く。パジャマの上から胸に顔を埋めた。「だめ!やめなさい!ちょっと」抵抗する。引きちぎり、白く垂れた胸に吸い付く「いやぁ!やめてぇ!」そのまま押し倒し、口を手で塞ぐ。「んんん!」我を忘れた。愛撫をしまくった。下に手を入れるとまた抵抗した。構わず中に入れた。ジットリと愛液が伝わった。「感じてんじゃん」「ばかなこと言わないで!いい加減に…あっ!」中に指が入った時、お袋の力が抜けたようだ。かき回した。「あっあっあっ!やだ!ゆうき!やめ・・・」そして、強引になかに入れようとした。「だめぇ!それだけはだめ!親子でしょ?」力いっぱい中に入れた。「あああっ!」レイプのように何度も腰を振った。最初は泣いていたお袋も感じ始めた。「あっあっ…ん! いい…あっあっ」キスもした。俺の頭に手をまわした。完全に許したと思い、そこからバックで突いた。「あっあっすごい!…ゆーき!あっあっ」子宮が壊れるぐらい力を込めて突いた。「やだ!いっちゃう!いくいく!」「出すぞ」たぶんお袋が一瞬早くイッた。俺はお袋の顔を向かせて、顔から口・髪の毛まで精子をかけまくった。強引に掃除フェラもさせた。「ん…ん」終わって激しい後悔が襲った。「ごめん…」お袋は親としての立場なのか、怒らなかった。「どうしてなの?」「分かんない…」「こんなことして…どうするのよ?」「ごめん」それしか言えない俺を抱きしめた。「でも…気持ち良かった…」「…うん」すれが嘘でも救われた。やっぱり母親なんだと思った。「ここに来る楽しみが増えたかもね」「えっ?」「でも、あんな強引なのはダメ!女の子に嫌われるからね。ちゃんと教えてあげるから」「…あっ、うん」「はぁ…なんか帰りたくなくなっちゃった…」「…じゃあ、帰らなきゃいい」子供のぐずりのようだ。「ふふっ…そうね、あと一泊伸ばそうか?」次の日は朝からハメまくった。お袋は息子の精子を美味そうに飲む。「いつも飲んでるのか?」「ばかね、そんなこと気にしてるの?ゆーきだけよ」「また来月くるからね。今度は二泊で来るから…今日の下着置いていくからしばらくそれで我慢するのよ」やっぱり親なんだな…

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/09/2018 08:59 AM
土曜日に母を抱きました。私はバツイチの50才サラリーマンです。母は72歳で、父亡き後は実家で独り暮らしです。私は30代で結婚しましたが、10年前に離婚し、それから独身です。独り暮らしをしていた私を、母が心配し、再三再婚を勧めていましたが、中々縁が無く、現在に至っておりました。久しぶりに、母の料理が食べたくなり、実家に帰省しました。母の料理や酒を堪能しながら、二人で飲む宴は楽しい時間でした。二人とも、ほろ酔い気分になってきたので、布団を並べて敷きました。母が風呂にいき、交代で私が風呂にいき、部屋に戻ったら母は寝てました。並んで寝ようとしたら、目が覚めたみたいで再婚の話をし出しました。私「母さん!もうその話は止めてくれよ!もう年が年なんだから!」母「まだ50だろ!いつまでも引きずってないで、再婚したら?」私「引きずってないよ!もう、あれから10年経つのに!」母「長いねえ!良い人居ないの?」私「居ないよ!居りゃ結婚してるって!」母「そうなんだ!じゃ性欲の処理は?ソープ?」私「そんな金無いよ!養育費払ってるんだから!」母「ふーん!ま、自業自得だもんね!」私「変な事言うなよ!俺たちは協議離婚だって言ってるだろ!」母「判った判った!でも性欲はあるだろう?」私「そりゃぁ、有るよ・・・」母「じゃあ!どうしてるの?丸めた布団に腰振ってるとか?」