人妻との★H★体験告白
*強姦・痴漢・窃盗・露出・淫行・売春等は犯罪になります。全て妄想告白です。真似をすると罰せられる可能性があります。


08/20/2018 10:11 PM
先々週、仕事帰りにJRに乗っていると、前のほうの電車が人身事故を起こし、しばらく停車。まだ比較的余裕があったので楽でしたが、再開し次の駅に着くと、運転打ち切りられ降ろされた前の電車の客と、それまでに待っていた客でごった返し、一気にスシ詰め状態。乗客が私の方にも押し寄せてきましたが、隣りには偶然にも、中学生の息子の同級生の母親(久美さん)が寄ってきました。息子らが幼稚園からの付き合いで、気になってた存在でしたが、なかなかお近づきになる機会も無く、何年も経ってしまいました。しかし、電車内では完全密着状態となり、お互いに挨拶よりも、「凄い混んじゃいましたねー!」と言いながらも、周りに身を任せるしかない状況。動き出して、若干手を動かせる状況になり、試しに久美さんの腰に手を回しますと、それまで雑談していたのが、私の目を見つめ、会話が止まりました。私は、黙って意思を伝えるつもりで、より抱き寄せると拒むことはありませんでした。むしろ応えるかのごとく、久美さんも私の胸元に顔を寄せ、腰のほうに手を回してきました。この日は、これ以上の進展はありませんでしたが、先日、子供同士が同じ部活で試合があったので、保護者4名で一緒に行くことにしました。私の車で、順にピックアップしていくことになり、久美さんの自宅には最初に行って助手席に。2人目を迎えに行くまで、手を繋ぎますが、これも拒むことはありませんでした。試合も終わり、帰りは逆順で送っていきますが、久美さんと2人になったところで、まだ時間はあったので、私 「ちょっと汗かいたし、流しに行きますか。」と言って、返事を聞くこともなくラブホに車を入れます。久美「えっ・・・」と、一瞬驚いてましたが、ラブホの駐車場に車を停めると、私は彼女に寄って、キス。舌を絡めて行くと、彼女のほうも拒まず、絡め返してきました。車を降り、部屋まで手を繋いでエスコート。入って、彼女を抱き締め、私 「ずっと気になっていました。」そういうと、恥ずかしいからか、胸元に顔を埋めます。しばらくして、私を見て、久美「ありがとう・・・私も・・・」そう言って、再びキスしながら、服の上から胸を揉み、徐々に服を脱がせます。全裸にさせベッドに寝かせ、私も急いで服を脱ぎ、彼女のオッパイにむさぼり付きます。EかFくらいある大きな胸で、乳輪もデカく、しかし感度は良くて、乳首を軽く噛んだだけで、久美「あぁーーーーだめぇーーーー!!」と言って、オッパイだけで逝ってしまいました。間髪入れず、今度はアソコに指を突っ込み、Gスポットを責めると、潮吹きしながら、久美「あああーーーー!!イクーーーー!!」と、再び逝ってしまい、しばらく動けない状態に。ちょっと落ち着いたと思われる頃に、私 「じゃ、今度は私のを。」といって、私は仰向けになると、久美さんは起き上がり、私のペニスをしゃぶりました。久美「大きい・・・おいしい・・・」そう言いながら、私の顔を上目遣いで見ながら、舌先で舐めたり、喉奥まで咥えたりを繰り返し、私も入れたくなってきて、久美さんを寝かせ、挿入します。土手の所に申し訳程度しか陰毛が生えていないので、入っている状態は丸見えで、白く粘り気のある愛液が私のペニスに絡みついているのが分かります。私 「どうだ、旦那以外のペニスは?」久美「いい・・・もっと・・・」パンパン突くごとに、大きな胸も揺れ、オナネタにとスマホ動画で撮影。久美「はずかしい・・・だめよ・・・」と言いながらも、目線はスマホに。そろそろ逝きそうになり、私 「どこに出したらいい?」久美「今日はダメだから、オッパイに出して・・・」そして、ペニスを抜いてオッパイの谷間に射精。一部は顔にまで飛んでいきました。久美さんは指ですくいながら、舐め取っていました。最後はティッシュで拭き取って、しばらく腕枕でマッタリ。旦那とは全くレスで、これが初めての浮気。これまでも考えたことがあったけど、見知らぬ男性より私のほうが安心と思ったそうです。お盆休み最中は会えないのですが、お盆明けに試合があるので、また時間を取って楽しみましょうと言ってお別れしました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 11:30 PM
はるかさん(33)は、私の上司というか先輩のセフ。毎週のように、二人のカーセクを見せてもらってます。はるかさんは、背は160くらい、1人産んでて、胸&尻デカ目。いつもニコニコ優しい女性。でも、下半身はいつもエロ。今日は、ノーパンみたい。先輩の命令には服従で、履かずに仕事するように言われてるみたい。見た目は、いつもと一緒だけど、スカートの下は、何も着けてないので、エロい目で見ちゃいます~。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/19/2018 10:55 PM
