人妻との★H★体験告白
*強姦・痴漢・窃盗・露出・淫行・売春等は犯罪になります。全て妄想告白です。真似をすると罰せられる可能性があります。


10/17/2018 11:34 AM
先月 新しいバイトを始めた野菜の選別作業だ俺と組んでくれたのはゆうこさん 49歳 主婦だ初めて見た時から とゆうより主婦とセックスしたくて主婦が多そうな仕事を選びやれそうな主婦なら誰でもよかったそれが たまたま ゆうこさんだっただけの話でも 可愛いんだよねいろいろ話して打ち解けたころ少しずつエッチな話に持ち込んだゆうこさんが言うには「主婦は みんな エッチが好き」「私もセックスが好き。だけどセックスレス。それでも絶対に不倫は しない」とのことだ。とりあえず食事に誘ったら 即OK食事中 ゆうこさんは肩こりが酷いと言っていたのでカラオケボックスに誘ってみたそこでマッサージをしよう!ってことで成立。後ろ向きに座らせ肩のマッサージから入ったそして背骨に沿って下にブラのホックが邪魔なので外してみた

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/15/2018 10:41 PM
某出会いアプリで人妻さんの「旦那様の命令で童貞募集」という投稿を発見した僕はすぐさまメールを送りました。旦那様から私への提案は旦那様がその場に同席することと僕がアソコの毛を剃ってパイパンになることでした。セックスを見られることとパイパンにすることへは正直抵抗がありましたが、人妻の筆下ろしの興奮の方が勝ったためお会いする約束をさせていただきました。当日待ち合わせ場所に男性に連れられ現れた女性は私の予想をはるかに上回るほど容姿端麗な方で、内心大きなガッツポーズをしてしまいます。そのまま3人でホテルへ行き、軽くおしゃべりしてから奥様とお風呂へ。「イキたいときはイっていいからね」奥様に私のツルツルのペニスをいやらしい手つきで洗われると私のペニスはすぐに反応してしまいます。そのままベッドへ移動して奥様と抱き合います。奥様にリードされながら奥様のおっぱいを揉むと、声が漏れてきます。「優しく…」「もっと吸って…」いやらしくおねだりする奥様に僕は興奮しっぱなしでした。「おまんこさわってみる?」そっと奥様のおまんこに指を這わせます。すでにヌルヌルしていた小陰唇を2.3度指で擦りあげるとさっきよりも甲高い奥様の声が部屋に響きます。「入れて…」おまんこの奥に指を進めると中はしっとり温かく、ヌルヌルしていて初めての感覚に僕は戸惑いを隠せません。時折クリトリスも触ると奥様の声はもう止まることを知りません。「舐めてあげよっか?」今度は奥様に首筋、乳首、おへそ、ペニスと舌で愛撫され、ゴムをつけていただいてから奥様の激しいバキュームフェラが僕のペニスを襲います。「まだ挿入してないだろ笑」そのままゴムに射精した僕にこのあとのお楽しみを示唆する旦那様。奥様との世界に没頭していた僕はそこで初めてソファに座りこちらを見つめる旦那様に気づきます。「その前にマーキングしないとな」旦那様に連れられて奥様と旦那様がお風呂場へ。中からはこれまでとは明らかに違う奥様の甘い声が聞こえてきます。僕は中の様子を確認したい気持ちを押さえながらソファで自分でペニスをしごきます。「はい、顔面騎乗」戻ってきた旦那様が奥様に命令し、私が熱望した顔面騎乗を奥様にしていただきます。僕は目の前に押し付けられたグチョグチョに濡れたおまんこを一心不乱に舐め回します。その状態で奥様にペニスをしゃぶられると僕のペニスはあっという間に復活しました。「騎乗位でいい?」ゴムを被った僕のペニスは奥様のおまんこに吸い込まれていきます。奥様が激しく腰を前後に動かすとあっという間に僕の精が絞り取られてしまいます。その後は旦那様と奥様のお楽しみタイムです。私もお邪魔して旦那様のペニスをしゃぶる奥様のおまんこを舐め回したり、手マンしたり。バックから旦那様に犯されている奥様にお口でご奉仕していただいたり、旦那様にペニスをおまんこの奥深くまで突き刺されてこの日一番の甘い声をあげる奥様を隣で観察したり。こうして僕の童貞は淫乱な人妻に奪われました。「今度は君を縛って嫁に犯させようか?笑」僕は去り際の旦那様のジョークがジョークでなくなる日を待ち続けています。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/15/2018 02:38 AM
田舎って結婚するのが早いほうで、10代後半で結婚するのもザラ。だからお婆ちゃんと言われてても若いのも普通にいるんだよね。子持ちの人妻が20代半ばでも、お婆ちゃんが40代半ばとかね。だから親子丼率もなかなかなもの。その中でもヤンキー系とかギャル系の若妻だとグンと成功率が上がる。さらにパチンコ屋に入り浸っていれば、さらにグンと上がる。俺は今、二組と付き合ってるが、もちろんどちらも母娘互いに内緒…だからまさか自分の母親(娘)と関係を持ってるとは思ってないよね。そこがすごく興奮させるよね。母親のほうは大体土日のどちらかの日中で、娘とは平日の日中に会うことが多いかな。それと母親のほうは人恋しさの穴埋めでエッチしてるから、あまり無茶なことはできないけど…娘のほうは生活費が絡んでるから結構好きにできて、今は二組ともドS全開で性処理用肉便器奴隷として扱ってる。たまに童貞君の相手させたりバイの女装子と3Pしたり…オレがやりたいように扱ってる。だからみんなも都会ばかりに目を向けないで、案外田舎のほうがスケベ男には向いてるかもね。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/15/2018 10:59 PM
