人妻との★H★体験告白
*強姦・痴漢・窃盗・露出・淫行・売春等は犯罪になります。全て妄想告白です。真似をすると罰せられる可能性があります。


02/22/2018 01:53 PM
2度目のデートは夜のドライブに誘った。 河川敷の運動公園に車を走らせた。 幸い、他に車は停まっていない。 「先日の写真、見てみます?綺麗に撮れてますよ」 モノクロに加工した写真は我ながらアートっぽい。 中でも、ベッドでシーツを纏ったショットには彼女も 「自分じゃないみたい、あの時って何か違う所で 夢を見ていたみたいなの、、」 静かなJAZZのCDをかけて、タバコに火を付ける。 「私も一口いいかしら?」 「これでいいかな?」 僕の吸っていたタバコを渡すと、深く吸い込み くちびるを尖らせながら吐き出した。 しきりに動揺した気持ちを落ち着かせようとしているのが 手に取るように分かる。 「解りやすいですね、のりこさんは」 「私、今、とっても抱かれたい。写真撮られた日に、 どれだけ我慢したか、想像出来る?」 のりこの指からタバコを取り 唇に軽くキスをする、2、3度触れると、のりこの方から 舌を入れて来た。 シートを倒し、ディープなキスを交わし始めると 「我慢出来ない、、我慢出来ない、触って、」 僕の手を股間に導く。クロッチの上からも濡れているのが分かる。 少し虐めてみたくなり 「ねぇ、自分でやってごらんよ、見せてよ、どこを愛撫すればいいか人によって違うから、オナニーを見て観察するのが一番なんだ」 「もう、何処でも感じてる~」 と言う間に、のりこはスカートを捲りショーツの上から手を入れて自慰を始めた。 「恥ずかしいけど、興奮する、、私って淫乱? 私ってドスケベ?あゝ指じゃないのを入れて欲しくなっちゃう、 僕の股間は痛いほど怒張して、ズボンのファスナーさえも突き破りそうだ。 「頂戴、あなたの」 すでにファスナーを下げトランクス越しの亀頭の先に 触れると 「あなたもしっかり濡れてる、、」 僕のトランクスを膝まで下げると、のりこは自らショーツを脱いだ 「運転席倒して!目を閉じてて、、」 のりこが僕に跨って来て、僕のモノに手を添えるまでもなく しっかりと濡れた秘密の唇に飲み込まれていった。 「今までに、こんな事したことなかったのに、 上は好きじゃなかったのに」 窓をしっかり閉めておかなければ通報されそうな絶叫でのりこは逝った。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/22/2018 12:34 PM
連絡先をゲットした翌日の午後、僕の目の前には 夜とは違って薄化粧のワンピースの彼女がいた。 「名前って伺ってませんでしたね、本名。 店では、みっちゃん、と呼ばれてますけど、ミチヨさんとか? 「本当はのりこ、一応、人妻なので、、」 「旦那さんとはうまくいってないんですか?」 「野暮なこと聞かないの、、上手くいってたら 夜のバイトするわけないでしょ」 お金に困っているわけでは無いのだが旦那が浮気を 重ねて、子供の為にも離婚は出来ない、ストレス解消 にバイトしているらしい。驚いた事に 年齢は30後半に見えたが、50超えているらしい。 僕より年上。 「実は最近デジカメ買ったんです、レオタード姿、 モデルになって下さい。」 「えっ?レオタードは持って来てないわよ」 「じゃ、軽く、予備的なものでも、、」 ワンピース越しにも、のりこのスレンダーなラインは想像出来る 自分のスタイルにはそこそこ自信があるのだろう。 ホテルへの移動の車の中では、先程より口数が多い。 緊張しているのだろう。 高層階のラブホの最上階の部屋に入ると、僕はカーテンを全開に。 「自然光の中の女性が1番美しい」 なんて適当な事をいいながら、スナップを撮り始めると、 のりこも徐々にポーズを取り始める。 「今度は、下着姿いいかな?」 「スポーツブラなの、、」 「いいじゃない、アスリートっぽい」 のりこの下着は迷彩柄のブラにショーツ 胸はB、お尻は小さく、腹筋が軽く割れている。 「女性自衛官みたいだね 笑」 ベッドの上で、シーツを身体に巻いて何枚が撮った 「下着の色が透けて見えるんです、下着取ってもらっていいかな」 背を向けてブラを外すのりこ。 思わず後ろから抱きしめて首筋にキスをする。 「モデルって事だの筈じゃ、、、」 「素敵だ、、のりこさん、、」 「久しぶりなの、、首筋弱いの、、我慢出来なくなっちゃう、、 どうしよう、、あぁどうしよう、、」 「いっぱいいる彼氏の1人に加えてもらえます?」 「いるわけないじゃない、、あっ、だ、め、」 ショーツの上から手を入れていくとヘアーがチョットしか生えていない。 「ほぼパイパンだね」 「レオタード着るから剃っているの、元々は毛深いの私」 「今日はここまでね、、私も我慢するから、もう少し覚悟決めてからしたいの、」 のりこは軽くキスをするとベッドを降り身支度を始めた。 着替え写真を撮りながら 「今度は、もっといいのを撮らせてね」 「望むところよ」 こんな清楚ぶったのりこも、変貌していく。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/22/2018 12:36 AM
もう10年程前、あるスナックから代行車で帰宅する女性がいた。 ある晩、彼女の髪型が今までのセミロングからショートに変わった。薄暗い助手席で見える横顔は本当に若く見えた。 「ショートカット、お似合いですよ」 「週に一度エアロビクス始めたから短くしたの」 「あの、レオタード着て動く、アレですか?見学に行きたいですよー。スタイル良いのに、これ以上素敵になると彼氏ヤキモチ焼きますよ。エアロビクスが週に一度だから、残りの6日は6人の彼氏がお相手ですか?」 「そこまでは居ないわ」 「僕、彼氏じゃなくていいから、ファンクラブ作っていいですか?会員1人、僕、会長」 プッと吹き出す彼女、 「ちょっと嬉しいかも、、」 「では、お近づきの印で連絡先頂けませんか?」 「良いわよ」 その後彼女は鍛えた腹筋で僕の上で、正しく、裸のロデオを繰り広げる事になる

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/21/2018 11:44 PM
出入りしている会社の事務員で自分とは20歳離れている年下の女。見た目はショ―トヘア―メガネの真面目そうな清楚な地味な感じ肌は真っ白で程よく肉付きが良くて胸も揉みほぐせる程の乳に尻の形も良くやわらかそうな体つき。とにかくヤりたい!何とかして口説いて半年目に食事に誘う事が出来ました。ほぼ強引にラブホテルに誘い。部屋に入った瞬間に貪り尽くしました。見た目は坊主頭の毛深いオヤジですがチンポには自信がありこけし位のカリを持っています。太さもかなりあります。女はそんなのを見るのが初めてだと言いながら興味を示したのでしゃぶらせたら、見た目とは全く違うヨダレをたらしながらしゃぶり、そのまま生で挿入したら悲鳴のような声を上げていきまくりました。聞いた所旦那とは一年以上何もありませんと上品に話す女に興奮してその夜は五発。当分放せない女になりました。旦那さんもほっとくから悪いんですよ。女は本当に見た目とは違いますね。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/22/2018 03:17 PM