僕は何気なくベッドに座り直しソファに座ったNさんに「マッサージしてあげる」と声をかける遠慮がちなNさん「触れる口実だよ…」そっと腕を引き開いた脚の間に座らせ抱き寄せる少し短めのワンピース裾から膝がのぞいている後ろから髪に触れかきあげるうっすらと汗ばんだうなじが露わになる濡れたおくれ毛が僕の劣情を煽るけれど首筋から徐々にワンピースを着たまま肩デコルテの上のへこみ背骨の脇を指圧していく「なんだかエッチな気分になってきちゃった…」「そうなるようにしてるんだよ…」腰まで辿り着くと身を捩り始める「もっと触って欲しい…」スイッチが入った…

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/19/2018 03:00 PM
俺はFBを利用している目的は出会い最初から顔がわかるから気に入っている今、虜にしてるのは裕子さん年齢は わからないがたぶん 50歳くらいだと思う年下のご主人と中3のお嬢さんの3人暮らしだ裕子はバイクとコーヒーが好き俺は両方とも興味はないが必死に合わせたLINEで仲良くなったが進展は なし先日 久々にLINEしたら事故を起こして落ち込んでるようだ俺は事故のことは触れずに励ました裕子さんは 「ひろよし君ならこの気持ちをわかってくれると思った!」と喜んでくれた「飲みに行こう!」と誘ったが「被害者が入院しているから申し訳ない」「退院してからでいいですか?」と言ってきたので「このままだと裕子さんが精神的に変になっちゃうよ!」「お話しようよ!」と言ったらその気になったようだ「昼間 カフェで!」と言ってきたので「ゆっくり話せるカラオケボックスにしよう!」と言ったら納得してくれた約束の日 俺はウキウキ21歳の俺は大人の女性が大好きだからだ会える時間は2時間もない部屋に入ると焦る気持ちを抑えでも急いで進めなきゃと悩みを聞きながら得意の嘘八百手相占いを始めたこの嘘がまた当たるんだ!裕子さんも俺に手を握られときめいている様子

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/19/2018 01:38 PM
電気屋ですが、この夏は猛暑で、エアコンの注文が殺到し、連日5件ほど取り付けに行っていました。先日は、20代後半くらいの主婦の方がいるお宅で、その日最後の工事でしたが、先に着けたお宅から問い合わせがあり、こちらは本体と室外機は設置済みで、あとは間の配線の仕上げと試運転のみなんで、同僚1人で行ってもらいました。一応終わって確認の試運転して、大丈夫だったので、道具やら片付け、終了確認のサインも貰い、帰りの挨拶をした直後、奥様が私の身体を触り、「あら。凄い汗。シャワー浴びます?」と言われましたが、「あっ、お構い無く。」と言うと、「そうなの?…」と甘えた感じで言いながら、私に抱き付き、汗まみれのシャツに顔を寄せ、嗅いでいるよう。「男臭いの…好き…ダメ?」大概、家が暑い状態なんで、お客さんは薄着で居られますが、いつの間にか最初着ていたと思われるブラトップのキャミソールを脱いで、ノーブラでタンクトップ。相席ス●ートの女の子のような、ちょうど良いブス的な、地味な眼鏡女性ながら、フェロモン出しまくりで、向こうから誘ってきたなら拒む必要は無く、玄関のドアを閉め、抱き寄せてキス。スカートの中に手を入れると、思った通りのノーパンで、多少荒いことしても大丈夫な雰囲気でもあったので、その場でアソコを掻き回してやると、ピチャピチャと少し吹いて、私の腕が濡れました。そのままバックから挿入。これがなかなかの名器で、オナホの様な中のヒダヒダが気持ち良く、溜まっていたせいもあり、直ぐ逝きそうになり、「出る…」と言うと、「ああー出してー!そのまま中に…中に出してくださいー」と言われたので、奥に射精。しばらく繋がったまま抜くと、奥様はすぐにしゃがんでお掃除フェラ。着替えが無いので、シャワーさせていただかずに帰りましたが、その夜は旦那が出張で居ないということで、一旦帰宅して着替えを持参し再訪。奥様は玄関でキスしてお迎えしてくれ、私がシャワーしている最中に着てきたものは洗濯もしてくれました。夕飯も用意してくれ、食事中に私の股間に顔を埋め、「私は、こちらもいただきますね。」と言って、私のぺニスを咥えてきました。AVでしか見たことが無かったようシチュエーションが、リアルに目の前で行われており、すっかり興奮して、今日既に1発出したのに、ぺニスはギンギンに勃起し、ダイニングで、またバックで今日の2発目。奥様が甘えたな感じで、そのままお泊まりになり、奥様は咥えてくるものの、もう無理だと言うと、旦那が服用してるED薬を飲まされ、旦那と寝ているベッドで、更に朝まで更に3・4発目まで…流石に勃起し続けたので痛くなり、最後はほぼ空砲でしたが、奥様は満足してくれ、今後はセフレとして、お付き合いさせていただきます。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 03:44 PM
中小企業です、契約社員を何人か雇用してます年度切り替えの時期になると個別面談を行います、少し話の中で次は交代をお願いしたい旨伝えることが有ります、お互い家庭があるから必死になって交渉して来ます。そんなおり外で会食でもして話をしようと持ち掛けると大概は二つ返事で了承します、余り他には言えませんが結構良い思い出来るんです。上司から余り評価が良くないなんて話をすると結構必死になって頼んでくるのです。まぁこちらは下心ありありで掛け合ってもいいけど見返りが欲しいなんて話すと暫く考えて頷く人も結構居るんです。流石に領収書は貰えませんが自腹でホテル代くらい払えば何とか物にはなります。綺麗な人妻が膝をついてフェラするなんてのは最高です。ホローだけちゃんとしてあげれば何回か抱けるなんて事もしばしば。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/18/2018 10:36 PM