41歳人妻のヘンタイ日記…年上ご主人さまとのエッチ…良かったら読んでください…それは、ご主人さまは仕事中…当直室でエッチをした時のこと…ヘンタイなわたし、ご主人さまの指令で昼間も仕事中にローターを仕込んで出勤…前の日の夜には必ずエッチなメッセージのやりとり…明日の仕事中にどんなエッチなことをしようか…わたしのリクエストで仕事中に人の目を盗んでキスしたこともありました…一瞬の隙を見て、ご主人さまのアイコンタクト…わたしから近づいてしてしまいました…我慢できずに…その日もローターのリモコンはご主人さまのポケットの中…いつ刺激を与えられるか、ずーっとドキドキ…それだけで濡らしてトロトロになってきて…ウズウズしてチラチラご主人さまの顔を見てしまいます…それを楽しむやらしいご主人さま。ふとした時にスイッチは入れられ、ビクンとし、刺激とともに音バレしないか、人と話すときは超緊張…けっこう長い時間スイッチ入れて放置するなんてことも…アソコはもうずっと濡れ濡れ…ふいにノーブラチェックも…背後に回って制服の中の胸を触り、乳首をもてあそぶ…声が出そうになりながら必死にガマン…もっと触ってほしい…そんな昼間の興奮収まらないまま、夜の当直室へ…すぐにしたくて、しかもいつ呼び出されるかもしれなくて…部屋に入るなり、服はすぐ脱ぎ捨てベッドへ…もちろんノーパンなので、すぐに丸裸です…スタンバイ状態…ご主人さまの下もすぐ脱いでもらって、まずはしゃぶります…全然好きじゃなかったフェラ…ご主人さまとするようになり、すっかり定番になり大好き…トローっと唾液たっぷり垂らしながら、ぬるぬるになったモノをペロペロ…ジュボジュボ…ご主人さまはバイブを使ってわたしのトロトロをもっとグチュグチュに…『あぁ~ん』喘ぎながらしゃぶります…『もうグチョグチョじゃん』とご主人さま…体勢を変えヌルッとあたたかくて大きいのを挿入…わたしもアソコを締めるよう意識して…激しく腰を振られ、乳首を舐められ、しがみつくような格好に…あたたかい体温感じながら、スゴく気持ちいい…『そろそろいくよ、いい?』『はい、中に出してください~』たっぷり出して、垂らさないか、アソコを見るご主人さま…恥ずかしい…たまらない…こぼさないようにお掃除フェラを…と思った時に、ご主人さまの呼び出しのピッチが鳴り、それに出て話していたんだけど、ふざけてチュッと吸い付いてみる…ご主人さまの顔を見ると、話しながらも、そのまましゃぶって…とわたしの頭をもどす仕草…電話の相手の声も聞こえる中、わたしはチュウチュウお掃除フェラを続けました…ちょっと興奮しながら…ダメなことに萌えるわたし、やっぱりドMなのですね。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/17/2018 12:16 AM
二年前に体現した話をします。大学生のアルバイトで、プチハーレム状態を経験しました。アルバイト先は、リネン工場ホテル関係で使用するタオルを洗濯しリースする会社でした。環境は、はっきり言えばスチームを使用するので、暑い倉庫には、冷暖房など無く地獄回収されたタオルは臭い時給は、まあまあ良かった。工場の社員は、少なく殆どが、再雇用の50歳以上パートが大半を占めており、繁忙期には、バイトを追加してました。パートも、若いのは20代も居ましたが、割合は少なく30代~40代が半分60代前後が残りでした。最初は、仕分け作業ハンドタオル、バスタオル、シーツ、カバーなど種類ごとにゲージ(籠)に分け、クリーニングします。一週間、仕分け作業で分別が出来るようになり、倉庫を担当となりました。ホテルに出す準備や整理でした。私と爺さんでやってました。夕方には、力作業のオッサンやパートも集まり、よく飲んでました。特に仲良くなったのは【 孝子さん 】41才 ややポチャッ 巨乳さん【 一枝さん 】56才 スレンダー 茶碗サイズ【 浩美さん 】29才 標準サイズ【 朋子さん 】33才 やたら色っぽい【 美穂さん 】25才 小柄 巨乳

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/12/2018 10:46 AM
本日、地域別募集掲示板に30代後半の人妻が「今日の午後~!」って感じで募集していました!アラ還のくせにエッチ大好きな俺は、とにかく自己アピールしてメール送信…しばらく仕事しながら返信待つが、なかなか返信は来ないまぁ、こんな親父だからスルーされたかな?と、思いつつ募集掲示板を見に行ったら削除されていた!やっぱダメだったかなぁ~と思いつつ、再度メールした「掲示板削除されてますが誰か見つかりましたか?」と…そしたらスグに返信が!「縛られたいです」の1行返信…「本気であれば喜んで縛らせてもらいますよ!」と返信トントン拍子に話が進み待ち合わせ場所まで車で1時間ちょいあまりにもスムーズな展開にイタズラの可能性もあるかな~?と思いつつ待ち合わせ場所に到着したのでメール数回のメールのやり取りで無事合流ポチャと言っていたが俺の目から見ればストライクゾーン真ん中だった!いざラブホに到着し雑談しつつ無料貸出の電マをオーダーしたら嬉しそうな表情!根っからの淫乱人妻のようで心の中でガッツポーズ!交代でシャワーを済ませ「どんな縛りがイイ?」と聞いたら「亀甲縛り」のご注文wスケベグッズ用のバッグから拘束用ロープを取り出し縛り完了ベッドに仰向けに寝かせオッパイから愛撫開始…Dカップのオッパイをヤンワリ揉みながら乳首へと進めていくともう乳首はコリコリに勃起し「ハァ~♪」と感じている甘い声wまだチョッとお乳揉んで乳首さわっただけなのにコノ反応は相当な好きものだと確信!乳首を刺激しつつオマンコに触れるか触れないかの感じで焦らし戦法していたら自分で腰を動かして更に強い刺激を求めてくるwココで簡単に刺激を強めて希望に応えるのも面白くないので、あくまで触れるか触れないかを継続していると「もっと… もっと…」と求めてきた意地悪な俺は「何がもっとなの?」「ちゃんと言わないとわからないよ」と言うと「もっと触ってください!」と懇願してくるここまで求めてくるなら刺激を強くしてあげてもよいかと本格的に指技開始!「あぁ~ あぁ~~~」っと喘ぎ声が大きくなってきたので指1本で指マン開始トロトロのオマンコの指を挿れると中の蠢きがスゴい状態!ユックリ抜き差ししている中指への締め付けがハンパない!