早朝にいつもながら仲良くウォーキングをしてる夫妻と知り合って3ヶ月が過ぎようとしたこの頃、週末にもかかわらず遅くまで仕事をしてた私がコンビニで買い物してたら「こんばんは!…」って憂妃さん(奥様)から声かけられ話し交わしました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/21/2018 07:34 AM
清子は33歳。人妻で母で5歳の子持ち。塾に子供を 通わせ、週3日弁当屋のパートで働く、土日は風俗嬢 している。付き合って6年、彼女と那須塩原温泉に行く。 清子の中に何本のち〇ぽが入ったのかと考える。旦那と 別れたい、私の恋人じゃ嫌という。売春婦を嫁には 出来ないよなー。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/20/2018 06:03 PM
2コ先輩事務員の由希子さんが 29歳で結婚の為 退社すると辞表を出してました。 天然な由希子さん 御局様になると思ってたので ちょっと意外でした。 同僚3人と由希子さんを飲みに誘い、成り初めなど聞いて盛る上がって 二軒目に移動と外に出ると 同僚2人 「俺達は この辺で(笑)」 と タクシーを拾って行ってしまいました。 一緒に行った同僚2人(男女)は いつの間にか出来てたようです。 「あら? あの2人 付き合ってるって 本当だったのね!(笑)」 由希子さんは知ってたようですが 俺は全く知りませんでした。 「マジかよ あいつらまで 俺だけ1人かよ」 「松くん 腐らない腐らない(笑) 松くんも早く好い人見つけなさい、ほら次いくよ(笑)」 焼けくそで 「由希子さん 独身最後なんだから 俺達も良い事しに行かない?」 「独身最後 か‥」 「結婚したら こんなに羽根を伸ばせなく成るんだよ」 「う~~ん‥ 独身最後よね‥」 「そう 今なら 独身時代の事!(笑)」 「そうね 独身時代よね(笑)」 と 流石に天然の由希子さん あっさり話しが纏まり ラブホに連れ込む事が出来ました。 先にシャワーを浴び バスタオルを巻いた由希子さんは 少し太目! 俺もシャワーを浴びタオルを腰に巻き ソファーに座り ビールを飲んでる由希子さんの脇に座り 「残り少ない 由希子さんの独身に乾杯だね!(笑)」 と ソファーでイチャイチャ 巻いてたタオルを取ると メチャクチャグラマーな由希子さん! キスしたり巨乳を乳繰ってると チンポはビンビンに勃起し 由希子さんをベットへ。 感じ方が弱い由希子さんでしたが マンホジクンニで1度逝きました。 「由希子さん 今度は 俺の シャブってくれない?‥」 と 腰に巻いてたタオルを取ると由希子さん 目をパチクリさせ 「ちょっと松くん 何よこれ‥」 「何って 何?‥」 「だって‥凄い大きいし‥」 大き目では有りますが 17㎝程度で 結婚する彼のと比べてだそうです。 話しを聞くと SEXは結婚する彼と初めてで 当然 男は彼1人しか知らず 2本目が俺でした。 由希子さんのマンコは 女子高生の処女マンコのように キツキツでした。 俺の技量いっぱいで逝かせると同時に 目一杯射精! 抜くと ドロドロ流れ出る精液に 「えっ?‥松くん ゴムしなかったの?‥」 生も中出しも初めてだった由希子さんでした。 1度中出ししたからと 朝まで。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/21/2018 06:23 AM
俺29才独身サラリーマン。 人妻セフレ加那38才旦那さんに小学生の子二人有りの人妻さん。 加那と遊ぶようになって一年半ほどです。 一ヶ月ほど前の週末のことでした。 ちょうど仕事を終えて、帰ろうとしたときに加那からのLINE。 「今から駅前の白木屋に来い」 来い?命令かよ、週末の夕刻なのに、家族とか大丈夫なのかよと思い、電話しました。 周りがめっちゃうるさくて、加那の声が聞き取りにくい、しかも加那は酔っぱらっている感ありあり。 「友達との新年会だから~」 と言うので、暇だし行ってみました。 言われた個室に顔を出すと、加那はジョッキをグイグイ飲みながら俺を見ました。 「お?来た来た、なおちゃん!私の彼氏で~す」 30代から40代前半くらいと思われる女性軍、7人の集まりでした。 「うぉ~!わけ~!」 「いい彼氏いるじゃん!」 「私の彼氏、負けてる~!」 などなど、酔っぱらい人妻軍団は盛り上がりました。 そこからは質問攻めです。 「加那っておっぱいでかいでしょ?どんな感じ?」 「おまんちょの締まりはどう?」 「エッチ最中の加那はどんな声?」 はっきり言います。 中年オヤジよりひどい内容です。 むっちゃくちゃストレートなんです。 「加那のケツ穴にもぶち込んだの?」 とか。 加那は加那で。 「おい!なにそんなこと聞いてるんだ」 「こらなお!真面目にそんなことに答えるんじゃない」 俺を呼び出しておきながら、酔っぱらいながら慌ててる様子の加那がおかしくて、俺は質問にズバズバ答えました。 「確かにおっぱいはデカイですが、ちょっと垂れてますね」 「でも乳首は意外なほど綺麗なピンクっぽい色で、左乳首が感じるみたいですよ」 「締まりはどうっすかね~?ま~、年相応でしょうか?」 「声は可愛らしい声ですよ。少しぶってるんじゃないかな」 「ケツ穴は俺興味ないんで。加那がしろって言ったらするかも?」 次々飛んでくる質問に、次々と答える俺。 「こらこらこら~!」 慌てる加那。 「んなら俺を呼び出さなきゃいいじゃん」 加那他6人。 「そうだそうだ!彼氏自慢したくて呼んだんだろ?今更なんだ」 俺もジョッキ片手に、舌が滑らかになって行きました。 「フェラチオしてる時の俺を見上げる加那の目!物欲しそうな目でフェラチオするんですよ~」 「キャ~、ヒェ~、加那やらし~!」 「精子飲みますからね、加那。口からこぼれた分は、顔面パックみたいにしますよ」 「あ、私もそうする」 「え~?私は無理!まずいもん」 「中に出されるよりいいじゃん?まずいのは中に出された方がまずい。まずいのくらい我慢しなきゃ」 「そうだよ~、元は女の体内に出されるべきものなんだから~」 「え~?やだよ~」 個室借りた理由がよくわかります。 こんな会話、ホールでされたら他のお客さんに迷惑です。 ゲスな下ネタのオンパレードです。 俺も加那他の6人に聞きました。 「旦那さん以外に彼氏とかいます?」 いる、と答えたのは4人、今はいないと言ったのが2人。 「今は、ってことは、前はいたんだ?」 「いたよ。なかなかいい人に巡り会えないでいる」 「結婚したら旦那さん一筋って考えは?」 「最初だけ~!私は最初の五年で崩れた」 「あ、私も五年目だった」 「私は子供が学校に上がってからだったよ」 などなど。 