少女との関係からの続きです。高1の娘の同級生のAちゃんとラブホでお泊まりし、Aちゃんの家まで送ると、Aちゃんの母親が出迎えてくれました。私は、そのまま帰ろうとしましたが、母「良かったら、少し冷たいものでもいかがでしょうか?」というので、上がらせていただきました。Aちゃんは少しして、制服姿で部活のため出ていきました。旦那は既に出勤し、母親と二人だけになり、見送った玄関のドアを閉めると、抱きついてきてキス。母「結局、Aと何回したの?」私「2回出したよ。」母「気持ち良かった?」私「まだまだだな。玖未のほうがずっと良いよ。」母「今日大丈夫だから、いっぱいしてね。」そういってワンピースを捲り上げると、既にノーパンノーブラで、順番に愛撫し、アソコを刺激すると激しく感じ、更に指を突っ込んで掻き回したら、潮吹きしながら逝ってしまいました。私「今日は、いつもより感じてるじゃないか。娘への嫉妬か?」母「はい…だから、今日は私を苛めて…」母親のワンピースを脱がせ、Aのベッドに案内させます。私「今日はここでしようか。」母「はい…」そういうと、私のズボンをずらして咥えてきます。私「どうだ。自分の娘を犯したチンポの味は?」母「おいしい…今日は、私を犯してください…お願いします…」半べそかきながら舐めてるのを見て、こちらもしたくなり、M字開脚の状態にして、浴室の脱衣かごにあった、Aのパンツを持ってきて、母の口に。私「娘のアソコと俺の匂い嗅いでな。」母「酷いわ…あぁ…」涙を流しながらも、私は生で挿入。玖未のアソコは名器なので、ただでさえ早く逝ってしまいそうなところを、娘のパンツを咥えた変態女を見たら、更に早く中に射精。出てきた精液は、娘のパンツで拭いました。浴室に行き、玖未を洗い場に横たわらせ、全身に放尿。シャワーで流しながら、玖未にも放尿を晒させます。軽くタオルで拭いて、キッチンやダイニングでハメてやり、2回目の中出し。量が少なかったので、冷蔵庫にあったウインナーを取り出し、精液を付けながら玖未に食べさせました。私「今度は、娘と一緒に犯してやるからな。」母「あぁ…お願いします…」その言葉を聞き、家を後にしました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/17/2018 03:09 PM
バリバリ運動していた俺はある日怪我で入院することになった。6人部屋とかでまあむさ苦しいし、なにより色々溜まるものがある。ねれないので夜な夜なこっそりとトイレに行ってはヌいてた。その日も夜トイレにこっそり行くと男子トイレに入ろうとして声をかけられた。「ねぇ? ○くん?」その人は看護師のaさん。うちの部屋によく来るので話もしていた。aさんは夜間のたびに夜な夜なトイレに行く俺を心配したらしい。素直に…「オナニーしてるんです」というと笑って「ああ、それなら元気だね、良かった」と言われた。aさんは帰ろうとしたので「1発だけ手でしてくれませんか?」とお願いすると普通に断られたが、こちらが粘って悲しそうな顔をすると「いまやることあるから30分後に共用トイレにきて?」と言われた。30分後に行くと共用トイレには人が入っていてノックするとドアは開き、中にはaさんがいた。「さ、早くしましょ、寝なきゃ」と言われてすぐに手でしてくれた。「旦那よりもおっきくて太いよ笑」と言いながら手でしてくれてすぐに出してしまった。またもゴネてそのままあと2発手でヌいてもらった。最後の方は向こうも興奮していたらしく、「ほら出すなら私のあそこに出すつもりでね!」と言われて「aさんのマンコにでるううう」 なんて言いながら出した。退院までの5週間、夜勤のたびにしてくれた。sexは何度か頼んだが、多分ほんとうに気持ちよくされるからダメ、と言われた。便器に射精し続けた思い出である。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/18/2018 04:31 PM
数年前に辞めた職場に当時自分30歳、34の人妻のパートのちあきがいた小柄で童顔メガネでデカケツでなんかムラムラする人妻だった辞めて数ヶ月した頃なんとなくLINEをしてみると意外とすぐ返信が来て何気ない会話をするようになったそしていつのまにかパートも辞めて他のとこで働きだしたようだった「久々にちあきさんに会いたいな「なんで?」「ちあきさん可愛かったから」「そんなわけないじゃん、おばさんだし」「そんなことないよ、童顔でかわいいじゃん」「そんな目で見てたのー?笑」「あと、正直ケツもでかくて見てたよ」「やだー笑 そんなとこみてたのー?」なんだか満更でもなさそうでお互いの予定を確認したらちあきは夜の数時間くらいしか会えないかもといい場所は誰かに会うとまずいから人が通らないとこで車の中ということになった「そんなとこで車の中で会うとか俺に襲われてもしらないよ?」