少しリズムを早くしてGスポを刺激したら「あぁーーー!あぁーーー!イク!イク!」と叫びながら、あっという間に昇天w今まで色々遊んできたが、コレほど敏感でイキやすい女性はいなかった「はぁ…はぁ…」と荒くなった息遣いだったが追い打ちでオモチャを使ってやると さっきより一段と大きな歓喜の悶声で「あぁー!またイク!またイク!」とガクガクと腰を震わせてブリッジに近い状態でイキ狂い状態程々にしておかないと失神するんじゃないかと心配になってオモチャ遊びを終了少し息が整ってきたところでグチョグチョのオマンコを今度は2本指で弄ぶと、またまたブリッジ状態でイキまくるwココまでで連続10回位イッてるのでは?とにかくイキやすい身体の持ち主なので、そろそろチンコを挿入したくなってきた挿入前にフェラさせたら何とも美味しそうにしゃぶるしゃぶる…完全勃起した愚息にゴムを被せてくれてバックからの挿入をご所望なのでご希望にお応えしてユックリと挿入「あぁ~!気持ちイイ!気持ちイイ!」「イク!イク!」と、あっという間に絶頂に向かっている様子「イクぅーーー!」と叫びながら呆気なく絶頂したがコッチはまだまだイケそうにないwかまわずピストンを繰り返していたら「あぁ!またイク!イクぅーーー!」と叫びながら愚息を思いっきり締め付けてくる何度か絶頂を迎えたようで息苦しそうでもあり、コッチもこみ上げてくる快感が襲ってきたのでピストンスピードを上げ激しく抜き差しすると本日最高の絶叫させながら二人同時に絶頂に達した

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/14/2018 12:41 AM
もう15年ほど前、近くのエリアで出会える出会い系サイトで36歳の人妻清美からメールが来た。なんと同じ市内で駅も一駅しか離れていない。野球をしている小学生の子供を持つ仕事もしている人妻。どうやら旦那は年上で40代後半。色々話していて気が合いそうなので会うことになるのだが、見た目がどんな女か気になるので約束よりも前に子供が毎週野球をやっているというグラウンドに日曜日に何気なく見に行った。ママ友らしき人がいっぱいいて誰だかわからないのだが、恐らくあの女だろうな?という勘が働き、まあまあ良さげな女だったので会うことにした。ご近所ということもありあまり近くで会うのもアレなんで、数駅離れた特急が停車しないマイナーな駅前の美味しい焼き鳥屋に行くことになった。仕事帰りだという清美は黒のパンツスーツで待ち合わせの改札に現れた。下見した時にそれだと思った女だった。少しお腹が中年太りなのか、ベルトの部分がパツパツに弾けそうだ。髪は長くておっぱいはだいぶ大きい。男好きしそうな顔立ちの女だ。2人で焼き鳥を食べながらお酒をしこたま飲んでいい気分になった。だんだん酔ってきた清美は「旦那がもうオッサンでセックスあまりしてくれないの」とか、「先日出会い系で25歳の男の子と会ったんだけど下手くそで感じなかった」などなど、明らかに俺にモーションかけてくる。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/11/2018 07:21 AM
随分と昔のことになる。俺(大ノ河)には3歳年配の友人がいる(年上なのに2人の時はニシチャンと呼んでいる。)。仕事を教えて貰い仕事の失敗を庇ってもらっていたが、数年で辞めてしまった。仕事を辞めて一年後彼が26歳で結婚した、嫁さん(良子)は20歳だった。出来根と言うやつです。結婚式に初めて顔を知った、俺の好みの顔で一目惚れをした。結婚式の後で彼に「ニシチャンには勿体ない俺が欲しかったわ」と言ってやった。嫁さんは恥ずかしそうに微笑んでいた。半年後彼に赤ちゃんが生まれた相も変わらず俺は独身で彼の家にたびたび遊びに行った。良子は無口であまり喋らない女だがそこが堪らなく好きだ。俺が喋るとニコニコ相槌を打つぐらいだ。良子の匂いが俺を興奮さすそのに匂いを嗅ぎたく出来るか限り近くによるよるようにしていた。たまに「あんたから良い匂いがするから直ぐに近くに来てしまう」と言うと彼女は「あまり寄らないで人妻だからね」と一言いう俺は「でも香りに誘われてしまう」と言って体を摺り寄せてみた。そのまま避けようとせず「駄目ですと」と一言で黙った。俺は嫌われていないと思い嬉しかった。夏は薄着だから彼の家に行くのが楽しみで回数が増えた。彼女も意識してか露出が増えた気がする。スカ~トも短めをはいていた。子供にお乳をやるのを少しは見せつけているような気がした。お子さんが1歳を過ぎ夏が来たとき。俺は偶然を装って会社の帰りの彼女をバス停で待ち伏せた。「奥さん偶然やな乗っけてわ」と乗せた。普段話をしながら彼女の手を握ってみた逃げられないようにきつく。彼女はピックとして逃げようとしましたが逃げられません。初めて見たときから好きやった一目惚れやとささやきました。彼女は「駄目駄目ですよ仮にも夫と友人のあなたとはダメです誘惑しても」手を振りほどこうとする力も弱って握られたままです。地元の駅前のス~パ~の奥の隅に車を停めて抱き寄せて口を重ねにいく。顔を振って抵抗していたがお乳を揉みながら強引に唇を奪った。俺の好きな匂いだった。彼女の力が抜け成すがままになった俺は頂いたと体に力がみなぎりバンザイ状態になった。その日はそれまでにしました。家の前で下ろすときに「今度少し長い時間あってくれるかな」と言うと弱弱しく首を横に振っていたが抱けると確信した一瞬だった。2週間ぐらいして金曜日に会社に電話した。仕事中だから個人的な話は迷惑そうだったから会いたいと言った。困ると言っていたが早く電話を切るためか「今日は残業ないからコ~ヒ~半時間ぐらいならよい」と言ってくれた。俺は会社を早退して会った。コ~ヒだけよと言って乗りこんできた。手を握ると握り返してきて「こんなの困るのコ~ヒ~だけでも困るの」と言う。俺が大谷の葵と言うラブホテルに車を一気に突っ込んだ。俺は静かなところで話をしたいだけだからここなら気兼ねないに話が出来るからと言い手を引っ張って引きずるように部屋に入った。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/12/2018 05:02 PM