私「息子相手に冷やかすなよ!」母「あはは、ゴメンゴメン!どうしてるのかなあっと思ったから!」私「独りでしてるよ!!母さんだって、してるだろ?オ・ナ・ニー!」母「まあ!いやね~親子の会話じゃないね!あはは。してたよ!」私「えっ!母さんしてたの?勢いで言ったのに!してたんだ!ふ~ん」母「そりゃぁ、父さんが死んで、しばらくして寂しかった時にね!」私「ふ~ん知らなかった!でもそうだよね!皆、性欲って有るもんね!」母「そうよ!けど、もうしてないけどね!あはは」私「母さんが、変な話ばかりするから、人肌が恋しくなったじゃないか!」母「布団を丸めてやろうか?あはは!」私「もう!!布団じゃなく、母さんが良い!」母「ははは、私を?もう冗談言って!」私「ホント!何もしないから!横で寝て良い?」母「赤ちゃんに戻ったの?」私は返事もせず、母の布団に潜り込みました。母はニコニコしてて母「どうしたの?今日は変!寂しさが増えた?」と背中を撫でてくました。私は、撫でてくれてる母の手を掴み、私のペニスに導きました。母「えっ何?」と言ってる母の手で握らせ、被せる様に私の掌で包みました。母「硬く熱いね!父さんのを思い出しちゃう!あはは」私「母さん!そのまま握ってて!おっぱい揉んで良い?」母「良いよ!」とネグリジェの前を開けてくれました。私「年の割には張りが有って、乳首も綺麗だね!」母「な~に親にゴマ擦ってんの!でも有難う嬉しいわ!」私は、母の乳房を優しく揉んだり、乳首を弄ったりしていました。母「そんな事されてると、変に感じちゃうじゃない!」私は、そう言われ、唇で乳首を吸ったり舐めたりしてみました。母「もう~!」と言いながらも嫌がる素振りを見せませんでした。母は私のペニスを擦っていましたが、やさしく扱き出しました。私「母さん!気持良い~!久しぶりの快感!」母「そう!父さんもね!よく握らせてたの!」へ私は母のネグリジェの前ボタンを全部外しながら、仰向けにしました。私は、手を母の胸から腹と段々下げていき、パンティの上から撫でました。乳首を吸いながら、クロっチ部分を擦ってると母が悶え出しました。思い切って、パンティの中に手を入れ、クリトリスを擦り出しました。喘ぎ声を出し、悶えていたので、私は布団を剥ぎ、身を起こしました。パンティを脱がしても抵抗されなかったので、マンコにシャブリつきました。母のマンコは、年齢を思わせないくらい、ジュックリ濡れていました。クリトリスを集中して舐めながら、膣に指を入れたり出したりしてました。母が悶えながら「あ~もうイキそう!中を掻き回して!あ~そう!」母は私のペニスを強く握っていて痛いくらいでした。母「あ!あ!あ~!イクイク!イ~!ク~!」と身体を突っ張りガクッ、ガクッと痙攣してイッたみたいでした。そこで私は、母に覆い被さりペニスを挿入し、腰を振りました。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/22/2018 08:46 AM
今は、母屋に祖父(71)、祖母(70)の二人住まいで、同じ敷地に、父(45)、母(44)、姉(20)、俺(18)、妹(16)の五人暮らしです。俺は小さい頃から、いつも姉や妹に追いやられ、母屋に逃げて、そのまま寝泊まりしたりしていました。俺が小学6年のある日、姉と妹が習い事しているサークルの団体一泊旅行があり、父母姉妹の四人で参加しました。いつも爺ちゃん婆ちゃんと一緒に食事をしたり、風呂入ったりしていたので、どうぞどうぞでした。その日も母屋で晩飯後、皆で寛いでいました。そろそろ風呂でも入ろうかと言われ、いつもの様に三人で入りました。