「そのときはその時で笑」と言っていた会う当日ちあきが場所と時間を指定してきて自分は早めに着きそうだったので指定場所近くのコンビニで飲み物買って車で待っていたら「家でてもうすぐ着くよ」とLINEが来た自分も向かってるといい数分後に「着いた」と来たミニバンらしいので「後ろの席にでもいてよ、もう着くよ」と伝えた車を走らせると竹林の中を真新しい道だけ出来ていてこれから分譲でもするんだろうという場所のすみっこの竹林側にそれらしきミニバンが停まっていたこんなとこあるんだなーと思いつつ「何回かハザードつけてみて」と伝えると2.3回ハザードが点いて消えたのでその車の後ろに停めてエンジンを消した「着いたよ」「うん後ろにいるよ」「行くよ?」「わかった」車を降りて前のミニバンに向かった

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 07:25 PM
これまでこの掲示板では見る専門だった私が、最近パートナーとなった女社長さん真美(仮名)と関係をもったおかげで、記録の意味も込めて初投稿します。2人の様子はプロフをみてもらえば、今後進展あればアップしていきますのであたたかく見守ってください。真美とはじめて出会ったのは1年以上前のことですが、仕事の関係で私の店に商品を納品している一企業の方で、はじめて挨拶したときは色気ある服装にぽっちゃりながらも可愛らしさもあり、いい感じの方だな、ぐらいで特に連絡することもなく、仕事上のやりとりも3ヶ月に1度連絡があるかどうか。そんな2人が1年後の今、W不倫でお互いを強く求め合う、仕事ひと筋だった彼女が性に溺れていく、そんなストーリーです。ただの仕事上の付き合いだった関係に変化が訪れたのは今から3ヶ月前のことでした。彼女は遠方の為、出張で来た際にあらかじめアポイントを取って会う、会っても1時間くらいの商談でさよならする。だいたいそんな感じでした。名刺交換からSNSで繋がっていたため、今度出張でまたアポイントを取りたいと連絡ありましたが、既に予定が入っていたため昼は会えないけど、夜軽く食事しながらでもよければ、とチラッと脳裏に下心も霞みながらお返事すると、即答でお願いします。と返事が。当日の夜の約束場所と時間を伝えて待ち合わせ。約束通りの時間に車でその場所に行くと、彼女は笑顔でそこにいました。〈続く〉前置きが長くなっているので次回から少し省略します。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 02:25 PM
旦那が仕事中、ちさとと生ハメばっかりしてました。呼び出せばいつでも車で駆けつけて車内エッチ。お互いゆっくり過ごせる時間がないので、車内で濃厚な粘膜の触れ合い。喜んで精液を飲んでくれたし、中にも少し出してました。パンツに精子が垂れてきた(^^;)と、嬉しそうに連絡して来るちさとは可愛かったです。「旦那と別れて一緒になりたい」と言ってたけど、家庭を壊す気は無かったのでお断りしました。容姿は誰もが羨むような美貌だけど、貞操観念が…。【旦那以外のDNAが体内に入ったまま家庭で過ごす他人妻】ってエロいですね。もし見てたらレスください。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 08:29 PM
21歳の僕と(多分)50代の奥様との、1度限りのアバンチュールについて話そうと思う。脚色はない。アバンチュールは突然やってきた。僕がアルバイトをする焼肉屋では、肉の販売だけもやっているのだが、正月やお盆は肉の販売が繁盛する。家族が多く集まるから店内で食べるより肉を購入して自宅で食べる方が安くつく。先日の8月10日も肉を買うに来るお客で賑わった。そのお客様の中に、数時間後に関係を持つ千恵子がいた。千恵子は盆と正月になると、いつも5万円分の肉を買いに来るうちのお店の上客だ。うちの肉は安くはないが、5万円分の量はかなり重たい。さらに保冷剤が入るから尚更だ。(50代だと思う)千恵子にとってはかなりの荷物。いつも千恵子のマンションまで荷物を運ぶのは、バイト仲間のミキちゃんの仕事だったが、たまたまミキちゃんの休みの日に千恵子が買いに来たのが8月10日。うちの店の大将は千恵子に「男のバイトに運ばせても大丈夫?」ときくと、「はいはい大丈夫。いつもすいません」と返事をした。大将は「しんすけ、もう店上がりやろ?千恵子さん所に肉をはこんでけ」と威勢の良い声。私「家知らないんですけど」千恵子「じゃあここで待ってますので、一緒に」大将「早く着替えてこい」私「ういっす!」焼肉屋のエプロンを外して私服に着替え肉を持って店の前に出た。千恵子は「すいません。あのマンションの5階なんです」バイト先から見える位置のマンションだった。二人で歩いて千恵子のマンションに向かう途中、ふと千恵子を見ると黒いワンピースに深めの帽子にサングラス。色白ですらっとしていていかにもセレブな感じ。顔はかたせ梨乃に似ていて。清楚なんだけどどエロい雰囲気はある。同世代にはないエロスを感じたが、まさか数十分後に関係を持つとはまだ知る由もなかった。マンションにつくまでに会話もしたが他愛もないことばかりなので割愛するが、一点引っかかるキーワードを何度か千恵子が使っていた。