ちょっと怖かった体験です。俺がチャットにハマってて、ある子持ちの主婦と繋がった。名前はひらがなでひろみ。40歳のごく普通の飾りっ気のない人妻だ。会う前に写真を交換したり、お互いのことを話したりして、結構盛り上がっていた。そしてひろみがボウリングに行こうというので、私が車を出してひろみを近くの駅で拾いボウリング場に向かった。平日昼間のボウリング場はガラガラで、2人で少し遠慮がちに楽しんだ。ひろみは少し太ももが見える中途半端な長さのパンツにTシャツというあまり身なりに構わない子育て中の主婦という感じだった。化粧っ気もなくあまり女を感じないが球を投げる後ろ姿がエロかった。小ぶりなお尻がピタピタのパンツでプリンプリンゆれる。もちろんPラインもくっきり。ボウリングはやっていると盛り上がってくるので、いい感じになってきた。俺は2ゲーム終えるとすぐに「この後はラブホで汗をシャワーで流そうよ」と言った。ひろみは無言で頷いた。土地勘は無いものの国道沿いにラブホがあったような気がして車を走らせると、ものの5分で案の定ラブホ街に突入。躊躇なくラブホのゲートをくぐった。まさかこれが尾行されていたとは知る由もなかった。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/07/2018 12:54 AM
3年位前僕はあるサイトにはまっていて、そこで知り合ったのが3つ年上の人妻のきぃでした。写メも交換し、何度かメールして仲良くなり、ある日の夜ドライブに行くことになりました。20時頃スーパーの駐車場で待ち合わせ、何となく隣町の海岸に走りました。きぃはポッチャリしていましたが、顔はきれいな感じ(というか派手な感じ)で色気を感じるものがありました。防波堤?で座りながら夜の海を見ながら二人でいろいろ話していたところ、きぃの手が何となく僕の手にあたっていたので冗談半分で「手つないじゃう?」笑ながら聞くと本当に繋いできました。ちょっとびっくりしながら平静を装って話をしていましたが、話題が尽きて少しの間無言状態になりました。その時にきぃを見ると、彼女もこちらを見ていて目が合ったので、何となく「キスして良い?」と聞いてみると微笑みながら頷いたので、キスすると、きぃからギュッと抱き着いてました。そのまま舌を入れると受け入れてくれ、彼女が舌を激しく動かしながら絡めてきました。こうなるともう止められなく、お互いのよだれで口の周りがべちゃべちゃになるほど激しいキスをしばらくしていました。僕が「ホテルに行っちゃう?」と聞くと頷いたので、また車に乗り近くにあったホテルに向かいました。ホテルについて、少しテレビを見て落ち着いた後、ベッドでまたキスの続きをしました。ひとしきりキスをし終わったところでお互いの服を脱がしあい、首筋、乳首を攻めていき、わきの下を舐めるとそんなことされるのは初めてと言いながら感じてくれていました。アソコに指を入れるともうグチョグチョでした。攻守交代する時に僕が「今度は攻めてほしい」とお願いすると、きぃはニコッと「エム~」と笑ってフェラしてくれました。きぃのフェラはキスと同じく、口の中で舌を激しく動かしてくるし、唾もたくさん絡ませてくるしでとにかくエロい攻め方でした。体制をまた逆転させて、僕が無言で生で入れると拒むことなく受け入れてくれました。彼女のアソコはぐちゃぐちゃで締まりも程よかったです。正常位でしばらく動いていると、頭を抱え込んで抱きついて来ようとしたので意地悪で「何したいの?」と聞くと微笑みながら「エス~、キス…」と可愛くねだってきたので舌に吸い付き合いながらしばらくキスしました。その後、体制を変えて騎乗位になってもらいました。その時に僕が「きぃの唾がほしい」とねだると、きぃは無言で微笑み、唾を垂らしてくれ、また激しいキスを繰り返しました。最後に正常位に戻り、今度は僕がきぃの口に唾を垂らしてあげると「おいしい」と飲みこんでくれました。そのままキスしていると、彼女に「舌出して」と言われたので、舌を出してみると、吸い付いて舌フェラされました。舌フェラは初めてだったのと気持ち良かったのでしばらくしてもらいながら、またキスをしまくりました。フィニッシュは彼女のお腹の上に出し、しばらく手を繋ぎながら一緒にぐったりしてました。時間が近づいたのでシャワーを浴び、またエッチしたいねと話をしながらその日は待ち合わせの場所へ送って解散しました。その後何度かメールしましたが、お互いの都合がなかなかつかず、僕にも彼女ができて、きぃとは一回きりのエッチで自然消滅しました。今までの彼女としたエッチより、なぜかきぃとのエッチが一番印象に残っているので書き込みました。きぃともうちょっと楽しみたかったので少しだけ未練が残ってます。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/12/2018 01:58 PM
去年の6月頃の出来事です。私は46才、バツイチの独身。休日の土曜日に普段通りに目が覚めてしまい朝から一日中予定の無い私はチャットで部屋を立て待機していました。直球のエロ丸出しメッセージを記載し待つこと10分、43才の人妻Nが入室して来たのです。なんか胡散臭いと思ったのですが、時計を見ると8時を回ったところだったのでまあ暇だし騙されてもいいかぁ~くらいの感じでチャットで誘い始めました。最初はからかわれて多分待ち合わせしても来ないと思っていたのですが、ラインで写真交換し見た目もまあまあかわいい感じだし住んでるところも車で10分かからないところだったので9時半に地下鉄駅の前で待ち合わせしました。その間もラインで話しながら準備をします。ラインで色々と話すうちに人妻Nは平日働いていて旦那と子供が居ない土曜日の午前から15時くらいの間に知らない男とセックスするのにはまってると言っており、とにかくすぐに会ってホテルで時間までセックスしたいと言ってます。地下鉄駅の出入り口に着くとワンピースを着た写真の人妻Nがすでに待っていました。ラインでやり取りをしていたのでこちらの車に気づいて手を振りながら助手席のドアを開けて車に乗ってきました。写真より実物は相当かわいくて、こんなかわいい顔してヤりたがりな人妻と出会えるなんて、早起きは三文の徳とばかりに心の中でガッツポーズ、46才のおっさんの下半身はムクムクと高ぶっていました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/06/2018 07:33 PM