結局、そうゆう人達だからこそ仲良くなれて、グループになるんだろうなと思いました。 「浮気とかしない人、いるんですか?」 「いるんだろうけど、どこかでチャンス待ってると思うよ?」 「○○さん、あの人も遊んでるよ、知ってる?」 「(一同)うそ~!」 「YMCAの若いコーチとさ、車ですれ違ったよ。コーチの肩にもたれ掛かってたよ。信号待ち反対側で見てたもんね。あれは普通の関係じゃないの、すぐわかったよ」 「息子さん、サッカーしてるもんね」 「PTAではお堅いことばかり言ってさ~」 「旦那さん、10個年上だっけ?」 「11だっけよ?」 「じゃあもう50?物足りないないか~」 夜9時、散会になりました。 「いらないこと、ベラベラしゃべりやがって」 加那が俺に軽くケリを入れました。 「呼び出したのはお前だ!」 今はいないって言った一人が入ってきて。 「お?喧嘩しろ喧嘩しろ、別れろ!なお君私がもらう」 加那はその人に向かって。 「ダメ!なおちゃんは渡さないよ」 俺に抱きついてきました。 人妻パワーを見せつけられた日でした。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/20/2018 07:28 AM
長いです。 苦手な方はスローを。 昨日の事です。 知人の会社の側まで行ったので連絡してみたところ 「よう、久し振り。今日、本当は休みなんだけど出勤しているんだよ。俺以外、誰も居ないから来てみる?」 って事になり寄る事にした。 仕事で軽くミスしたらしく?休日出勤しているそうで忙しそうだったので、コピー等の軽作業を手伝った後に 「また近い内、飲みに行こうや」 と邪魔してはいけないので帰る事に。 手伝っている時にコーヒーを飲んだからか小便したくなり、フロアの何処かにトイレがあるだろうのフラフラ歩いていると… トイレはあったけど“清掃中”の立て看板が。 その時、ザワッと胸騒ぎが… 以前観たAVでトイレの清掃中の清掃婦に…みたいなのがあった事を思い出し、清掃の担当者が男か女かも分からない状態ながら、変な胸騒ぎを押さえられずに 「清掃中にごめんなさい」 と言いながら突入。 「あっ…どうぞ…」 っと。幸い…清掃担当者は女性でした。 女性は髪は黒髪、スレンダーな感じだか、尻がユニフォームの上からでも確認出来る位に女性らしい曲線を醸し出している。顔は薄化粧で地味な印象。 清掃婦に…的なAVでもある様に、数列並ぶ小便器の一番手前を掃除していたので、奥の小便器に立ち、少し距離を置き小便し始めた。 女性の様子が気になりチラッと横を見ると女性もこちらの様子をチラッと見ているのが確認出来た。 「もしかしたら…?」 っとAVの様な展開を想像したらチンポがムクムクと勃起し始めた。 また女性の方を見ると勃起していく様子を見ていた様でソワソワしている。 土曜日で休業日。フロアには知人が一人居るだけで、そこからは少し離れているので誰も来ないだろうと… そこで行動に移してみた。 女性がこちらから目を逸らしている間に、鞄のポケットにあるペン型のICレコーダーを起動しスマホとデジカメを取り出し易い位置に準備した。 女性がこちらを見た時に勃起したチンポを扱きながら女性の方に体を向けた。 女性は掃除の手を止め口を半開きにして勃起したチンポをガン見していた。 すっかり興奮しハァハァと息を荒くし、チンポを扱きながら、しゃがんでいる女性に近寄り顔の間近でチンポを扱き続けたら…女性の息も荒くなりチンポに手を伸ばしてきたので 「ゴム手袋取って…」 と言うと手袋を取り素手で勃起したチンポを握り亀頭をサワサワしてから上下に扱きだした。 薄化粧の女性だが顔が耳まで赤くし、明らかに息を荒くし上気しているのが分かった。 こちらもハァハァ息を荒くして、その様子をデジカメの動画モードで撮影し始めると、最初は驚いていたが 「記念にね…」 と言うと 「エッチなのね…」 と言うとパクっと咥え本格的に濃厚なフェラに移行した。 トイレ内にジュルジュル…ジュポジュポ…ハァハァ…と淫靡な音が響いていた。 暫く濃厚なフェラを堪能していると女性は上着のボタンを外しインナーも脱ぎ水色の地味なブラ姿に。 Bカップ?の小振りな胸だ。 フェラしてもらいながら手を伸ばしブラのホックを外しブラをずらし小振りな胸を露にした。 そこでフェラを中断し彼女を立ち上がらせディープキスしながら彼女のズボンを脱がせた。 上下揃いの装飾の少ない水色の地味な下着だ。 キスしながらパンツに手を入れると…毛の感触が無い。 「私…凄く毛が薄いの…嫌?」 剃っているのでは無く殆ど天然パイパンなんだと。パイパンは大好物。 指を進めると既にヌチャヌチャ状態。 「お互い、名前も知らないのに、こんな所でこんな事されて興奮しているの?」 と聞くと 「それは…アッ…お…お互い様でしょ…ハァハァ…」 と言う。 しゃがみこんで彼女のパンツを脱がすと…ヌラ~っと糸をひいていた。 彼女を立たせたまま足を拡げさせアソコに舌を這わせた。 やや小便臭かったが天然パイパンのヌラヌラ状態のアソコを舐め捲りクリトリスを舌先で責め続けると 「ん…ん…イクっ…ハァハァ…」 と口に手をあてながら声を抑えながらイッた様だ。 立ちあがりキスしながら、右手で小振りな胸を揉み左手でアソコをクチャクチャしていると、彼女の手が勃起したままのチンポを扱き 「ねぇ…お願い…」 と言うので手洗い場に手をつかせ立ちバックで挿入。 彼女は声を抑えながら悶えていた。 パンパンと打ち付ける音が響く。 彼女は右手で口を抑え声が漏れない様にしているが 「アッ…凄い…アッ…アッ…ハァハァ…」 と声が漏れている。 「ほら…鏡見てごらん…初対面の男に仕事中に、こんな事されて…気持ち良いの?」 「アア~アッ…ダメ~アッ…イクっ…」 と言い…腰を抜かしてしまった… 彼女を立たせた動画撮影中のデジカメとICレコーダーで録音中の鞄を持ち、奥の個室に移動した。 便器の蓋をしたまま座り込み、その上から対面座位の形で彼女に挿入し彼女の腰を掴み激しく揺すった。 彼女は苦悶?の表情をしながら右手で口を抑えていた。 クチュクチュを音が響く。 また彼女がイッたのを確認し、個室を出て彼女を立たせたまま片足を持ち上げ、正面から挿入。 デジカメは下から挿入している所が映っている様に撮影継続。 そろそろイキたくなってきたので激しく打ち込み 「ハァハァ…何処に出す?中?口?顔?胸?」 と問うと 「中はダメ…飲ませて…」 と言うので激しく打ち込みイキそうになり慌ててチンポを抜き彼女をしゃがませて口に… 咥える前に射精の第一波が間に合わず彼女の顔に… 「ん…ん…うん…ん…」 激しく飛んだ第一波を顔に浴びながら口の中でも激しく射精した。 彼女は喉奥に射精された精液を飲み込みチンポを軽くフェラした。 お互い息が整った頃にトイレットペーパーで彼女の顔に飛んだ精液とアソコを拭き… その後やっと会話らしい会話をした。 「動画…誰にも見せないでね…」 「ところで…名前は…?」 ここで初めて名前と年齢を知る。香菜36歳。 「誰にも言わないで下さい…」 「言える訳無いでしょ…」 服を着ながら、彼女に情が移ったのからか?