「今日はまだ家族が集まらないんですよ」今から考えれば、二人っきりだから大丈夫ってことだったんだけど、鈍い僕は「お盆前ですもんね」と返すだけだった。千恵子のマンションに着くとセキュリティがしっかりした玄関でエントランスも白が基調の立派な作りに驚いた。エレベーターにのると、さすがに二人きりを意識せざるを得ない。硬くなった下半身を悟られないように5万円分の牛肉で安いソーセージを隠した。5階に着くとエレベーターの前が千恵子の部屋だった。千恵子「ちょっと待ってね。鍵を開けますね。冷たいコーヒーでも飲んでって。ね。」この展開は部屋に上がるということか、セレブとの情事とはこういうことか、いや、万が一違えば大将に間違いなく報告される。ここは雰囲気だけ楽しんで後でオナニーのおかずにだけさせていただこう、そう僕は決めた。千恵子がドアを開けるとふわっとミントのいい香りが部屋から香った。千恵子「さあ、どうぞ。誰も今日は集まらないので」私「すいません。お邪魔します」リビングに通されるとスッキリと片付いていて、自宅より落ち着く空間がそこにあった。千恵子「まあ立ってないで座ってください」私「はい。じゃあ座ります」下半身は立ったまま本革のソファに腰を下ろした。しばらく千恵子はキッチンで肉を冷蔵庫に入れたり、コーヒーを入れたりして一人でボォーっと部屋を眺めた。千恵子「おまたせしました。暑かったでしょぉ」私「いえいえ、大丈夫ですよ」見ると千恵子はさっきよりセクシーな感じになっていた。というのも着替えはしていないのだが、ワンピースの上に羽織っていた透明っぽいショールって言うのかな、それを脱いだので肌の露出度が増えていた。私「色白いですよね~」と若干のジャブを打つ。千恵子「そんなことないよぉ。もう50過ぎだし、シミもいっぱい」私「見えないですよほんと」千恵子「そうだお名前聞いてなかった」私「上西しんすけです」千恵子「しんすけさんね」私「はい」千恵子「しんすけさんスポーツされてるの?私「高校のときにサッカーを」千恵子「それで太ももががっちりしてるんだ」千恵子「ちょっと触ってもいい?」私「いいですよ」千恵子「すごい硬いね~」私「けっこう硬いです」この展開はそこそこいってもいいんじゃない?リトルしんすけが囁いた瞬間だった。私「僕の触ったから、触らせてくださいよ~」冗談っぽく本気で言った。千恵子「おばちゃんの触りたい所なんてないでしょ?ふふ」私「いやいや、こんな綺麗なの触りたいとこだらけですよ」千恵子「例えば?」私「全部です全部」千恵子「腕なんてぷよぷよだし」私「触ってみたい」千恵子「ほら」そういうと私は千恵子の二の腕を触った。ただし結構火がついていたので、撫でるようにさらりと。すると千恵子は少しドキっとしたのか、「優しいね」と艶やかな声で答えた。私「これでおあいこですね」千恵子「そうだね~」というとシーンと一瞬間が空いた。そして目があったが二人ともそらさなかった。対面に座っていた千恵子に私は「そっちに座ってもいいですか?」と訪ねた。千恵子「また触っちゃうかもよ?」私「減るもんではないので」千恵子「ふふ」そんなやりとりをして私は千恵子の隣に座り、「変な感じですね」と純朴なフリをした。千恵子「そうですね、ふふ」私「すごく白くてきれい」千恵子「しんすけさんのカラダもすごく素敵ですよ」私「…」沈黙した後、「千恵子さん…」と言いながらキスをした。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/16/2018 12:11 AM
不倫している人妻の美香さん 同じ会社で、周りの目があるので気をつけています 「ねぇ?お盆はなどっかいくの?」と聞かれて「いかない」と話すと誘いか? しかし「あたしは親戚来るから忙しい」とか 目の前にそびえる豊乳を1ヶ月以上触っていない そして13日の夕方 「もしもし?」と電話が 「今日何か予定ある?」と 「何も」て話すと 「じゃあ…会わない?」と 「親戚とか居るんでしょ?」と話すと 「なんか温泉にいくって」 「美香さんは?」と聞くと 「留守してる」と不適に笑う 「7時にどう?」と聞かれてオッケー いつも待ち合わせてる県立病院の駐車場で 10分前に行くと既に美香さんのミニバンが 隣に止めると美香さんはバックを持って 短めのスカートにおっぱいくっきりニットのセーター 俺を興奮させる術を知っている。 10分でホテルに 「やっと逢えたね?」と美香さんからキスしてきて シャワーを浴びて交代で浴びて出れば、部屋を暗くしてベッドの枕元だけ照明が 人妻の手際と準備のよさは素晴らしい 「やっと逢えたね」と美香さんと抱き合ってキス 「会いたかった」と 「俺も」と美香さんとキスをしながらタオルを取ると下向きながらムチムチボディーにFカップの豊乳が デカ乳輪とデカ乳首に吸い付き柔らかさを堪能 「おっぱい好きだね?」と言いながらも「アンッ…」と声をあげる 豊乳に吸い付き柔らかさを触りながら堪能するとゆっくりとあそこを もうヌルヌルで滴る位に濡れてる 「凄いね?」と話すと「久しぶりだから…来てもいいよ?」と そして脚を開かせてコンドームを取ると 「生でいいよ?中に出さないなら」と 「いいの?」と聞くと「うん…」と頷く 「じゃあ」と久しぶりの美香さんに 「アンッ!