人妻ってなんかいいですよね多少ブスでも人妻ブランドがあれば許せるどうしても人妻とエッチしたくてスーパーでバイトしました名前は たく 20歳 学生俺が選んだの住んでる市では大きいスーパーパートの人妻は毎日はしないとりあえず1週間 様子を見たその中でターゲットにしたのはのりこさん、51歳見た目は30代の人妻だ可愛いし明るい、そして優しい毎日どうしたらのりこさんとエッチできるかそればかりを考えてバイトしてたバイトをはじめて半年やっとチャンスがやってきた俺も のりこさんも社員じゃないから当然 不参加「慰安飲み会しませんか?」俺が のりこさんに言った「主人が休みの日ならいいよ!」のりこさんが答えた年齢は行ってるが中1の女の子がいるらしい

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/10/2018 01:13 AM
今回は50歳の人妻との一夜のセックス体験を書いてみたいと思います。岐阜である自営業をしていた人妻とは異業種交流会で知り合った。美人ではないがムチムチと巨乳が印象的な仕事の出来そうな社長でした。その時は名刺交換しただけで、そこから2年ほど時間が過ぎていた。俺はある大口の仕事が岐阜で入ることになり、2泊で出張することになった。夜の時間が空くので飲み相手を探そうと思い、そういえばと思い出して名刺を探し例の人妻に電話してみた。この時俺は32歳。50歳の人妻は全くの性の対象外。誘われても断るだろうと自分でタカをくくっていた。人妻の名前は浩美という。俺は単に夜の暇な時間を誰かと飲みたいのと、バリバリ働いている浩美から色んな情報を聴いてみたいと思ったので連絡しただけだった。「お久しぶりです、浩美さん覚えていますか?」「もちろん覚えてますよ、岐阜にいらっしゃるなら是非会いましょう」「では美味しいものでも一緒に食べましょう」ということになった。その晩は小料理屋に行き、楽しい時間を過ごした。俺にとっては浩美はただのおばさんに過ぎず、この後どうこうしようという思いは全くない。浩美の話も面白いが俺の仕事の話に興味シンシンで、今思えば浩美は俺のことが満更でもなかったのではないかと思う。しかしそんなことは微塵も気づかない俺。「今日はどこに泊まるの?」「駅前のビジネスホテルを取ってあるんだ」「そうなの、また岐阜は来るの?」「今回の契約が成立したら、何度も来るかもしれないよ、その時はまた飲みましょう。今日はありがとう」そういう感じでその日は別れた。程よい酔いで部屋に戻ってからはマッサージを頼んで、ぐっすり眠ったのだった。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/06/2018 11:09 AM
半年位関係を持ってた49歳の人妻景子から連絡が来ました。フェラもダメ、中出しもダメ、あれもこれもダメだったから自然と会わなくなってました。また会いたいとの事だったので、前にダメだった事をさせてくれるならと返信すると、ある程度ならとの返信があったので、今日の昼間に谷9で待ち合わせをしてラブホに行きました。とりあえず、ノーパンで部屋に入ったら即フェラしてとメールして置きました。下半身裸になって部屋のソファーに座りました。立ったままの景子のスカートをめくりノーパンなのを確認してから、景子さん、フェラして!と言うとしゃがみこみました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/05/2018 07:12 PM
3人の人妻とセフレ関係です。1人は出会い系、1人はナンパ、1人は知り合い。出会い系で知り合った人妻は20代前半でHカップの爆乳。可愛くてムチムチしててエロい身体してる。初めは旦那しか知らなくて知識やテクが無かったので、楽しめる様に色々仕込んだ。最近旦那に冷めてきたそうで離婚したいとか言い出してるから、離婚したら中出し専用にしようと思う。旦那とはレスなので中出しは滅多にしない。ナンパで知り合った人妻は30代前半でEカップの巨乳。背が高くてスタイルは30代にしては良い方。美人。旦那と上手くいってはいるそうだけど、性欲が強くて旦那だけだと身体が満足いかないとかでセフレ欲しいと思ってたらしく、ちょうどそのタイミングでナンパしてセフレになった。フェラがめちゃめちゃ大好きでテクもなかなか上手い。前にずっと咥えてたいって言われたから、何時間咥えてられるかやってみたら、10時頃から始めて終わったのが13時近かった事ある。俺のサイズ大きめだったんで顎痛そうだった(笑)知り合いの人妻は嫁の大学の頃の友達。20代後半でDカップ。そこそこ可愛いくてスタイルは良い。大学4年の頃の彼氏を当時の嫁が寝盗ったらしく、嫁もその後割とすぐに別れたそうなので、表面上は仲直りしてるが、いつか仕返ししてやろうと企んでいたそう。結構好きだったみたいで結婚したいと思ってたらしい。俺と嫁は高校が同じでその頃付き合ってて嫁の初めての相手は俺なんだけど、高校卒業してから1度別れて大学卒業した後、また付き合い始めたのでそんな事があったとは知らなかった。つか当時の嫁結構ヤリマンだった。しかも今も浮気してて、10人のセフレがいる話も。この話は嫁の友達に誘われて、ヤり終わった後に聞かされた。何だか凄い腹たってきて俺もやり返そうと思った。今現在進行形で嫁の友達と計画中。可愛い仕返しとして決まった事と言えば、寝盗り被害受けた女友達と俺がヤろうという事になった。相手も了承済み。というかノリノリ?な感じ。その他にはその嫁の友達と被害受けた女友達(独身)の1人が俺の子を産むと。俺個人の可愛い仕返しはセフレ30人作る事。今年中に全部の仕返しが出来そう。嫁の友達今妊娠半年。てか、嫁ヤリマン過ぎ…。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/10/2018 12:24 AM