連絡先を交換した。 土曜日なので私は休みで用事も済んでいたので 「何時まで仕事?」 と聞くと 「あと上の階の掃除をすれは終わりです。15時には…」 っとの事。 「終わったら何処かでお茶しませんか?」 と聞くと 「仕事が終わるまで待ってもらえるのなら…旦那は出張中だし…子供は実家に預かってもらっているから…」 と…こちらが聞こうとしていた事を先に言ってくれた。 「分かった。15時まで適当に時間潰して待つわ。出る時にラインして。」 「分かりました。」 知人の職場があるビルを出て駅に向かった所にコーヒーチェーン店があったので、そこで休憩。 ホットドッグとコーヒーで軽食しながらICレコーダーで録音した音源をイヤホンで確認し(よく録れている)テーブル下で他の人に見られない様に、スマホで撮影した画像とデジカメの動画も確認(こちらもよく撮れている)を確認していたらビンビンに勃起してしまった。 勃起を治める為にスマホでニュース等を見て落ち着かせてからトイレに行ったら…チンポがヌレヌレ状態で冷たく感じたので大の方に入りペーパーでパンツとチンポを拭いた。 席に戻りコーヒーを飲んでいたら彼女からラインが。 「お待たせしました。何処に居ますか?」 場所を告げ彼女を待つと、普段着の彼女が現れた。 地味な印象だが、清楚な雰囲気の彼女らしい?服装。少し化粧したみたいで印象が良く変わった。 「お疲れ様。とりあえずコーヒーでも飲む?」 って事でコーヒー飲みながら話をした。 「あの…実家に職場の人達と飲み会に行く事になったからと連絡したので…大丈夫です…よ…」 と、こちらが確認しなくてはいけない事を彼女がしてくれて報告してくれた。 「なら…話は早いね…」 と言うと彼女は上目遣いで笑って見つめてきた。 コーヒーを飲み終わり席を立つと彼女は腕を組んできた。 彼女からフワッと甘い香りがした。 一気に下半身が熱くなったので斜め掛けの鞄で隠した。 会計を済ませていると 「あれ?ホットドッグドッグ食べたの?あれ私も好きなんだ…私も食べればよかった…」 と言うので 「後で僕のフランクフルト食べるじゃん…」 と彼女の耳元で言うと、顔を赤くし尻を叩かれた。 その様子を店員さんが不思議そうに見ていた。 喫茶店で彼女が来るまでにスマホで近隣のラブホを検索していたのでホテルに誘うと 「この辺じゃ嫌…職場が近いし…少し離れたところに…」 っと…それもそうだ。 とりあえず電車に乗りスマホでラブホを検索した。 数駅行ったところにラブホがあるので、そこに行く事にした。 コンビニに寄り食料と飲み物を買い、ホテルに到着し入室し、ソファーで話した。 「こんな事聞くの何なんだけどさぁ…かなりルール違反な事をしちゃったじゃない?それなのに…何で仕事帰りにまで付き合ってくれたの?」 「それは…確かに最初は驚いたけど…主人とも、もう何年も無いし…タイプだったからかな?…それに…あんな状態のオチンチン見たら…ねぇ…」 「ああいう事って初めて?」 「当たり前じゃん!何言ってんの?誰にでもこんな事する訳じゃ無いよ!」 「だったら何で…?」 「タイプだったし…私で…その…興奮してくれた訳でしょ?オチンチン…あんなになっていたって事はさぁ…」 と彼女が言うと我慢出来ずに彼女にキスからディープキス… 彼女の仕事中に及んだ行為中には感じなかったフワッと香る甘い香りに包まれながら彼女の胸を服の上から揉んだ。 スカートの中に手を入れ太股を触っていくと 「シャワー浴びましょ」 と促され立ちあがり互いの服を脱がせあった。 互いに全裸になり、しゃがみこんだ彼女は、既にビンビンに勃起したチンポに軽くフェラしてくれた。 風呂に移動し、互いに手で愛撫するかの様に洗いあい、我慢出来ず立ちバックで挿入しながら 「ほら…鏡見てごらん…」 と言いながら立ち位置を変え、彼女に挿入している所が見える様にしながらパンパンと打ち込み 「アッ…厭らしい…アッ…当たる…ウッ…アア~イクっ!」 と絶叫しながら彼女はイッた。 力無く床に座る彼女に 「さっきイッた時…何か暖かくなったけど…漏らしちゃった?」 と聞いたら太股を叩かれた。 「まだイッてないよね…」 と彼女は僕を風呂の縁に座らせフェラし始めた。 さっきの立ちバックで、もう少しでイキそうになっていたので直ぐに彼女の口の中に射精した。 「うっ…ウグッ…ん…ゴクッ…さっき出したばかりなのに…こんなに…」 っと精液を飲み込んでから言った。 風呂に浸かりながら互いの性器を手で愛撫しながら話した。 「私…今までのHで一番興奮した…一番気持ち良い…今までのHって何だったんだろう…」 と言っていた。男として嬉しい発言だ。 「また…逢ってくれる?」 「勿論だよ…香菜さんの事、好きになっちゃった…」 と言うと照れているところを見られるのが恥ずかしかったのか抱き付きキスしてきた。 逆上せそうなので風呂から上がりソファーでビールを飲んだ。 「ねぇ…トイレで仕事中の…あの時の動画とかって、どうするの?」 っと聞いてきたので 「まぁ…趣味だね…良いなぁ…って思った人とのH撮るね…」 「他にも撮っているって事?それ観て、どうするの?」 「逢いたいのに逢えない時は、それを観てオナニーするんだよ」 「その…そういう関係の人ってさぁ…何人も居るの?」 「連絡すれば逢えるのは…5人…でも皆、人妻だから頻繁には逢えないんだよ…」 「5人も!?…あっ…えっと…その中に…私は…入れて貰えるの?」 「そうだね…互いの家庭は壊すつもりは無いし、干渉はしないからね…お互い予定が合った時に貪り合う感じて…」 「貪り合うって…厭らしい…あの…一番じゃなくてもいいから…その…私も…その、お仲間に…お願いしても良いかな…?」 「勿論だよ。ほら、これが答えだよ」 っとビンビンに勃起したチンポを握らせた。 彼女のアソコはヌチャヌチャ状態だったので僕に跨がらせソファーで対面座位で挿入し彼女の腰を掴み激しく揺すった。呆気なく彼女は昇天。 いつもはムービー2機と一眼とコンデジ、スマホとICレコーダーでハメ撮りに挑むのだが、今回は想定外の出来事なので鞄に入っていたコンデジとICレコーダーとスマホだけなのが残念であるが、出来るだけ撮ったが動画はコンデジ1機だと長時間撮影はキツいのだが予備バッテリーがあった事を思い出し、ベッドに移動する際にバッテリー入れ替え。 スマホもホテルに備え付けのチャージャーで充電完了したので画像はスマホで多数撮影。デカいメモリで良かった。 彼女も撮影に協力的で色々と要求に応えてくれる。 大人のオモチャは今回は使わず人力のみの愛撫に徹した。 ベッドに移り彼女の全身を愛撫。 手に収まる小振りな胸は、もて余す事も無く丁度良い。唇から耳、首筋から胸、細いウエスト経由で内腿を舐め… やがて天然パイパンのアソコを舐め捲る。 やはり無毛のアソコは舐め易い。 綺麗なアソコをジュルジュル舐め捲り、舌を中に入れたりクリトリスを舌先で転がし続けると… 「アッ…凄い…な…何これ…イクっ!」 手遅れだった…ベッドがビショ濡れに… 息が荒くぐったりした彼女を落ち着くまで待ってからベッドにバスタオルを敷きプレイ再開。 