凄い硬い」とヌルヌルした中は締まりは良くないが包み込むような優しい感じ 動かすと「アア!気持ちいい!アンッ!」とユッサユッサとおっぱいをだらしなく揺らし「アア!気持ちいい!」と枕を掴みながら 子煩悩で休みは息子のクラブの練習試合に連れていったりして居る美香さんの一皮剥けば女 突き上げながらFカップと表情を見て そして激しく突き上げるとギリギリでへそのしたから下腹部にばら蒔きました。 「凄い量」と笑う美香さん 「久しぶりだから大放出」と話すと笑っていた 「温泉に行くって親戚がいきなり言うから困ったけどかえって良かったかも」と笑っていた おっぱいを触りながら話してたらむくむくと 「凄い回復力だね?旦那なんか一回でダメだよ」と そして美香さんの手が伸びて人妻のテクニックで蘇ると「サービス」と美香さんしゃぶりついてたっぷり唾液をつけるとおっぱいで挟んで 「好きだよね~」と美香さんはパイずり そして美香さんは「バックでして?」と リクエスト通りに 「アア!気持ちイイ!凄くいい!」と 俺のはバックですると曲がりがいい部分に当たるらしい 「ソコ!ソコ!」と言われ突き上げると「イクッ!」と そして激しく突き上げると「アアン!ダメっ!イクッ!」と美香さん そして激しく突き上げるとギリギリで大きなヒップにばら蒔きました。 美香さんも満足してくれたみたいで帰りは笑顔で 「来月連休あるからそのあたりに」と話すと帰っていった。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/16/2018 08:28 PM
昔同じ職場で働いていたぱーとさん。ある時誘われ、二人でカラオケに行き、エッチな関係に。それ以降、マイしめじ(パート人妻さんからそう言われてます。。)の写真や動画を送って楽しんでます。いつもかわいいしめじと(笑)。めっちゃ興奮します。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/17/2018 10:47 PM
バイト先の人妻、美紀と毎晩パコしています。先日、美紀が他の男ともパコしてきた事が分かりました。旦那でもなく、俺でもない男と!本当にヤリマン女!罰として、「美紀の娘(夏実)とやらせろ!そうしないと旦那にバラすぞ!」というと、あっさり夏実を差し出してきました。美紀が夏実の手足を押さえて、処女マンコに生挿入!痛がり嫌がる夏実。「ママ、痛い!何で!嫌だキモい。」と泣き叫ぶ夏実にガン突き。そんな娘の姿を見て、チンコを羨ましそうに見てる美紀。ホントにスケベ女です。そして、最後は「夏実が大人になったか、調べてやるな!」と言うと、夏実は体をくねらせて猛抵抗!「ほら、ママの前で妊娠するところ見せてやろうな!」言って、夏実のマンコにドピュドピュドピュ~!夏実のマンコから垂れてくるザーメンを美紀に見せると、「私とどっちが気持ちよかった?」だって。そりゃー夏実に決まってるだろ!ガバガバのくせしてよく言うわ(笑)最近は、美紀はフェラ、お掃除フェラ専用、夏実は中出し専用で使ってます!夏実のマンコから垂れ出すザーメンを舐める美紀もエロいですけどね~。今夜もやります。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/15/2018 04:53 AM
先週末、娘の部活の試合があり、盆休み前でしたが、休みを取って行きました。同じく、仲の良い同級生のママさんが、旦那が半休しか取れず、行きだけ送って欲しいということで、迎えに行って会場まで一緒に行くことになりました。美人ではないものの、愛嬌がよく、若干ぽっちゃりの巨乳なんで、抱き心地良さそうと以前から気になっていたのですが、近づいてきたママさんは、この日は夏場の胸元の露出高めな衣装で、更に目のやり場が…それでも平静を装いましたが、乗るや否や、「もうー!主人ったら、日を勘違いして、明日休み取ったって!」結局、無意味な有休で、それも朝にわかったらしく、少しなだめすかせるように、私は、「じゃあ、帰りも送っていきますよ。」と言うと、ハッと思ったか、「いえ…そんな、うちのせいで、ご迷惑おかけしちゃうし…」とはいいながら、私は一緒に帰りたい一心で話すと、「じゃぁ、すいません…お言葉に甘えて。」ということで、試合観戦して、勝った喜びを噛みしめつつ、帰りもママさん乗せました。恐縮して緊張している感じでしたが、私は「デート気分で、私はうれしいですよ。」と言って、拒否覚悟で手を触ると、拒否することも無く、私は、「ちょっと、お時間あります?」と聞くと、黙って頷くので、そのまま、途中のラブホに。ママさんは、そこでも拒否することなく付いてきます。部屋に入り、肩を抱いて「いいですか?」と聞くと、黙ってこちらを向き、目をつぶったので、引き寄せてキス。すると、ママさんから舌を絡め、更に持っていたカバンを床に落とし、抱きついてきました。しばらくして、ママさんは口を離し、「もっと早く誘って欲しかったのに…」そういうと、しゃがんで私のズボンをずらし、ぺニスを咥えてきました。「おいしい…久しぶりよ…」そう言いながら、片手で自分のおっぱいを揉み、徐々に捲り上げて直に触っていたので、私は更にアシストして、上半身だけ脱がすと、巨乳が露に。