爺ちゃんと婆ちゃんは、若い時から寝るのも一緒、風呂も一緒の生活でしたから、俺もその生活に慣れていました。風呂では、爺ちゃん婆ちゃん、お互いの身体を洗い合っていて、その中に俺も混じっていました。皆で、お互いに身体の隅々まで洗います。男女関係なく、チンチンから尻の穴まで素手で洗います。この時に、爺ちゃんは還暦で60才、婆ちゃんが59才でしたが、二人とも若々しい身体でした。婆ちゃんが俺のチンチンを洗っている時に陰毛がうっすら生えてきたと騒ぎ、爺ちゃんにシゲシゲと見られました。爺ちゃんがチンチンを弄ってきたら、気持良くなって勃起してしまい、ゆっくり皮を剥かれ扱かれました。横で婆ちゃんが見ていて、「一人前のチンチンになったねえ!で!もう精液は出るの?」と聞いて来ました。「何の事かわからん!」って言うと、洗い流してくれながら「子供作る時の種の事!」と言いました。洗い終わり、湯船に皆で入ったら、婆ちゃんが湯船の淵に座り、自分の毛むくじゃらオマンコを指さしました。「ここに爺ちゃんのチンチンを入れて、あんたの父ちゃんが出来たの!」とニコッとしながら見せつけました。そしたら爺ちゃんが「婆さんに入れて見せるから、婆さん!シャブってくれ!」と催促し、湯船の淵に座りました。婆ちゃんは湯船に浸かり、俺の目の前で、爺のチンチンを咥え、シャブり出しました。爺ちゃんのチンチンがムクムクと勃ちだしデッカクなりました。婆ちゃんは咥えてるのを止め、手で扱き始めました。爺ちゃんが「入れるぞ!」というと、婆ちゃんは湯船の淵に手をつき、ワンワンスタイルになりました。爺ちゃんはチンチンに手で握り、婆ちゃんのオマンコを広げて、ゆっくり挿れていきました。爺ちゃんが腰を振り出すと狭い湯船の湯がパシャンパシャンと波打つので、俺は堪らず、湯船を出て見ていました。しばらくしたら、爺ちゃんが「あ~イキそう!」とオマンコからチンチンを抜き、俺の方を向いて扱きました。爺ちゃんは「うっ!」と言いながら、扱きを速くしてたら、爺ちゃんのチンチンの先から白い精液が飛んできました。残りもポタポタと床に落ちたので、俺が見てると婆ちゃんが「それが子種よ!」と教えてくれました。それからオナニーを覚え、いつだったかは忘れましたが、精通があり、爺ちゃん婆ちゃんに報告にいきました。その日、三人一緒に風呂に入り、爺ちゃんの目の前で、婆ちゃんが俺のチンチンを咥えてくれて、口内射精しました。爺ちゃんは喜んで「もう一人前だな!大人の仲間入りしたな!」と俺のチンチンを擦ってきました。それからは、母屋での生活が多くなり、寝る時も一緒になりました。年取っても爺ちゃん婆ちゃん元気です。寝床では、婆ちゃんを仰向けで寝かせて、爺ちゃんが上から四つん這いで被さりフェラさせている時に俺が婆ちゃんのオマンコを舐めていたり、といろいろ楽しんでいます。家族には、三人での事は知られていません。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/22/2018 05:34 AM
どーも、書き込み初心者なんで読み難かったら勘弁ね。俺は物心ついた時から姉さんの事を異性として好きだった。過剰なスキンシップしてたけど、姉さんも特に嫌がる事は無かったし、むしろ可愛がってくれた。思春期の頃に、夜中にトイレで目が覚めて部屋から出たら、両親の寝室から悩ましげな声がしてたんだ。こっそり近付いて聞き耳立てたら、「兄さん…」て声聞こえて来たんだ。声の主は母さんだった。そっとドアを開けて覗いたら、父さんと母さんがセックスしてた。両親は本当の兄妹だったみたい。それで俺が姉さんに恋心を抱く事に納得した。