当時俺は訪問販売の仕事をしていて、30代の主婦層の客を探すのにエロくない出会い系サイトを使っていた。向こうもエロ目的ではなく(まぁ裏ではそういう目的の女もいるが)、紳士的な態度を取って安心感を与え、半分惚れさすくらいのギリギリのところで話を持っていけば結構実績に繋がるので、よく使っていた。その女は美保という34歳の子供のいない人妻。メールで何度かやりとりしたのち、有楽町で会うことになった。仕事帰りだという美保は、黒のスーツに身を包みなかなかのビジネスウーマンという感じ。スタイルはよく、顔はまぁまぁだが、男好きしそうなタイプ。その日は食事だけで何もしない態度と決めていただったので、軽く安めの江戸前寿司に行き、その日はお茶をして別れた。私の販売している化粧品にも興味を示し、あからさまに売る態度ではなく、「結構30代以上の女性に人気ありますよ~」というようにほのめかしていた。そしてその日以来メールが頻繁に続いた。話の内容はこちらから振ってないのに夜の夫婦生活の話や、お互いの家庭のことなどを話すようになり、どんどんと距離が縮まっていった。そして1ヶ月後、旦那が出張で帰らないという日があるから、遅くまでカラオケに行きたい、という話になり俺は再び美保と会うことになった。そしてその日は渋谷で待ち合わせをした。ハチ公前に現れた美保は今度は私服で、ややミニスカートでムチムチとした太ももを出して現れた。この日は俺はカラオケでさらに仲良くなり、契約につなげたいと思っていたので、オススメの美容液を鞄に入れ、カラオケの時に見せるつもりでいた。まずは居酒屋で飲んでから、二次会でカラオケに2人で入った。年が近いせいもありカラオケで歌う曲はお互いにノリノリでとても楽しい時間が過ぎた。酒に強いと言っていた美保も随分と上機嫌で、次から次へと歌い、しまいには踊り出す始末。「あ~楽しいわ!久しぶり!カラオケなんて!」「え?そうなん?」「共働きだから帰ってご飯作らないといけないし、旦那は理系の真面目人間でカラオケとか行くことないもーん」「そうなんだ」結局俺たちは延長しまくり、俺が家に帰れない時間になってしまった。「あ、悪い!俺終電過ぎてしまった」「え?もう?家遠いの?」「そうなんだ!もう帰れないや。タクシーだとバカ高いし、今日はビジネスホテルでも泊まるよ。美保さんは?」「私はあと30分くらい大丈夫よ」そして、程なくしてカラオケを出て駅の方面に向かう2人。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/10/2018 12:36 AM
けっして他人のものが好きという訳ではないのですが、人妻がすきなんです。佇まい、会話、吐息、生活感、色気、優しさ、欲求不満、背徳感…指で数えるのは相手に失礼になるので、思い出深い女性をだけをあげたいと思います。ただし、お互いの環境は脚色しないと、身元が知れてしまうかも知れないので、脚色をご容赦ください。1番近々の体験です。今から5年ほど前。職場の人事異動の為に、K市に異同となりました。K市は完全に下町で、私の会社ではそこに就くのは左遷と噂されていました。とは言うものの、自分が下町育ち。その前が山の手にある職場だったので、むしろ過ごし易いと感じていました。4月の終わりごろでしょうか、ゴールデンウィーク直前に職場の歓迎会が行われました。その会は従業員の奥さんと地域のご婦人が一緒になって、準備をし、新顔をもてなしてくれるもので、新顔の自分にとっては、かつてこれ程、チヤホヤされたことはありませんでした。その女性陣の中に、リーダーシップをとる女性がいました。背は170センチを超え、スラッとしています。外国人のような顔立ち。そして見たことがないほどのオッパイ。もう、彼女から目が離れません。お酌をしたり、されたりしてるうちに、その女性が自分の隣に来たのでした。「はじめまして。貴方、目立つわね。ここにいる女性たち、貴方の話で持ちきりよ」そんなお世辞もあり、気さくに接してくれるのですが、他の女性たちからは一目も二目も置かれているようで、その理由を聞くと「あぁ、私がここの所長の女房だからじゃないかな」との事。その後も彼女は何故か自分の隣を動かず、閉宴まで隣でお酌をしてくれました。まわりが片付けに入り、彼女は陣頭指揮。その合間に自分の所に来て「この後時間があるなら、二人で呑みなおさない?駅で待っててよ」断る理由はなく、したたか呑んだにも関わらず、股間は膨らんできます。1時間近くまたされたでしょうか。普通なら電話なりメールなりするのですが、何せ番号も知らないのです。すると、向こうから自転車に乗った人影が。「お待たせー」まさか自転車でくるとは。「旦那には明日の食事の買い出しって言って出てきたんだ。だから自転車」息を切らし、胸を揺らし、ますます股間が…駅舎の反対側にあるカウンターだけの飲み屋にはいりました。彼女の名前は雪(もちろん仮名)歳は自分より5つ上の45歳。肌の艶とスタイル、飛び出た胸は30台にしか見えません。話した内容は趣味の話が中心で、家庭の愚痴はこぼしません。目の輝きの綺麗な女性で、見つめらるとキスしたい衝動に襲われました。一時間程飲んで、帰ることになりました。雪さんを送って行くべきなのですが、彼女の地元だけに、迷っていると「それじゃここで」と言われます。この機を逃したら、2度と運は回ってこない気がして、自転車を挟んで抱き寄せ、キスをしました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/05/2018 04:19 PM