私はベッドの脇に座ると、ママさんは私のぺニスをパイずり。その様子を見ながら、絶妙な動きで、谷間に射精してしまいました。普段なら、一発出して満足しちゃうのですが、ママさんがあまりに色気出てて、そのままベッドに引き上げ、パンツをずらした状態で挿入。「あぁん、気持ちいいー…もっと突いてー!」そう言いながら、アソコがどんどん濡れていくのが分かります。締まりも良くて、すぐ逝きそうになりましたが、緩急変えたり、体位を変えたりしながら、そろそろと思い、「どこに出したらいい?」と聞くと、「中でいいよ…出してー」と言うので、奥に出すと、ママさんも同時に逝きました。抜いて、ママさんはお掃除フェラ。シャワーしましょうか?と言うと、このまま帰りたいとのことで、私だけ嫁にバレないようシャワーしてホテルを出ました。帰って、夜中にママさんからメールが着て、『まだ中から出てくる。それで(オナニー)しちゃった。また、よろしくね。』と、お誘いがありましたので、これからが楽しみです。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/20/2018 06:16 PM
初めて投稿します。と言うかこんな経験、頻繁にあるはずもないので最初で最後の投稿でしょうが。休日に出勤が続いていたこともあり平日に休みを貰った。嫁も都合の効く仕事なので俺にあわせて休みをとってくれた。とってくれたと言うより基本的に嫁は俺を一人にさせたくないようだ。年に何度かふらっと休みを取ると決まって嫁も同じ日に休みを取るのが当たり前になっている。俺はぶっちゃけ嫁に休んでもらいたいと思ってなく、一人にしてくれて全く構わないし嫁がいない方が気兼ねなく終日オナニーできるし一人にして欲しいと思っている。それで何故俺に合わせて休みを取るのか気になり聞いた事がある。子供の同級生のママ友たちから「旦那さん格好いいね」とよく言われるらしく自分の旦那が案外モテることに気付き私を一人にすると心配との事だった。私は別段一般的に言われるようなイケメンでは無いのだが、小汚ない年の取り方はしないように気をつけているくらいのつもり。ママ友たちの格好いいねの意味合いはわからないがどうも嫁は俺を信用していないみたいで遊んでいるのではないか疑っているようだ。そんなこんなで夫婦で平日に休みをとった訳だが、嫁と二人でする事もなく、スマホ弄ったりテレビ見たり暇を潰していた。俺はタバコを吸うのだが、家の中では吸わないようにしていて、タバコを吸う時は決まって外に出る。たまに健康に気を使ってタバコ吸いながら近所を散歩して運動した気になっている。この日も時々庭でタバコ吸っていたのだが夕方子供が学校から戻ってくるかなって時間にタバコ散歩に出掛けた。つづく

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/14/2018 09:00 AM
当時付き合ってた人妻は、かなりの好き者というか貪欲にセックスを貪ってきた。自分もそれ以上に貪欲にセックスしまくってたので、お互いに体の相性は良かった。逢瀬のたびに、デートスポット近くのラブホで、時間いっぱいまでやりまくる。ホテルを出てもやりまくりたくて、何気なく街中でも、尻を触ったりとかしてた。そんなある日、とあるターミナル駅構内で工事中だったのだが、その日は日曜日で現場には誰も作業してない状況。でも、工事現場と駅の構内を仕切ってるのは防音シートだけで、たまたまそこから工事現場に足を踏み入れる事が出来た。ホテルで4回5回ヤッたのにまだ元気だったしどうせなら野外というか青姦的な事もやってみたいな…と、彼女をその工事現場に連れ込んで、そのまま立ちバックで犯す…彼女も、ホテルで何度も中出しされて、まだ中に残ってたザーメンを駅構内で掻き回されるシチュエーションには興奮してきて、積極的に足を広げては腰振ってくる。都合、2発ほど工事現場でやりまくる。途中防音シートの向こう側を人が歩いてるのが雰囲気的に判るが、喘ぎ声を出させないように、さっきまでやりまくって溢れ出てた中出しザーメンが少し沁み込んでるショーツを脱がせて、彼女の口に咥えさせてたので何事も無くバレずにヤリまくった。今は引っ越して、その駅を利用する事は無いけど、あの時中出しして溢れこぼれた中出しザーメンが床に沁み込んでると思うと、ずっとモニュメント的に残るんだなぁ…と、たまに思い出します。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/17/2018 12:38 PM