両親の血をしっかり受け継いでたって訳だ。ショックにはショックだったけど、ある意味踏ん切りがついた。って事で、俺は小便を済ませてから姉さんの部屋に夜這いをかけに行った。起こさないように細心の注意を払って、パジャマを脱がせる事に成功。クンニしてる時に姉さんが起きちゃって、これは失敗したなって思ったよ。でも、姉さんは騒ぐわけでもなく、微笑みを浮かべてくれたんだ。もしかして?って思って訊いてみた。やっぱり姉さんも両親が兄妹だって知ってた。しかも、俺が姉さんに恋心を抱いてることも分かってた。その上で俺の事を拒否せずに受け入れてくれた。コソコソする必要が無くなったから、そこからは堂々と姉さんの身体を楽しんだ。姉さんもなかり奉仕してくれた。そして遂に、俺と姉さんは繋がったんだ。ゴムなんて無いよ?思い付きで夜這いしたからね。生でズップリさ。余りにも気持ち良くて、奥まで入れた瞬間に射精しちゃったよ。でも全然萎える気配が無いから、そのまま二回戦目に突入した。今度は少しだけ長く我慢できたけど、それでも数分で果てた。流石に腰がガクガクになったからチンコ抜いたんだ。そしたら姉さんがチンコ咥えて、更に肛門に指入れられた。前立腺を刺激されてチンコが復活。今度は姉さんが俺の上に乗って腰を下ろしてくれた。だけど、入ったのはマンコじゃなくアナルだった。どうやら姉さんはアナル好きらしくて、すんなりチンコを飲み込んでしまったよ。絶妙な締め付けと腰使いで、またまた瞬殺。アナルにも中出ししちゃった。翌朝、朝食の時に姉さんが両親に対して昨夜の事を報告。いきなりだったからビックリしたけど、両親は大喜びしてた。「やっぱり自分たちの子だ!」なんて言ってた。しかも、「今夜はお互いのパートナーを交換して楽しもう」なんて言う始末。俺と姉さんは「喜んで!」と奇麗にハモった。姉さんで童貞を捨てた翌日に母さんとセックス出来るとは思わなかった。かなり使い込まれたマンコは、姉さんと違った気持ち良さだった。もちろん、この日もゴム無しで中出しでした。今では家族みんなで仲良くセックスライフを送ってます。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




11/05/2018 09:43 PM
13歳の秋に、私はお父さんと結ばれました。お互いの寂しさと、ぽっかりと空いた心の穴を埋めるかの様に…私もお父さんの全てを受け入れる覚悟もしていたし、私も望んでいたのかも知れませんでしたから、後悔はしていません。痛みも感じました。それよりもお父さんの私に対しての愛を感じました。結果的にはお母さんを裏切った結果になっていましたが。お母さんも天国で許してくれてたら良いんだけど。

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/17/2018 05:25 PM
まだ小学3年の頃俺は小6の姉貴に誘われて2人で祖父が隠し持っていたエロ本を読んでいたその頃まだエッチなこともよく分かっていなかったが、いつの間にか勃起してたらしいその後2人で風呂に入った時大きくなっている俺のソレを見て姉貴は興味津々になって触ってきたそして「ねぇ気持ちいいことしてみよっか?」