私の職場は男だらけで、女性が50代パートのおばちゃん2人といった環境でした。そんな職場に似合わない33歳の人妻、マイさんが短期で入ってきました。やや濃いめの顔立ちが特長の美人で、身長は165cmぐらいのスレンダー体型です。仕事はキビキビこなしながらも周りに配慮もできる協調性のある性格です。当然、女慣れしていない私達の話題はマイさんの話題だらけ。私も2つ年上のマイさんが超タイプだったので職場へ行く日が楽しみになってきました。そんなに会話することはないのですが、近くにいる時やすれ違いざまに、マイさんの甘い匂いがたまらなく、用もないのに近くへ行ったりして、会話のチャンスを狙っていました。他の男達もマイさんを狙っていて、誰が落とせるかという勝負が始まりました。あの手この手でアタックしましたがガードが堅くみんな諦めムードが漂い始めていた頃、店長が私達に「マイちゃん落としたぞ」という突然の報告。最初は誰も信じられませんでしたが、LINEのやりとりを見せてきて、みんな唖然としました。店長とマイさんのやりとりは業務的な内容に混じって、店長「マイちゃんの身体が忘れられないから今夜も会いたい」マイさん「最近帰りが遅いって旦那に言われたから、バレたらヤバいよ」店長「それじゃあまた倉庫でどう?」マイさん「口でしてあげるから我慢して」など生々しいメッセージがありました。プライベートで会おうとした私達に対し、店長は旦那がいて仕事終わりは直ぐに帰ってしまうので仕事中に呼び出し、2人きりになったところで口説き落としたそうです。職権を上手く使った店長ならではの勝利でした。それからマイさんが店長に呼び出され、どこかに行ったり、残業をする度に私達はいやらしい妄想と股間を膨らませています。帰ってくると口紅や化粧が綺麗に塗り直されていたりするのでよくわかります。男だけで飲みに行くとマイさんとの自慢話ばかりする店長ですが、その話がなかなかリアルでとても興奮します。「最初は抱きしめた感触と、あのイイ匂いだけでギンギンになっちゃってさあ、キスも緊張しちゃって童貞みたいで恥ずかしかったよ。」フェラがとても上手で唾液を沢山絡めて、いやらしい音でしゃぶりますが、ゴックンはしてくれないそうです。細身の割にオッパイはある方だと思っていましたが、Cカップで薄茶色の乳輪が大きめで乳首は陥没しているとのことです。アソコは濡れ具合が良くて黒いビラビラに濃いめのヘアーが綺麗に整えられているようで、クリトリスをいじられながら正常位でするとイキやすいみたいです。聞いてるだけでギンギンになっていた私ですが、こんなギラギラした店長と、店長の手に落ちたマイさんにイラっとしながらも、大っぴらに自慢する店長から、少しぐらいおこぼれのチャンスがあるかもと期待して、聞き上手に徹すると「マイちゃんは貸せないけど、みんなにもちょっとだけ楽しませてあげるよ」マイさんを諦めた私達は、勝ち誇った店長を持ち上げて、お裾分けが貰えるチャンスを掴みました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/15/2018 12:14 AM
以下は全て妄想です。----------------------------あなたの奥様を自由にさせていただいております。かなりエロくなってきましたよ。私も仕事がありますので頻繁ではありませんが、月1、2回、フリータイムで3~4発ほど楽しんでいます。自ら剃毛して毎日綺麗にしていますし、おしゃぶりが大好きなんですよ。シャワーを浴びてないのに口に含んできます。しゃぶる前には「○○さんのオチ○ポ、おしゃぶりしてもいいですか?」と挨拶もできるようになりました。おしゃぶり好きは昔からですか??「チ○ポ美味しいです」とか、「○○さんが好き。このオチ○ポ無しではダメなんです」とか、「旦那よりもいい!」とか言っていますよ。必ず生でまずは挿入して一度抜き、自分の愛液まみれのチ○ポを美味しそうにしゃぶるのが日課です。バイブも一本買い与えてます。ですが、私のモノの方がいいみたいですが。先日、リモートバイブを購入し、プレゼントしました。下着の中に入れて帰らせ、スイッチを入れたり切ったりして楽しみましたよ。Tバックは普段は着けないようですが、リモコンバイブ専用に黒のTバックをプレゼントしたら喜んでいました。かれこれ5年くらいになりますが、まだ気付かれていないようですね。会うたびに肩を噛んで!乳房を強く吸って!と言い、跡が残っていると思います。また、毎回ラブホのベッドがビッショリと濡れるくらい指マンで潮を吹いてしまいます。清掃の方に毎回申し訳ないです。随分イキやすくなっていますよ。あと、後ろから入れられるのも好きなようで、入れながら尻を叩くと「もっと、もっとー」とオネダリしてきます。あなたの知っている奥様とは随分変わってしまいましたが、それは私といる時だけです。普段は恥じらいを忘れない女性なのであなたの前ではいつもどおりですかね。来週も会う約束をしていますので。御心配なく。あなたがいなくても、奥様は満足されていますよ。あなたがなかなか奥様の様子に気付かないので、今度電話させながらする予定です。プレゼントでお花を贈るのもいいですが、奥様を表面だけ大事にしてもダメですよ。あ、ちなみに前回は急に生理になってしまいましたが、我慢できなかったらしく、入れて下さいとオネダリでした。以上は妄想なのでお気になさらず、お一人で頑張ってくださいね。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




10/05/2018 12:28 PM