近くのスーパーの駐車場がパンクした場所でした。 駐車場に入るとベンツが隅の方に停まってました後部のパンクでした。車まで近寄ると嫁さんが運転席から降りてきました。 体の関係があってから、聞いたんですが嫁さんの名前は朋美と聞きましたのでここからは朋美で書きます。 朋美は降りてくるなり「多分 エアーを抜かれたんです。」と看板を指差して看板には「買い物客以外の、長時間駐車は固くお断りします」 エアーのを抜きますとも書いてありました。 場所的に水銀灯の近くで、スペアタイヤの交換はしやすい場所でした。タイヤのこう交換に取り掛かると朋美はお店に「お詫びと抗議をしたんですが、」 お店側は長時間停められるのは困るけど、エアー抜く作業はしていませんと、云われた事を、作業中の私に話しました。 ボルトをねじ込んでいると覗き込むように近付き 綺麗に手入れした 爪の先で私の腕の浮き出た血管に爪先を当てる仕草をしてきました。 交換作業を終わらせて、スーパーのお手洗いで、ブレーキパッドの油あかを洗い落とし出てくると、ベンツはトイレの出口近くに停まってました。 朋美が「取敢えず、乗ってください」と言ったので 助手席に乗り込みました。 お礼はどうすればいいですかみたいなことを問いましたので、冗談ぽく 「私は体を使ったから、 身体でぇ?」 朋美は「じゃぁ 身体 お金で」 「いいの?」 会話しながら車はコンビニの駐車場に入り、朋美は「買い物で財布の残金が少なくなってたから、下ろしてきます」 おりていきました。 車に帰ると「郊外のラブホとかでも好いの? 私は行ったことないから」と言いながら車を動かしてました。 運転しながら、約20年前の旦那との馴初めをはなしました。 当時、バニーガールをしてて、旦那がそこに月一回程度で客として来てたことも話しました。 そして 年は取ったけどスタイルには自信があると話してました。 客観的に腰幅が広くて、足首が細いのはわかってました。 隣町との境付近まで走ると数件ラブホがありました。朋美は若い時旦那と行った時以来でまして自ら運転して入ったことはないと、云いながらハンドルをきりました。 戸建てではなかったけど、駐車スペースは個別に区切ってあって、隠せるところでした。幌カーテンを引いて、建物に入ると、無人のフロントがあり、空き室部分が写真と利用価格記されていて、朋美が度胸よく選び音声案内に従いました。 最上階の広い部屋でした 部屋に入り バスルームに向かい、自動お湯張りをセットして帰ると、朋美はベットに腰掛けてました。隣に 腰掛け肩に触れようとしたら、避けるようにベットに上半身倒れこみました。 横に腰掛けてる私に 胸を擦るように自分の両手で抑えて「バストが小さいの」と微笑んで見せました。 「下半身はバニー体系だけど、胸にはパット入れてたんです」など話 ベットから外れてる、肢を持ち上げて「自信があるのはこちら」と自慢の足を強調してました。伸ばした肢が広めの腰の付根のデルタを造ってる形は綺麗でした。 私はベットを降りて、細い足首を掴みました 抵抗ないいく見上げて微笑んでました肢を下の方から、摩り上げるようにマッサージしました。朋美は快感に耐えるような、表情で耐えてました。 ワンピースのスカート部分は腰までたくし上げ太股もあらわになりました。足首の細さに比較して太ももの肉付きはボリュウムがあって、デルタ部分が小さく見えました。内腿に手を這わせていると、デルタを覆ってるシルクが滲んできました。 それを楽しむように足の付け根の、マッサージを繰り返していたら 朋美は濡らせたくなかったのか 自ら剥ぎ取りました。 「シャワー浴びてないから 口はつけないで」言ったので 私はビンビンになってるものを全裸になりだしました。天を向いてるものを見て 朋美は微笑んでました。 自慢げに朋美の前に立つと 朋美は膝を折るように持ち上げ、太股の付け根が湿ってる事が見える格好になりました。それを確かめて 近寄り 膝を折りその部分に先端を押し付けました。 すんなりと入り締まりはよかったけど、朋美に「シャワーをしてから ちゃんと愛して」と言われたけど 曲げた肢を抱えて動きだしました 奥の壁にあたると 朋美は ぁ~ ぁ~と小声を押し殺してましたが 強く動き出すと 逝きそう 逝く 逝くと言って お願い 中に出して 一緒 一緒にぃ~と言ったので 注ぎ込みました。 朋美は広めの腰を痙攣させてました。 抱えてた肢を離して離れると 小さめの縦割れからにじみ出ていました。 シャワー浴びたら大丈夫と言いながら バスルールに消えていきました。 脱衣場に入ると ワンピースは床に投げてありました 籠に投げ込んで バスルームに入ると 歯ブラシを咥えて 膣をシャワーで洗い流してました歯磨きを済ませてシャワーで口を漱ぐとシャワーを私の身体に向けてスポンジで私の体を洗い流してくれました 下半身の半立ち状態のものを数回しごくと 首に腕を巻き付けてきて「キスもしてない男性なのに お腹の中に受け止めたの 不思議」と言ってキスを求めてきました。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!




08/14/2018 09:17 AM
年上人妻をゲトしました。多分見た目は年相応ですが、スタイル抜群、性格最高です。あまり会えないのが残念ですが、飲んでから行くホテルでは隠語連発、撮影OKなどエロエロです。こないだは、旦那の帰宅が早まったからご飯だけ、の予定が結局ホテルに行き、おもちゃや肉棒で何度も逝って、終電で帰宅w。まだしばらく先だと思いますが、複数遊びができそうになったら、みなさんご協力よろしくお願いします。

人妻とのエッチ体験は簡単にできます!











こちらの告白は知り合いの人妻よりのRSSを取得表示しています
過去の告白・投稿などは上記リンクよりお進みください


Copyright C 2008 エロの宝庫!アダルトス ALLRIGHT RESERVED .