と言ってきた俺は姉貴にされるがまま上に跨られてそのまままんこに挿入したそれがお互いの初めてだった姉貴は痛がっていたし俺もあまり気持ちよくなかったが、奥までズプリと入った時は暖かくて何故か気持ちよかった2人で見様見真似で揺れていたら急にちんこがピクピクして腰が抜けた今思えば初めてのオーガズムだったそれから姉貴の尻や股にちんこを擦りつけるのに半年ぐらいハマってしまったいつの間にか忘れていた頃に姉貴も中学生になっていたある晩姉貴の部屋から喘ぎ声が聞こえて、その頃既に性の知識も豊富になりオナニーもしていた俺は部屋の扉を少し開け覗き見していたすると姉貴もオナニーしていたのだ俺もそれを見ながら必死にちんこを擦ってその場で3回果てたのを覚えているこの前大学生になった俺が久々に里帰りしていた時姉貴も実家に帰ってきた、既に姉貴は結婚していたがある晩俺のベッドに潜り込んできてちんこを触ってきた「ねぇ、手でさせて?」と言われたので承諾したらあまりに気持ちよくて俺は理性を飛ばして姉貴を襲った今までのセックスで一番背徳的で気持ちよかった

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる




10/19/2018 01:19 PM
俺のかあちゃんは俺を18歳で生んだだからばあちゃんも若かった俺が通ってた高校はばあちゃん達の家のほうが近かったから3年間ばあちゃん達の家から通ったばあちゃん55、じいちゃんも55ばあちゃんの家に暮らし始めて2年たった時じいちゃんは2年間だけ単身赴任したばあちゃんと俺と二人の生活俺の名前はりょうある晩、暑くて寝付けなかった、パンツいっちょで寝てしまったまたのところが違和感感じて起きた俺(ばあちゃん)祖母(りょう起こした)俺(なにやってるだよ)祖母(ばあちゃんねりょうの様子みにきたらパンツ一枚で寝てて、りょうのこれ立ってて我慢できなかった)fばあちゃんとじいちゃんは年にしては3日に一回はセックスしてた俺(ばあちゃん寝ぼけてるのか、俺りょうだよ、じいちゃんじゃないよ)祖母(りょうでしょう)俺(わかってるならやめてよ)祖母(いいしょと言ってしゃぶってきた)俺は初めての経験だった俺(ばあちゃんきもちいい)祖母(りょうは経験あるの)俺(ないよ)祖母(一人ではあるよね、いつも除いてるもんね)ドキッとした、毎回のぞいてはおかずにして一人でしてた俺(一人ではある)祖母(やっぱりね、じゃあばあちゃん教えてあげるから)と激しくしゃぶりだした俺(ばあーきもちいい、すげえー)ばあちゃんは無言のまま玉袋舐めたりしてきた俺(ばあーもうでるよ)と言ったら一層激しくしゃぶってきた俺(あーでるー)ばあちゃんの口に出してとまったばあちゃんは飲み込んだ祖母(りょうは若いね、じいちゃんより量多いし濃いし美味しいは)俺(ばあちゃんすげな)祖母(ばあちゃん昔からフェラは得意だったからね)と言ってまたしゃぶってきた俺の息子は痛いくらいピンピンだった祖母(りょう、ばあちゃんも舐めて)と言って桶のほうに尻むけてきた俺はどうしたらいいのか困ってたらばあちゃん一度自分の部屋に戻ってDVDとデッキ持ってきて俺の部屋にふるテレビにつんげて再生押したそると裏DVDだった俺(ばあちゃんこれ凄いね)祖母(じいちゃんが隠し持ってたの昨日見つけた)俺は夢中になってみてた祖母(りょうみてないで舐めてよ)俺(うん)舐め始めたばあちゃんのまんこ少しおしっこ臭かったけど舐めた祖母(りょううまいね、きもちいいもっと激しくだよ)俺はな夢中になってまんこ舐めた祖母(あーあーあーあーいいいいよ、ばあちゃんいっちゃうよ)俺はDVDの真似してまんこに指入れた祖母(ああーあーあーりょうの指入ってきた)夢中で指出し入れした祖母(あーあーあーいくー)ばあちゃんはいってしまった俺(ばあちゃん大丈夫)祖母(大丈夫じゃないよ、りょう激しくするから死ぬかと思った)ばあちゃんは、俺の上にのっかてまんこに息子入れてきた祖母(あーあーりょうのすごく硬くて感じるはと上下に腰振りだした)そしたらばあちゃんはすぐにいった俺(ばあちゃん凄いな)祖母(だった固くて気持ちいいんだもん、りょうお願いあるの)俺(何)祖母(ばあちゃんじゃなくて二人だけの時はけいこって呼んで)俺(けいこわかったよ)祖母(りょうちゃん嬉しい)その時からけいこはおれのことりょうちゃんって呼ぶようになったけいこはまた上下に腰振ってきたけいこ(りょうちゃんDVDみたいに下から突っついて)俺(わかった)俺はしたから突っつき始めたけいこ(もっと激しくして)腰がおかしくなるじゃないかと思うくらい激しく突っついたけいこはまたいってしまったけいこ(りょうちゃん覚えるの早いね)俺(DVDのおかげだよ)二人して笑った正常位になって俺(けいこでるよー)けいこ(もう生理こなくなったから中に思いっきりだして)俺(いいの)けいこ(うん出してー)俺は激しく動いてけいこの中に思いっきりだしたけいこ(若いっていいね、りょうちゃんチンチンまだまんこの中でピクピク動いてるよ)俺(すげぇ気持ちよかった)一度漫湖から抜いたら恵子は口で綺麗にしてくれた俺(けいこすごいな、じいちゃんにもしてるの)けいこ(じいちゃんのことは聞かないでよ)笑った、次の日は学校だったからそのまま裸で二人で寝た朝起きて下に降りていったけいこは朝の支度してた俺(おはよう)けいこ(りょうちゃんおはよう)と近づいてきてキスしてきたけいこ(早く食べないと遅刻だよ)というから時計みたら7時過ぎてた俺は慌てて着替えてパン一枚と牛乳だけ飲んで学校に出掛けた家出るときけいこ(りょうちゃん昨日のことは誰にも言ったらダメだよ)俺(けいことエッチしたなんて恥ずかしくて言えないよ)けいこ(笑っていってらしゃいとキスしてきた)その日は部活はほかの部活が体育館一面使いたいとのことで休みになった夕方帰ってきたらお袋がきてた俺(ただいま)けいこ、お袋(お帰り)俺(母ちゃんどうしたの珍しいね)お袋(お前の様子みにきたんだよ、今月分の小遣いまだ渡してなかったし)俺(そうかい)お袋は小遣いいつもよの少し多めにくれた俺(センキュー)夕飯はお袋が俺の好きなチーズハンバーグ作ってくれて一緒に食べて帰ったけいこ(やっとりょうちゃんと二人になれたね)俺(うん)その日からけいこと一緒に風呂入ってけいこの寝室で寝るようになったそれもけいこはダブル布団買ってきてた俺(ダブルじゃん)けいこ(いいしょ)笑ってしまったそれから毎日けいことセックスしてすべて中だし大学もけいこの家から通ったけいこが65で天国に旅立つまで続いたじいちゃんは、脳梗塞発症してずっと入院してたそのじいちゃんもけいこが天国に旅立って1か月もしないで死んだけいこが倒れる直前までセックスしてた3回も終わってけいこは水飲んでくると言ってフラフラしながら台所まで行って倒れたけいこは意識が戻らないまま1週間後旅立った消防や警察もきて取り調べみたいの受けたけいこは自分で分かってたのか水飲む前軽くシャワー浴びたのか身体中濡れてたから、簡単に説明できた警察も事件性がないと判断して病院では心筋梗塞と診断されたけいこはフラフラしながらも俺に迷惑かけられなって我慢してシャワー浴びたのかなけいこありがとう、今もけいこのこと愛してるよと月命日には必ず納骨堂にお参りに行って言ってる

母と息子・父と娘・兄と妹など様々な近親相姦動画を見てみる











こちらの告白は近親相姦・禁断の世界よりのRSSを取得表示しています
過去の告白・投稿などは上記リンクよりお進みください


Copyright C 2008 エロの宝庫!アダルトス ALLRIGHT RESERVED .