今度は彼女が僕を愛撫… ここは割愛。 彼女が騎乗位で挿入。亀頭に彼女の中の奥が当たる感触が気持ち良い。 「アッ…当たる…凄い…アッ…イクっ!」 彼女は何度でもイケるタイプらしくHしていて楽しい。 彼女を四つん這いにしバック責め。 これでもかとパンパン打ち込むと、また彼女が昇天。 僕もそろそろイキたくなり、正常位で挿入。 スマホでムービーに切り換え挿入し出し入れしている所を撮影してから画像に切り換え何枚も撮影。 その後プレイに集中し彼女のアソコに浅く深く、時には円を描く様にクリトリスに擦り付けながら挿入を繰り返し、彼女の中の奥の感触を楽しみながら彼女の反応を見ながら彼女がイッたと同時にチンポを抜き彼女のアソコの土手からウエスト、胸顎、髪にまで精液を噴射した。 我ながら濃厚なセックスした時の射精は豪快だと思う。“射精”では無く“噴射”だと言われた事がある。 放心状態の彼女の身体に大量に撒き散らかされた精液をティッシュペーパーで拭く。 「ありがとう…」 と彼女。 暫くベッドの上で放心状態の彼女だったが、そろそろ帰宅しないと…と促しシャワーへ。 「こんなに気持ち良いセックス初めて…」 と言ってくれた。 「基本的に“痛い汚い”はしないけど…これからも、もっと気持ち良い事を貪り合おうよ」 と言うと彼女の手がチンポに…また勃起。 まだヌチャヌチャの彼女のアソコに立ちバックで挿入。 彼女の帰宅時間が気になりパンパン激しく…では無く奥深く彼女の中の奥の気持ち良い所を集中的に責めて早目にイク事に集中していると、彼女が絶叫し 「アア~もうダメ~中に…中に頂戴!アッ…イクっ!」 「えっ?いいの?ハァハァ…」 「もう直ぐ…生理だから…お願い…アッ…アア~イクっ!」 彼女がイッたと同時に彼女の中でチンポが弾けた… 風呂の縁に手を掛けて尻を突き出していた彼女のアソコから精液がポタポタ垂れている光景はエロかった… 基本的に性欲を貪り合っている関係の女性達には“中出し” はしないのだが… 時計は21時を回ろうとしていた。 またラインで予定確認して逢おう…と約束してホテルを出た。 彼女の自宅の最寄りの駅は僕の帰宅途中なので一緒に帰ったが…腕組み等はしなかった。 誰に見られるか分からないから… こんな感じで、また“セックスフレンド?”が増えた。 まるでAVみたいな事が実現し、それが切っ掛けでセックスフレンドになるとは… 長文にて失礼しました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/19/2018 09:05 PM
何人かセフレが居るのに、毎月幾らか渡して愛人として付き合っている人妻が居ます。 きっかけは去年の8月に出会い系で割り切り希望での出会いでした。クズの旦那の浪費や子供2人の 学費などを理由に身体を売っているとの事でした。罪悪感もありお金を貰う事で自分の心の中を整頓 しているようでした。最初会った時は美人だな・・と。50歳近いのに可愛くまた色白で乳首もあそこも あまり使われていないようなピンク色。セックスの相性が良いのか「2時間突かれっ放しで気持いいのは 初めてかもしれない」ってリップサービスに良い気になってました。 その後2回程会った時には身体を壊していてエッチは断念。今までの割り切りの無理が祟ってしまい 肝数値異常や高熱、不正月経、子宮筋腫、割り切り相手からのクラミジア感染など・・・9月に2周間程 入院してしまいました。彼女の事が心配になって仕事の合間に旦那や娘よりも多くお見舞いしていました。 最初は彼女が寝ているだけの退屈な時間をラインでのやり取りで一日中費やしていましたが 2~3日経って御見舞したいという事を伝えると、「うん」と承諾してもらいました。 お見舞に行くと本名が・・・(笑)私自身は本名を名乗ってたのだけど、彼女は源氏名でした。 腕輪に生年月日があり、その時本当の年齢を知り同い年ではなく8歳も年上だとわかりました。 知識もないまま生でセックスしたりしてダメだぞとか諭しながら今後の治療の相談をしました。 旦那より頼られる事には嬉しかったのですが、それ以上に彼女の知識の無さがとても心配でした。 その日は主治医と鉢合わせてしまって「旦那様ですか?」と言われ焦りましたが仕事の関係です と言って部屋を後にしました。 3回目お見舞に行ったのは産科の2人部屋・・・。隣には出産迎えた妊婦が居てテレビを見てました。 病院のベッドに並んで座り小声でまた今日の検査の内容や以前の結果などを聞いて話をしていました。 隣と遮っているのは2枚のカーテンのみ・・。病院着の下はノーブラ・・。いつも差入れありがとうと 彼女が手を握りました。突然手を握り返し検査漬けの上すっぴんで疲れた顔をした彼女にキスをしました。 小声で「駄目・・看護婦さんが来るから、ここじゃダメ・・」と言いながら病院服のはだけた胸を 軽く愛撫しました。小さく漏れる吐息がだんだん荒くなっていきます。病院着のボタンを一つ外すと 乳首が既に立っているのが見えました。耳元で「興奮してるね?」そう言うと「ヤダ・・・」と照れます。 ピチャピチャとわざと隣に聞こえるようないやらしいキスをして彼女の体温が高くなっていきました。 首筋から胸元に舌を這わせると「ダメ・・・ダメだよ・・」とハァハァと耳元で息遣いが荒くなって いくのを感じていました。突然「失礼しまーす」という看護婦さんの声で一瞬離れて取り乱しましたが 隣の妊婦の用事でした・・・。お互い目を合わせて良かったね・・の顔をするも看護婦が去るとすぐに 彼女の首筋にキスをして、乳首を優しく尖った舌で撫でました。「アンッ」と思わず声を出してしまい、 深い吐息が出て私をギュッと抱きしめました。ピチャピチャと音を出して舐めてあげると「あぁ・・」と さっきまでわざと音を出しちゃダメとか小声で言っていたのも忘れて感じているようでした。 主治医が検査の結果を持って来る時間だったのでそれでお終いにしましたが、未だに彼女がその事の興奮や 下着を濡らして着替えた事を話します。当然その夜にラインでオナニーの指示をして病室でイかせました。 彼女を好きになってしまった為に未だにお金で買っている関係を続けています。その後何度もホテルで彼女 との大好きな時間を過ごしていますが、「貴方とのエッチは気持ちよすぎて身体を変えられそうで怖い・・」 と言います。割り切りしている時代から相性の良さはあったのですが、他の男の運の無さもあるのでしょう。 いつも身体を心配してくれる彼女。身体だけではない関係性にお互い気づいているけど、大人の関係を 続けて行こうと思います。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/17/2018 11:37 AM
久々に続き昨日もヤッてきました。 とりあえず風呂でイチャイチャして 挿れてほしくなったみたいで 少し挿れてベッドに移動~ もう濡れ濡れでとりあえず一回やって クンニと手マンで濡れて二回目 帰るころ俺のムスコがでかくなり 69で舐め合い三回して帰宅! 今回も愛液たっぷりな人妻でした!