最初の頃は、はっきりと覚えていませんので若干脚色もあるかと思いますが、現在進行形の人妻との話です。電車通勤していると、毎日、同じ車両・同じ位置で、他の乗客も見る顔触れが大体同じなんですが、そんな中に、小柄で色白、眼鏡でほとんどノーメイク、制服着せたら学生っぽい、地味ながら可愛い感じの女性が居ます。最初は気付きませんでしたが、左手の薬指に銀色の指輪をはめており、人妻なんだなと知りました。結構、隣同士になることもあり、彼女の、かすかに漂ういい匂いを嗅いだり、たまに胸元から谷間とブラが見えたりして、それが通勤の苦痛を和らげてくれます。ある日、彼女がスマホでLINEをしてる時、チラッと画面を横目で見ると、旦那や友達にしては、違和感があり、よく見たら浮気相手のような感じでした。ちょっと嫉妬しながらも、彼女って、そういうこともする人なのかな?と興奮を覚えました。ある日、途中で急に電車が止まり、どうしたんだろうと思ってたら、アナウンスで人身事故があったようでした。急ブレーキを掛けたもので、彼女が私のほうに倒れ込んできて、女「すいません・・・」私「いえいえ、大丈夫ですか?」と、彼女は恐縮してましたが、私はむしろラッキーかなと思いました。ただ、事故を起こしたのが、ちょうど乗ってる電車で、処置の為、しばらく動かないとのこと。結局1時間近く足止めとなったのですが、動く前に彼女が貧血を起こして倒れそうになり、私は前の人に席を譲ってもらって、彼女を座らせました。結局、彼女は出勤出来そうにないとのことで、私も気になるので、次の駅で一緒に降りて彼女の介助で付いていきました。女「そんな・・・そこまでしていただかなくても・・・」私「大丈夫ですよ。私もこれからだと出社が間に合いませんし、(有休)消化したかったので、もう今日は有休の連絡しましたし。」と言って、彼女の最寄り駅まで戻り、タクシーに乗せて見送りました。翌日、彼女は同じ時間の電車で元気な姿を見せ、女「昨日は、いろいろありがとうございました。」私「もう、大丈夫ですか?」女「はい、すっかり。昨日は災難でしたね。」と言われても、彼女と近づけたことは、災難どころかラッキーでした。そして、彼女とLINE交換してメッセージのやり取りを始め、以前に目に留まった浮気らしきをことを、ある日の通勤中に、それとなく聞いてみました。女「どうして、分かったの?」流石に、スマホの覗き見とは言えないので、私「私にも、こうやって話してくれて社交性ありそうだし、モテそうだし、放っておく男なんていないでしょ。」女「そんなことないよ。でも、そんな褒めてくれて、うれしいなぁ・・・でも、旦那は・・・」と、口が籠る彼女。私「で、相手とはまだ続いてるの?」女「それがね・・・」結局、ぶっちゃけてくれて、その相手も、彼女をセフレの1人としか見てなかったのか、メッセージのレスポンスが悪くなってきたと思ったら、端末変えたのか、1週間前から連絡が取れなくなったとのこと。SNS経由で、お互い素性を明かさず付き合ってたので、LINEの切れ目が縁の切れ目で、今はフリー。でも、こっちはチャンスで、私「もったいないなぁ。こんな可愛い女性を。俺が立候補しようかな。」女「それが狙いなんでしょ~・・・でも、いいよ。」と、OKの返事。早速、その週末、お互い家には急な飲み会と言って、仕事帰りに合流。彼女も気遣っているのか、安いとこでいいよと、立ち飲みバルで話していると、まだ22歳。高校から付き合っていた2つ上の先輩男性と、彼女が高校卒業から3年、旦那は大学卒業して1年で結婚。まだ結婚して1年だが、付き合いが長いからか、旦那とは急に冷めてしまって、子供も居ないし、ただの同居人といった感じらしい。さっと飲み食いした後に、近くのラブホ街に。部屋に入って早々、彼女のほうから抱き着いてきて、私の首に手を回してキス。舌を絡ませ合いながら、5分くらいして、彼女は口を離し、私を見つめて、女「好きにしていいよ・・・」と甘えた感じで言いました。私は彼女の手を取って、部屋の奥へ。ベッドに彼女を押し倒すと、彼女の上に乗って、少し見つめた後、彼女の首筋から愛撫、服の上から胸を揉みしだき、上だけ捲り上げ、ブラも上げると、彼女のおっぱいが露わに。お茶碗くらいの小ぶりながら張りのある感じで、乳首を舐めたり噛んだりしました。声はそんなに出ていないものの、感じているのか、彼女は「あん・・・あん・・・」と言いながら足を動かし続けていました。私は彼女の足を拡げさせ、スカートの中に手を入れ、パンツの上から触ると、もう結構濡れているのが分かりました。私「すごく濡れてるよ。したかったの?」彼女は黙って頷きます。私はパンツの横から指を入れ、クリの辺りを触ると、女「あああああーーー!」と、これまで抑えていたものが一気に出てきたように喘ぎ声を上げました。細かくバイブしたり、上下に擦ってると、女「ダメーー逝くーーー!!」と、大きく体を反らせ、逝ってしまいました。シャワー行こうかと言うと、女「そのままでいいの・・・」と、私のズボンを脱がせ、ペニスを咥えてきました。風俗嬢でも、なかなか居ないようなディープスロートで、普段勃ちが悪い私も、気持ち良くてビンビンに。私「すごく上手いよ。仕込まれたの?」女「そう?好きなだけだから。」しばらくして、お互い服を脱ぐと、彼女はパイパン。私「これは、どっちの趣味?」女「違うの・・・元々・・・生えてないの・・・」確かに剃り跡が無く、初めて見る天然パイパンでした。ゴムを着けて、挿入。小柄ゆえか、締まりも良く、すぐにゴム中出し。しばらくAV見ながらマッタリして、彼女は私のペニスを触ってたらまた大きくなり、枕もとの小袋のローションを付けて擦られ、最後は口に。彼女は咥えたまま吸い上げ、最後は飲み込んでしまいました。その後もお付き合いは続き、当然朝の通勤は同じ電車で、軽い会話は直接しますが、きわどい内容は隣に居ながらもLINEで。それでムラムラしてきたら、お互い少し早めに退社して合流し、1時間ほどラブホでの逢瀬で愛し合っていました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!











こちらの告白は知り合いの人妻よりのRSSを取得表示しています
過去の告白・投稿などは上記リンクよりお進みください


Copyright C 2008 エロの宝庫!アダルトス ALLRIGHT RESERVED .