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/20/2018 11:01 PM
よく立ち寄るコンビニの店員さんです。 もち人妻さんで、その店員さんから「よかったら飲みに行かない!?」と誘われ…その帰りに、そのまま、ホテルに…。 俺は、全裸になって、奥さんの目の前に、ギンギンに立った俺のアレを差し出した。 奥さんは「スゴーイ!!」「大き~い!!」「ふとーい!!」の連発…。 「こんな入れたら…アソコが壊れちゃうかも…」 そう言いながら奥さんは、先らか、根元まで舐め、口に入れて、入れたり出したり。 「スゴーイ、まだ大きくなってる!!」 さすが人妻のフェラ!! 喉の奥まで押し込んで、俺は、濃いどろどろ精子を奥さんの喉の奥に吐き出した。 一滴残らず吸い取るように精子を飲んで、「まだ大丈夫よね!?今度は私を気持ちよくして!!」 ドキドキしながら俺は、奥さんのブラをはずと、貧乳!!…、巨峰なみの乳首!! 俺は、おっぱいを揉んで、乳首を舐め、奥さん、感じやすいようで、 「アッ!!アァ~イ~、逝っちゃう~!!」 パンティを脱がせてびっくり!? もうすでにビチャビチャの大洪水!! 「はやく~はやく来て~、オッキーイの入れて~、太いので突いて~!!」 言われるまま、ビチャビチャの奥さんのオマンコに入れようとしたら、 「い、痛い!!ゆっくり、ゆっくり入れて、」 そう言われ、俺は、ゆっくり、奥さんのオマンコの中に入れると、 「スゴーイ!!スゴーイ!!」 「アァ~イ~ゆっくり奥まで突いて」 言われるまま奥まで押し込んで、子宮の奥にあたっているのがわかりました。 「奥さんはスゴーイ、あたる~、イク~イク~イク~」 と絶叫しながら、オマンコの中のヒダが俺のアレに絡み付くようになり、オマンコの奥と入口で2段に絞まり、 「イク~、出ちゃうよ!!」 そう言うと奥さんは 「ダメ~、抜いちゃイャ~、出して~中に、中にいっぱい出して~」 「もっと、もっと突いて~奥まで突いて~」 「イク~イク~、オマンコ壊れちゃう~突き抜ける~」 と同時に俺は、奥さんのオマンコの中にいっぱい精子を出した。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/18/2018 10:28 PM
こちらの地域別掲示板を長らく利用してましたが、男性利用者からしたら、返事が来ないとか、アポ直前になり消えた(ほぼ冷やかしかネカマ)とかがほとんどで、なかなか出会えないもんで、露出パートナー募集をしてて、半ば諦めてましたが、ようやく9月くらいに返信が着たのが、麗でした。 一応主婦で、昨年幼稚園に入った息子が一人だけ。 働きに出たいけど、送り迎えの時間の都合上、なかなか働けるとこが無いので専業主婦をしてるけど、昼間の時間を持て余し、私の書き込みを見て、メッセージしてくれたのだと。 とりあえず、時間を合わせ、先ずは顔合わせだけ。 互いに、彼女がよく行くショッピングセンターの駐車場で待ち合わせにしました。 これまで、ここまで来てすっぽかし(多分ネカマ)もあったので半信半疑でしたが、メッセージ通りの車が来て、車を横付けして、彼女の車で話していました。 一見、ツインテールにでもしたら中学生に見えるくらい、色白で小柄な女性ですが、左手薬指の指輪が主婦であることを認識させます。 彼女からの願望は、元々アニメ好きで、もちろんエロいのも読んでるけど、旦那とのエッチは義務的な単調に指で触り合いして、適当に濡れたら入れて、旦那が逝ったら終わりだそうで、彼女としては、全然満足してないらしく、アニメのようにいろんなシチュエーションで犯されたりしたいとのことでした。 一通りのお話しをして、その日はお別れ。 (これが相手を安心させるテクニックで、いきなり誘ったり襲ったりしたら、相手が警戒しますので。) 基本的に彼女のほうが自由なので、2回目は私の有休に合わせ、同じ場所で待ち合わせしました。 私の車の後部座席に座ってもらい、移動。 まだ、どこに移動するか決めてませんでしたが、途中で、 私「ちょっと、パンティー、脱いでごらん」 麗「えっ?ここで?」 私「嫌なのか?」 麗「わ…わかりました…」 そういうと、周りを気にしながらスカートを捲り、パンティーを脱ぎました。 私「じゃぁ、脱いだの、こちらに。」 といって手を差し出すと、恥ずかしがりながら渡してきて、助手席に拡げてクロッチを確認したら、既にビッチョリと濡れていました。 私「こんなに濡らして、イヤらしい奴だな。」 麗「恥ずかしい…言わないで…」 そうこうしつつ、郊外のラブホに。 駐車場に着くと、私は彼女に 私「ここで服を全て脱ぎなさい。」 と言うと、 麗「ここで?恥ずかしいです…」 私「しないなら、ここで何もせず帰るよ。いいのか?」 麗「すいません。します…」 そう言いながら、恐る恐る服を1枚ずつ脱いで、全裸に。 私は、後部座席に回り、道具鞄から首枷と手枷、リードを出して彼女に装着。 後は、彼女の服と鞄をまとめて車から下ろし、リードを引きながらラブホのフロントに。 パネルで部屋選びしてましたが、あえて悩むフリして、長く居ました。 彼女は恥ずかしさからか、身体をクネクネさせ、心持ち呼吸も荒くなっていました。 部屋を選んでエレベーターに。 入れ違いで、他のカップルとバッタリ。 向こうの男性は物珍しい目で見ていました。 エレベーター内で彼女のアソコを触ると、もう漏らしたようにグチョグチョになっていました。 部屋に入ると、もう放心状態でしたが、私は玄関先でズボンをずらしてぺニスを出し、 私「さぁ、ご褒美だ。」 と言うと、彼女はむさぼるように、咥えてきました。 私も彼女の姿や、しばらくヌイてなかったせいで興奮し、すぐに彼女の顔に射精。 目元からべったりと精液が掛かかり、「あぁ~…」と言いながら幸悦の表情に。 私「自分で綺麗にするんだ」 と言うと指ですくって、自分の口に入れて、 麗「美味しい…ありがとうございました」 更に私のぺニスを舐めて綺麗に。 今度は、バルコニーがあるので彼女を出させて、バックから指マン。 麗「あぁー!いくっー…いっちゃうー!」 と言いながら、お漏らししてしまいました。 そのままバックから挿入。 麗「いぃー!気持ちいいー!あぁー…」 しばらくすると、声に気付いたのか、隣の部屋のバルコニーから男性が覗きこみ、我々の行為を見ていました。 私「お前のイヤらしい姿を、もっと見てもらいなさい!」 と言って、突いていた手を離し、肩を抱え羽交い締めのようにして、胸を露にし、男性に見せつけます。 しばらくして、 私「逝くぞ、たっぷり出してやるからな」 麗「…は…はい…掛けて…」 私「中に出すぞ!」 麗「あぁ、いやぁー、できちゃうー…」 と言いながらも、私は、彼女の奥に放出。 彼女は、 麗「あああああ…」 と身体を震わせながら、またお漏らしを。 そして、バルコニーの床に座り込み、しばらく動きそうに無かったので、おでこに手を当て、顔を上に向けさせ、 私「口を開けろ」 と言って、彼女が少し開けたところに、放尿。 麗「んぐっ…あがっ…」 少しむせながらも、口に入れて受け止めていました。 まだ隣室の客が覗いてましたが、会釈して部屋に戻り、彼女を抱擁。 私「無茶しちゃってたなら、ごめんな。」 と言うと、しばらく呼吸を整えてから、 麗「いいの…こういうの、して欲しかったから…」 と、自分の願望が叶って、満足気な表情をしていました。 一旦シャワーして、ベッドで再び合体。 もちろん、2発目も彼女の中に。 抜くと、彼女は出てくる精液を指ですくって、舐めながらオナニー。 私がスマホで撮ると、 麗「私のいやらしい姿を見て…お願い…」 と言いながら、昇り詰めていました。 その後もデートを繰り返し、最近では私の車に乗り込めば、すぐに脱いで、全裸でフェラ奉仕しながら移動。 時にはコートの下は縄化粧したり、学生時代の制服で、公園で人気の無いところで露出や放尿をさせています。 11月くらいからアナル調教も始め、浣腸は最初はまだ昼間は暖かいほうだったので、野外でイルリガートルで1リットルくらいずつ注入し、前屈みで立たせたまま噴出させてました。 先月からは、流石に寒いのでホテルでやってますが、元々便秘気味だったそうで、お腹すっきりするから嬉しいとも。 ローションたっぷり塗って、アナル処女も頂き、最近ハプバーデビューした際は、カップルの女性とレズプレイや、男性と2穴貫通も果たしました。 更にアソコはパイパンにして、ピルも服用しているので、近々、中出し肉便器プレイしようと計画しています。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/15/2018 12:15 PM
お互いに快楽を求めて近づいた関係だけに、相性さえ合えば極楽浄土へ。 俺が女に求める必要な相性は、 ドエム体質 吸い付くような肌 匂い 臭い 大きめな乳首 乳輪の黒さ 肥大した黒いビラ 大きめな栗 黒褐色のアナル いやらしい多めの陰毛 脇毛 触り心地の良いちょいポチャ 身長150cm前後 プリケツ 垂れ乳 山羊乳でも可 都合のいい女 オナニー好き ストライクゾーンは少し狭いが、思い出せる人妻で過去には30人程との出会いがありました。 その全ての人妻にやらせてきたのは、野外排泄撮影、露出プレイ、淫語オナニー撮影、飲尿撮影、飲精撮影、中出し撮影、アナル中出し撮影、縛りプレイ撮影、コスプレ露出セックス撮影、旦那子供の名前絶叫と快感度語りかけセックス撮影、オモチャ使用撮影、等等。 やり過ぎて疲れた俺は今は空家。 しばらく休んで充電できて、やりたいことが見つかったら再始動してみますかね。 最近は、ベビーフェイスではなくても良くなってきていて、多少ブスでも生活疲れが出ている顔もありかなと新境地開拓への思いも湧いてきています。 創作意欲の湧くような他人妻との出会いがあれば即座に復帰もあるかもしれませんね。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/20/2018 03:04 AM
初めて書きます。人妻とヤリまくった5年間を文章にしてみようと思いました。よろしくお願いします。 人妻のまゆみ(29)との出会いは、とあるチャットができるサイトでした。当時21歳の大学生だった自分は年上の人妻とやりとりできるだけでかなり興奮でした。そこから仲良くなってアドレスを交換し、写真を交換することになりました。届いた写メを見て愕然としました。どうせあんまり可愛くないだろうと思っていたのですが、とても美人だったんです。なんでこんな人がと思いました。1ヶ月ほどまゆみと連絡を取り合い、いよいよ会うことになりました。 電車でまゆみのいる町まで向かい、駅を降りると聞いていた車種の車が..。 近くまで行ったら送られてきた写真の人が乗っています。「まゆみさんですか?」と声をかけると、「そうだよー。」と言い、「後ろに乗って」と車のドアを開けてくれました。乗り込んだ僕はまゆみから目を離せませんでした。送られてきた写真よりは髪が伸びていましたが、一目惚れしちゃうくらいの美人が運転しています。おまけにとんでもなくいい匂いで、僕のチンポはガチガチに。会ったらまずはどこかでお茶しようという話でしたが、まゆみが向かったのはホテルでした。 続く...

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/14/2018 08:07 AM
初めて投稿します。文章下手はお許しください。 パートのゆかりさんは42歳ですが、背が低く少しムチっとした身体で前から気になっていました。 会社の忘年会の後に、ダメ元でカラオケでも行きませんか?と誘ってみました。 少し位ならいいよと言ってくれたので、近くのカラオケボックスに入りました。 部屋に入ると上着を脱ぎソファーに座りました。 ビールを頼んで先ずはゆかりさんの真向かいに座りました。 タイトスカートから出たベージュのパンストに包まれたムチムチとした脚をチラチラと見ていました。 ビールが進むに連れ脚が緩んできてピンクのパンチラがちょくちょく見えるようになって、僕の息子は元気になってきました。 気が緩んできたきたのかソファーに脚を上げて、真向かいから見るとM字になって、股の部分が露わになっています。 デュエットする事になり、隣に座り耳元でピンクのパンティー見えてますよと言うと、別にいいよと言われました。 歌いながら腰に手をまわすと寄り添ってきました。 そしてこちらを見た時に合わせて唇を奪いました。 嫌がる様子も無かったので、腰の手を少し上げ胸を軽く触りました。少し恥ずかしそうでしたがそのまま触り続けました。 部屋にはカメラがあるので、ホテルに行きませんか?と聞くと頷いてくれました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/15/2018 08:35 AM
初めまして。あたしは現在性の対象は違いますが、あたしが目覚める前の男としての人妻初体験は19の時で、しかも筆下ろしもしてもらいました。 相手はバイト先で知り合ったひとまわり年上の29才順子さん。スレンダーな体型で胸は小ぶり、でも乳首は吸われすぎてかなり長めでした(笑)。旦那とは月イチ程度でかなり欲求が溜まっていた様子。初めての筆下ろしの時は、ベットで裸のまま友達に連絡をして、旦那へのアリバイ工作をしてました。もちろん無断外泊工作。 朝まであたしのオチンポを満足するまで堪能してザーメン臭い身体で朝帰りするヤリマン人妻でした。 無断外泊した次の日に、帰ったら荷物がまとめられて置いてあったそうです。 それからは、週3~4ぐらい旦那を送りだしては、あたしの部屋に朝からきてオチンポを欲しさにくるような変態女です。 長くなったので続きはあとで書きますね

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/12/2018 09:52 AM
昨年の11月サイトで知り合った人妻。 やり取りは1ヶ月ほどで会うことに。駅のそばで待合せして、こちらがクルマだと伝えると、全然警戒せずに乗り込んだ。こちらは結構ドキドキで、出発してすぐに『どこ行く?』と聞いてはみたが、すかさず『あそこの路地にラブホあるよ』と言われてしまい、慣れているなつわて感じつつも、手っ取り早い事に喜んでいた。 ホテルに入ると酒を飲む流れになり、一気にテンション上がり始め、なだれ込むように風呂へ。お互いに洗いっこしてベットへ倒れこみ、すかさずクンニ攻撃。濡れ方もひどかったけど喘ぎ方がハンパない。。こちらも得意のクリ攻めをして約3分、イク時の腰の反り返りの激しさでこちらの鼻がマンコ直撃で鼻血が出そうな衝撃。。思わず『ウッ!』と堪えるのに必死。笑 とにかく1度目の絶頂を無事にこなして、いざ挿入の儀。二人の子持ちではあるが鍛えている身体は問題なし。電マがチラチラ気にはなっていたが使ってみてまたイカせてみたくなり、挿入しながら電マをクリに当ててみたら、これがまた感じまくりで目がウットリしてる笑。自分で電マを持たせて約2分かな。。2度目の絶頂で満足げな表情におれもすっかりメロメロ。こんな子ならいつもヤリたいなって正直に言った。まんざらでもなさそうな顔してるのを見て、正常位で興奮も限界になりマンコから引き抜いておへそあたりに射精するつもりが、あまりの興奮で首の辺りまで飛んだ笑。 その後なんだけど、その子供達もちろん大切に接している。先日は旅行に連れて行って、となりの部屋で子供達が寝た隙を見計らって挿入。でも起きてきちゃって三人でも寝ていたんだけど、我慢出来ずにクリいじりしていた。そのシチュエーションにママって興奮しちゃうんだね。またイッちゃって止まらない笑。 SEXも良いけど、愛情持って接しています。 これから色々なプレーの展開をまた報告しますね☆ 個別に連絡とるのもやってみたいけどどうやったら良いのかな。。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/12/2018 11:21 PM
勤務先のパートさんと関係をもっています。 地味で大人しい五十路の人妻ですが、服を脱いだら大胆で淫乱です。 ホテルの部屋のドアを閉めるなり、熱いキスをしてきて、服を脱いで下着姿になると、私のズボンとパンツを脱がせると勃起したチンコを厭らしい舌使いで優しく丁寧に舐め回してくれ、チンコも熱くなったところで、チンコを握り擦りながらソファーまで連れていかれ座らされた上に向かい合うように股がり、しっとりと濡れたアソコに挿入し、人妻は腰を振り、私は目の前にある、熟し少し垂れた乳房を揉み、乳首を舐めて吸っている、私の頭を撫でて『おっぱい美味しいでしょ』、吸いなから頷く私。 人妻はイク時、胸に私の顔を埋めるように抱き締めます。 2回程人妻がイッたあたりで、私も限界になり、『イク』と言うと、人妻は『そのまま、中に出して』と言われて中に出しました。 人妻は、私の顔を両手で上に向けると、ニコっと笑ってキスをしてきました。 抜くと口でチンコを優しく舐めて綺麗にしてくれます。 ベットでイチャイチャしながら人妻は絶妙な感じで手で触り勃起し始めると、手でチンコを擦りながら、私の全身愛撫してくるので、私も人妻のアソコを触るとさっきとは明らかに違う濡れかたで糸を引いていました。 69の体位になり、お互い性器と愛液を貪るように舐め合った後、正常位で挿入して舌を絡ませるキスをし、片手は胸を揉み、もう片方の手はクリを責め、人妻は、『おちんぽが凄く熱い、大きくて苦しい』と言いながら手で腹を描きむしるように苦しみながらイキまくり、体がガクガクと痙攣しながら、『もう、止めて!おかしくなっちゃう。壊れちゃうから止めて!』と言いながら、更にイクとアホになったように口を開いて笑顔になり、『あ~ん、もう壊して。孕ませて、赤ちゃん欲しい。私、おちんぽ大好きなの。好きなだけ犯して。好きなようにして。おちんぽ気持ちいい。』と狂ったようになり、人妻は腰を振り、プシュー、プシューとマンコから大量に愛液が吹き出し、失禁していました。 最後に中に出して上げるとまた腹を描きむしりながら『熱くて苦しい』と言いながらイッていました。 それ以来、チンコ欲しさに何でも言う事を聞く性処理玩具になっています。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




02/12/2018 07:05 AM
めぐみさん(40)僕(29) めぐみさんとの出会いは突然でした、 僕はと工事関係の業者で市内の外れにある 喫茶店の新築工事を依頼され日々平凡 に作業をしていたらパートの面接で作業中 の現場にめぐみさんが来られたのです。 衝撃でした、僕の好みの天海祐希に似た美人さんで した。 喫茶店も開店し、めぐみさんもパート採用され僕は喫茶店の雰囲気が気に入っており毎週日曜は必ずお店に通う様になりました、めぐみさんとは偶然にも趣味がおんなじですぐに仲良くなっていきました…僕はこの時点ではめぐみさんは憧れの人で、人妻だしお近づきになりたいとか思っておりませんでした。 何ヵ月かたった時僕はその当時付き合っていた彼女(こちらも年上)と彼女の浮気が原因で別れてしまい傷心の気持ちで喫茶店へ… めぐみさんには落ち込んでるのはすぐにバレて、全てお話しました…僕の頭をポンポンと叩くとめぐみさんは無言でカウンターの中に戻っていきました、それから1時間程たったでしょうか…もうお店は閉店の時間で僕はボーッとコーヒーの湯気を眺めていると突然めぐみさんにカウンターの中に呼ばれました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!











こちらの告白は知り合いの人妻よりのRSSを取得表示しています
過去の告白・投稿などは上記リンクよりお進みください


Copyright C 2008 エロの宝庫!アダルトス ALLRIGHT RESERVED .